ドコモ回線の格安SIMおすすめ10選を徹底比較!

ドコモ回線の格安SIMは数多く存在するため、

「どのブランドを選んでいいのか分からない」
「ahamoやirumoってドコモなの?格安SIMなの?」
「かけ放題オプションがあるブランドはどれ?」

など、疑問や悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

当サイトおすすめのドコモ回線格安SIMは、以下の10ブランドです。

ブランド名 特徴
ahamo
(アハモ)
記事内の解説へ移動
  • ドコモのオンライン専売プラン
  • 5分かけ放題が基本料金に含まれているので実質無料
irumo
(イルモ)
記事内の解説へ移動
  • ドコモの低容量・格安プラン
  • 全国のドコモショップから申し込み可能
NUROモバイル
記事内の解説へ移動
  • ソニーグループが提供する格安SIM
  • データ通信オプションでデータ消費量を節約できる
HISモバイル
記事内の解説へ移動
  • 旅行会社のHISが提供する格安SIM
  • ドコモ回線格安SIMの中でもトップクラスの安さ
IIJmio
(アイアイジェイミオ)
記事内の解説へ移動
  • 3年連続総合満足度第1位を受賞※1
  • 購入できる端末の種類が豊富
BGLOBEモバイル
記事内の解説へ移動
  • インターネットプロバイダの老舗が提供する格安SIM
  • 対象サービス利用時にデータを消費しない「エンタメフリー・オプション」がある
mineo
(マイネオ)
記事内の解説へ移動
  • 関西電力グループのオプテージが提供する格安SIM
  • データ無制限で利用できるプランやオプションがある※2
QTモバイル
記事内の解説へ移動
  • 九州電力グループ「QTnet」が提供するブランド
  • 九州電力とBBIQ(光回線)とのセット割がある
b-molile
記事内の解説へ移動
  • 格安SIMの老舗で世界初のMVNO
  • 1GB 1,089円からスタートし、2GB以降は1GBごとに220円が加算されていく形式※2
イオンモバイル
記事内の解説へ移動
  • 全国200店舗以上のイオンで申し込み可能
  • 特にシニアプランのサポートが手厚い

※価格はすべて税込
※1 「2023年携帯電話サービス顧客満足度調査」MVNO部門
※2 20GBが上限

10ブランドの中でも特におすすめなのが、ドコモの格安プランである「ahamo」と「irumo」です。

ドコモが提供しているだけあって、両プランともほかのドコモ回線格安SIMよりも通信速度が速いというメリットがあります。

「ahamo」は20GBプランひとつのみと分かりやすい料金体系で、5分かけ放題が実質無料で利用できます。

また、完全かけ放題オプションもほかのブランドよりもリーズナブルです。

ただし、オンライン専売プランのため、申し込みや購入後のサポートはオンラインでの手続きがメインとなります。

ドコモショップでの有料サポートはありますが、あくまでも自力でオンライン手続きをするためのサポートです。

その点、irumoなら全国のドコモショップで各種手続きができます。

また、ほとんどネットを利用しない、ほぼ通話専用という場合は、ahamoよりもirumoの0.5GB+かけ放題オプションのほうがお得です。

なお、「OCNモバイルONE」はすでに新規申し込みが終了しており、公式サイトでは、irumoへの申し込み・乗り換えを推奨しています。

月額料金の安さのみを求めるなら、「HISモバイル」や「IIJmio」も検討する価値があります。

10ブランドの解説の詳細は、記事本文をご覧ください。

当記事が、ドコモ回線格安SIM選びの参考になれば幸いです。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /


\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

※当サイトの別の記事へ移動します
ソフトバンク回線格安SIMについてはこちら
au回線格安SIMについてはこちら
iPadにおすすめの格安SIMについてはこちら
楽天モバイルにて三木谷キャンペーン実施中!
目次

ドコモ回線格安SIMの特徴を解説

ドコモ回線を利用する格安SIMは、手頃な料金プランやサービスで注目を集めています。

当記事をお読みの方も、格安SIMへの乗り換えを検討されているのではないでしょうか。

ここでは、ドコモ回線格安SIMの特徴を詳しくご紹介します。

ドコモ回線の格安SIMは、ドコモの信頼性の高いネットワークを背景に、通信品質を維持しつつ、コスト削減を実現しています。

また、ドコモからの乗り換えかつドコモで購入した端末をお使いなら、SIMロック解除が不要なこともメリットです。

しかし、一方でいくつかのデメリットも存在します。

詳細は次項より解説します。

ドコモよりも料金プランがお得

ドコモ回線の格安SIMは、ドコモの標準プラン「eximo(エクシモ)」に比べてコストパフォーマンスに優れています。

ドコモは多様なサービスと高品質な通信網の提供に重点を置いていますが、そのぶん料金も高めです。

対照的に、格安SIMは基本的な通話とデータ通信に特化し、余計なサービスを削減することで低料金化に成功しています。

たとえば、ドコモの「eximo(エクシモ)」は月額4,565円(税込)~7,317円(税込)ですが、格安SIMでは数百円から千円台半ばでサービスが提供されています。

また、格安SIMはプランの柔軟性が高く、ユーザーは自分のライフスタイルに合わせて適切なプランを選ぶことが可能です。

データ通信量が少ない人向けの低価格プランや、通話重視のユーザー向けオプションなど、多様な選択肢が用意されています。

ユーザーは自分のライフスタイルに合わせて適切なプランを選べるため、無駄な出費を抑えられます。

これらの点から、ドコモの格安SIMは、月々のスマホ代を見直したい方や最小限のサービスで十分な方におすすめです。

ドコモで購入した端末ならSIMロック解除不要

2021年8月26日以前にドコモから発売された端末にはSIMロックがかかっている場合があります。

そのため、乗り換え先でも同じ端末を継続利用する場合は、SIMロック解除手続きが必要です。

しかし、ドコモ回線の格安SIMへ乗り換える場合はSIMロック解除は不要のため、手続きの手間や解除にかかる費用を節約できます。

ただし、以下の場合はSIMロック解除が必要になります。

【SIMロック解除が必要な場合】

  • ドコモ以外で購入した端末
  • 他キャリアの回線プラン(例:NUROモバイルのSプラン(ソフトバンク回線))を選択する場合
  • ドコモ以外のキャリアを利用している場合

移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」(2021年8月改正)により、2021年10月1日以降に発売された端末にはSIMロックが施されていません。

ドコモと同じ通信エリアが利用できる


画像引用元:ドコモ公式サイト

ドコモの格安SIMを選ぶ際の大きな利点は、ドコモの広範な通信エリアをそのまま活用できることにあります。

ドコモの通信網が及ぶエリアなら、たとえ格安SIMでも安定した通信が行えます。

ただし、選ぶ格安SIMブランドによっては5Gのサポートがないこともあります。

5Gを利用したい場合は、各ブランドのサービス状況をあらかじめ確認することが大切です。

以下は、当記事でご紹介しているドコモ回線格安SIM10選の5Gサービス提供状況の一覧表です。

ブランド名 4G通信 5G通信
ahamo
(アハモ)
記事内の解説へ移動
irumo
(イルモ)
記事内の解説へ移動
NUROモバイル
記事内の解説へ移動
HISモバイル
記事内の解説へ移動
IIJmio
(アイアイジェイミオ)
記事内の解説へ移動
BIGLOBEモバイル
記事内の解説へ移動
mineo
(マイネオ)
記事内の解説へ移動
QTモバイル
記事内の解説へ移動
×
b-mobile
記事内の解説へ移動
×
イオンモバイル
記事内の解説へ移動
ドコモの3Gサービス「FOMA®」および「iモード®」は2026年3月31日(火)で提供が終了します。

それにともない、3G専用料金プランや4G/5Gサービスに対応していない機種は、2026年4月1日(水)以降利用できなくなります。

ドコモ回線の格安SIMのデメリット

ドコモ回線の格安SIMには、以下の5つのデメリットも存在します。

スマホ割が適用されなくなる

スマホと光回線をセットで契約している場合、格安SIMへの乗り換えの際にスマホ割が解除されます。

スマホ割は、光回線とスマホをセットにすることで割引が受けられるサービスの通称です。

ドコモ/ドコモ光では「ドコモ光セット割」という名前で提供されています。

「ドコモ光セット割」は、最大1,100円(税込)割引で、家族のスマホも対象となります。

家族のスマホにも割引を適用している場合は、家族のスマホ代の割引額にも影響が出るため、特に注意が必要です。

乗り換え前より通信速度が遅くなる場合がある

MVNOが提供している格安SIMは、多くのユーザーが同時に通信を行う時間帯に回線が混雑して、通信速度が落ちることがあります。

これは数多くのMVNOが、大手キャリアから借りた同じ回線を使っているためです。
※出典:IIJmio meeting 24発表資料

上記のような理由から、データ使用量の多い高画質動画のストリーミングや、リアルタイム性が求められるオンラインゲームをプレイする際に問題となることがあります。

そのため、高速で安定した通信が必要な方は、ahamoやirumoといった、ドコモの格安プランがおすすめです。

データ容量が少なく場合によっては割高

ドコモの格安SIMプランは、データ消費が少なめのユーザーに向けて、手頃な価格で提供されています。

一方で、動画をよく見たり、オンラインゲームを頻繁にプレイしたりすると、想定よりも速くデータ上限に達してしまうでしょう。

大容量のデータプランを提供する格安SIMもありますが、大手キャリアの無制限プランと比べると費用が割高な場合があります。

たとえば、ドコモの「eximo」は、

  • 家族3人加入
  • ドコモ光(ドコモhome 5G)加入
  • dカード払い

という条件下では、月額4,928円(税込)で利用できます。

一方「b-mobile」は20GBで5,269円(税込)となり、日常的に大容量データを扱う方にはおすすめできません。

そのため、格安SIMの低容量プランを選ぶ時には、自分の月間データ使用量をしっかりと把握することが重要です。

データ使用量が多い場合は、格安SIMに変更するのが最善かどうかよく考える必要があります。

取扱店舗が少なく店頭サポートが利用しづらい

ドコモの格安SIMを選ぶときは、店舗の数や店頭でのサポートの有無が大切な判断基準になります。

多くの格安SIMは、大手キャリアに比べて店舗数が限られているのが一般的です。

さらに、ahamoのように完全にオンラインでのみ販売されているブランドもあります。

特にスマホ初心者や高齢者のように、直接手助けが必要なユーザーにとっては、この点が大きなデメリットとなる場合があります。

契約を検討する際には、サポート体制を各サービスごとにチェックすることが重要です。

サポートがオンラインのみ提供されているのか、あるいは店舗での直接対応が可能かどうかをあらかじめ調べておきましょう。

店頭でのサポートを重視するなら、全国のドコモショップで扱っている「irumo」がおすすめです。

キャリアメールが利用できない

ドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)は、ドコモの格安SIMでは基本的に使用できません。

既存のメールアドレスを引き続き使用するには、現在利用中のキャリアで提供している、有料のメール持ち運びサービスに加入する必要があります。
※irumoの場合は有料オプションへの加入

キャリアメールを引き継がない場合は、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールサービスを利用することになります。

フリーメールは無料で提供されており、インターネットが利用できればどの端末からでもアクセスが可能です。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /


\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

※当サイトの別の記事へ移動します
ソフトバンク回線格安SIMについてはこちら
au回線格安SIMについてはこちら
iPadにおすすめの格安SIMについてはこちら

ドコモ回線の格安SIMおすすめ10選を紹介

ここからは、ドコモ回線の格安SIMおすすめ10選のサービス概要を詳しくご紹介します。

各サービスの特徴やそれぞれの長所と短所を把握することで、ライフスタイルに合ったブランドを選びやすくなります。

次項より解説する情報を元に、ご自身にとってコストパフォーマンスが高いブランドを見つけてください。

ahamo(アハモ)

ahamo

(画像引用元:ahamoより)

料金プラン
  • ahamo 20GB:2,970円
  • ahamo大盛り 100GB:4,950円
国内通話料金
22円/30秒
オプション
  • 大盛りオプション80GB:1,980円
  • かけ放題オプション:1,100円
  • ケータイ補償サービス:550円~1,100円
  • あんしんセキュリティ:220円
割引サービス
なし
店舗情報
オンラインのみ
通信回線
ドコモ
通信速度
平均ダウンロード速度:117.5Mbps
平均アップロード速度:13.78Mbps
通信制限速度
最大1Mbps
支払い方法
クレジットカード・口座振替
eSIM対応
対応あり

※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度

ahamoは以下のような方におすすめです。

  • 通話もネットも両方お得に使いたい方
  • 海外でもスマホを利用したい方
  • オンラインでの手続きに慣れている方

「ahamo(アハモ)」はNTTドコモの料金プランのひとつです。

サブブランドやMVNOではありませんが、その性質から当サイトでは広義の格安SIMとしてご紹介しています。

デジタルネイティブ世代をターゲットに、オンライン専売プランとして2021年3月より提供が開始されました。

データ容量20GBで月額2,970円(税込)のワンプランのみというシンプルな料金設定が特徴で、各種手数料や細かい割引条件などは可能な限り省かれています。

ahamoはドコモの高品質な通信網を利用しているため、信頼性の高い通信品質が期待できます。

なお、ドコモの「eximo」と比較しても通信エリアに大きな違いはありませんが、3GのFOMA通信はahamoではサポートされていません。

また、ahamoは月額基本料金に5分かけ放題オプションの料金が含まれているため、短い通話を頻繁に行う方にもおすすめです。

加えて、20GBまでなら追加料金不要で、海外91の国・地域でデータ通信が利用できます。そのため、よく海外へ渡航される方にも適しています。

ただし、店頭でのサポートが有料であるため、オンラインでの手続きに不慣れな方にとっては難易度が高いブランドと言えるでしょう。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /

ahamoの申し込みに関する記事へ移動

irumo(イルモ)

irumo

(画像引用元:irumo公式サイトより)

料金プラン
  • 0.5GB:550円
  • 3.0GB:2,167円(割引適用後:880円)
  • 6.0GB:2,827円(割引適用後:1,540円)
  • 9.0GB:3,377円(割引適用後:2,090円)
国内通話料金
22円/30秒
オプション
  • 5分通話無料オプション:880円
  • かけ放題オプション:1,980円
  • ドコモメールオプション:330円
割引サービス
  • ドコモ光セット割/home 5G セット割
  • dカードお支払い割
店舗情報
ドコモショップが全国に2,000店舗以上
通信回線
ドコモ
通信速度
平均ダウンロード速度:67.98Mbps
平均アップロード速度:11.04Mbps
通信制限速度
  • 0.5GB:最大128kbps
  • 3.0GB~9.0GB:最大300kbps
支払い方法
クレジットカード・口座振替
eSIM対応
対応あり

※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度


irumoは以下のような方におすすめです。

  • 日常的にWi-Fiを利用できる方
  • 電話利用がメインの方
  • 安くドコモのメインブランドを利用したい方

「irumo(イルモ)」は、NTTドコモが2023年7月より提供を開始した低料金プランです。

irumoは0.5GBから9.0GBまでの4つのプランを展開しており、データ通信をあまり使わない、通話がメインのユーザー向けの料金体系です。

通話メインの方は、5分かけ放題が基本料金に含まれているahamoのほうが、irumoよりも魅力的に感じるのではないでしょうか。

ですが、データ通信をほとんど行わない場合は、irumoの0.5GB+かけ放題プランのほうがお得になります。

項目 irumo
(イルモ)
ahamo
(アハモ)
記事内の解説へ移動
月額料金 0.5GB:550円 20GB:2,970円
5分かけ放題 880円 無料
(月額料金込み)
合計 1,430円 2,970円

※価格はすべて税込です

ahamoの月額2,970円(税込)に対しirumoは1,430円(税込)です。1,500円以上もお得という結果になりました。

月額1,980円(税込)の「かけ放題オプション」に加入した場合でも合計2,530円です。

さらにirumoは全国のドコモショップで申し込みや機種変更ができるため、オンライン手続きが苦手な方や対面でサポートしてもらいたい方におすすめします。

\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

irumo×ドコモ光の記事へ移動する

NUROモバイル

NUROモバイル (画像引用元:NUROモバイルより)

料金プラン
【高品質SIMプラン(NEOプラン)】
  • NEOプラン 20GB:2,699円
  • NEOプランW 40GB:3,980円
【格安SIMプラン(バリュープラス)】
  • VSプラン 3GB:627円~
  • VMプラン 5GB:825円~
  • VLプラン 10GB:1,320円~
  • VLLプラン 15GB:1,625円~
【格安SIM(かけ放題ジャスト)】
  • 5分かけ放題プラン(1GB):930円
  • 10分かけ放題プラン(1GB):1,320円
  • かけ放題プラン(1GB):1,8700円
国内通話料金
22円/30秒
オプション
  • 通話定額オプション(5分・10分・かけ放題):490円~1,430円
  • バリューデータフリー:無料
  • 5Gオプション:無料
割引サービス
  • NURO光・NUROモバイルセット割
  • So-net光&NUROモバイル セット割
店舗情報
オンラインのみ 「エントリーパッケージ」は全国のヤマダ電機で購入可能
通信回線
ドコモ、au、ソフトバンク
通信速度
平均ダウンロード速度: 46.23Mbps
平均アップロード速度: 13.57Mbps
通信制限速度
  • NEOプラン:最大1Mbps
  • バリュープラス:最大200kbps
  • かけ放題プラン:最大200kbps
支払い方法
クレジットカード
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度

NUROモバイルは以下のような方におすすめです。

  • ライフスタイルに合わせてプランを選びたい方
  • データ消費量を節約したい方
  • 解約金に縛られたくない方

ソニーグループが提供している「NUROモバイル」は、ドコモ回線のほか、ソフトバンク、au回線が利用できる格安SIMです。

「NUROモバイル」の特徴のひとつに、豊富なデータプランがあります。

ドコモ回線の場合は、

の合計9つがあり、高品質プランの「NEOプランW」は、データ容量40GBで月額3,980円(税込)とリーズナブルな料金設定です。

さらに、余ったデータ容量の繰り越しのほか、データ通信オプション・サービスでデータ消費量の節約も可能です。

高品質プランの場合は、

  • アップロード時にデータ通信量を消費しない「あげ放題
  • 対象SNS利用時にデータ通信量を消費しない「NEOデータフリー
  • 契約プランに応じて、3ヶ月毎にデータ容量が追加される「Gigaプラス

が無料で提供されているため、よりお得にデータ通信が利用できます。

加えて、2021年4月以降の契約には最低利用期間が設けられておらず、解約金もかかりません。

これらの特徴を踏まえると、「NUROモバイル」はデータ使用量の多い方やSNSを頻繁に利用する方、長期契約に縛られたくない方におすすめです。

\最大15,000円キャッシュバック!/

HISモバイル

HISモバイル (画像引用元:HISモバイルより)

料金プラン
【月額制】
  • 自由自在290プラン 1GB~50GB:550円~5,999円
  • データ定額440プラン 1GB~50GB:440円~4,980円
  • ビタッ!プラン(従量課金制) 100MB~30GB:198円~5,775円
【国内用プリペイド】
  • 音声通話付きプリペイドSIM 3GB:14,800円/30日
  • データ通信専用プリペイドSIM 30GB~:2,500円~
【海外用プリペイド】
  • 音声通話付きプリペイドSIM 8GB:2,800円/30日(アメリカ)など
  • データ通信専用プリペイドSIM 5GB:1,380円/8日(アジア)など
国内通話料金
9円/30秒
オプション
  • データ追加(最大100GB):200円/1GB
  • 5分かけ放題オプション:500円
  • 完全かけ放題オプション:1,480円
割引サービス
なし
店舗情報
HISモバイルステーションが全国に29店
通信回線
ドコモ、ソフトバンク
通信速度
平均ダウンロード速度:21.21Mbps
平均アップロード速度:7.37Mbps
通信制限速度
  • ドコモ:最大200kbps
  • ソフトバンク:最大200kbps
支払い方法
クレジットカード
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度
HISモバイルは、以下のような方におすすめです。

  • とにかく安く利用したい方
  • 旅行好きな方

HISモバイルは旅行会社のHISが運営する格安SIMサービスです。

基本プランの利用回線はドコモのみで、従量課金制のデータ通信プランのみソフトバンク回線も選択できます。

HISモバイルの特徴は、なんと言っても月額基本料金の安さでしょう。

1GB 550円(税込)で、データ消費量が100MB未満の月は290円(税込)と、ドコモ回線格安SIMの中でもトップクラスの安さです。

データ容量 月額基本料金
1GB 550円※1
3GB 770円
7GB 990円
20GB 2,190円
50GB 5,990円

※価格はすべて税込です
※1 100MB未満の月は290円(税込)

5分かけ放題・完全かけ放題オプションを組み合わせても、ドコモのahamoやirumoよりもお得に通話が利用できます。

また、基本通話料も専用アプリなしで9円/30秒と破格です。

ただし、店舗は全国に30件ほどしかなく大都市に集中しているため、地方にお住まいで対面でのサポートを希望する方には不向きだと言えます。

したがって、HISモバイルは店舗サポートよりも安さを重視する方におすすめです。

国内・海外ツアー最大3,000円の割引優待があるため、旅行好きの方も乗り換え候補として検討する価値があります。

\トップクラスの安さ 1GB 550円(税込)!/

IIJmio(アイアイジェイミオ)

IIJmio (画像引用元:IIJmioより)

料金プラン
  • 2GB:850円
  • 5GB:990円
  • 10GB:1,500円
  • 15GB:1,800円
  • 20GB:2,000円
国内通話料金
11円/30秒
オプション
  • データ容量シェア機能:無料
  • 通話定額5分+:500円
  • 通話定額10分+:700円
  • かけ放題+:1,400円
  • ギガプラン専用追加データ量:220円/1GB
割引サービス
ファミリー通話割引
店舗情報
全国の家電量販店で取り扱い
通信回線
au、ドコモ
通信速度
平均ダウンロード速度:47.18Mbps
平均アップロード速度:11.16Mbps
通信制限速度
非公開
支払い方法
クレジットカード
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度


「IIJmio(アイアイジェイミオ)」は以下のような方におすすめです。

  • 信頼性が高いMVNOを利用したい方
  • 端末とセットで申し込みたい方

「IIJmio」はインターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する格安SIMです。

人気のドコモ回線MVNOで「2023年携帯電話サービス顧客満足度調査」のMVNO部門において、3年連続で総合満足度第1位を受賞という高い実績を誇ります。

月額基本料金も2GB 850円(税込)から、とリーズナブルなのも魅力のひとつです。

また、端末の種類も豊富で、大手キャリアでは扱っていない「Nothing Phone」も購入できます。

ただし、「IIJmio」は全国のビックカメラ店舗で申し込み可能ですが、SIMカードの発行・MNP転入のみの受付で、端末の購入ができないためご注意ください。

そのため、ほかの多くの格安SIM同様、オンライン手続きが苦手な方や店頭で購入後のサポートを受けたい方には不向きです。

\3年連続で総合満足度第1位受賞!/

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル (画像引用元:BIGLOBEモバイルより)

料金プラン
【音声通話SIM(電話+データ通信)】
  • プランS(1ギガ):1,078円
  • プランR(3ギガ):1,320円
  • プランM(6ギガ):1,870円
【データプラン(データ通信のみ)】
  • 3ギガプラン:990円
  • 6ギガプラン:1,595円
  • 12ギガプラン:2,970円
  • 20ギガプラン:4,950円
  • 30ギガプラン:7,425円
国内通話料金
22円/30秒
オプション
  • BIGLOBEでんわ:インストール無料
  • BIGLOBEでんわ 3分かけ放題:660円
  • BIGLOBEでんわ 10分かけ放題:913円
  • BIGLOBEでんわ 通話パック60:660円
  • BIGLOBEでんわ 通話パック90:913円
割引サービス
家族割
店舗情報
824店舗
通信回線
au/ドコモ
通信速度
平均ダウンロード速度:25.66Mbps
平均アップロード速度:10.07Mbps
通信制限速度
最大200kbps
支払い方法
クレジットカード/口座振替
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度


「BGLOBEモバイル」は以下のような方におすすめです。

  • 動画・音楽配信サービスのヘビーユーザー
  • 家族割があるMVNOをお探しの方

「BIGLOBEモバイル」は、インターネットプロバイダ大手のビッグローブ株式会社が運営しています。

月額基本料金は格安SIMの中では決して安くない価格設定ですが、それを補って余りあるのが、月額308円(税込)の「エンタメフリー・オプション」です。

YouTubeなどの対象21サービスの通信量が定額料金でノーカウントになるオプションサービスで、さらに対象サービスは速度制限の対象になりません。

ジャンル 対象サービス
動画配信
(動画視聴のみ)
  • YouTube
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
(音楽再生/ラジオ聴取のみ)
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • 楽天ミュージック
  • TOWER RECORDS MUSIC
電子書籍配信
(閲覧・ダウンロードのみ)
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo
その他のアプリ
  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

出典:BIGLOBE公式サイト

たとえば、プランS(1ギガ)に「エンタメフリー・オプション」をつけた場合、1,386円(税込)で上記のサービスが使い放題となります。

データ通信の大半が動画・音楽ストリーミングサービスだという方には、コストパフォーマンスに優れたブランドです。

また、家族で「BIGLOBEモバイル」を契約すると、2回線目以降、最大4回線まで毎月200円割引になるため、ご家族で利用できるドコモ回線MVNOをお探しの方にもおすすめです。

\エンタメフリー・オプションでお得!/

mineo(マイネオ)

mineo (画像引用元:mineoより)

料金プラン
【マイピタ】
  • 音声通話+データ通信(デュアルタイプ)
    • 1GB:1,298円
    • 5GB:1,518円
    • 10GB:1,958円
    • 20GB:2,178円
  • データ通信のみ(シングルタイプ)
    • 1GB:880円
    • 5GB:1,265円
    • 10GB:1,705円
    • 20GB:1,925円
【マイそく】
  • スタンダード:990円
  • プレミアム:2,200円
  • ライト:660円
  • スーパーライト:250円
国内通話料金
税込22円/30秒
オプション
  • パケットくりこし:無料
  • パケットチャージ:55円/100MB
  • パケット放題 Plus:385円
  • 10分かけ放題:550円
  • 時間無制限かけ放題:1,210円
  • mineoでんわ:無料
割引サービス
  • 複数回線割引
  • 家族割引
店舗情報
mineoの実店舗が全国に183店
通信回線
au、ドコモ、ソフトバンク
通信速度
平均ダウンロード速度:42.97Mbps
平均アップロード速度:9.94Mbps
通信制限速度
  • パケット放題 Plus:最大1.5Mbps
  • マイそくスタンダード:最大1.5Mbps
  • マイそくプレミアム:最大3Mbps
  • マイそくライト:最大300kbps
  • マイそくスーパーライト:最大32kbps
支払い方法
クレジットカード ※eo光ネットを利用中で口座振替を選択している場合は、同様の支払い方法を継続可能
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度

「mimeo」は以下のような方におすすめです。

  • Wi-Fi環境でスマホを利用するのがメインの方
  • 通信速度よりも料金の安さやデータ無制限を重視する方
  • ライフスタイルに合わせてプランをカスタマイズしたい方

「mineo」は、関西電力グループのオプテージが運営する格安SIMサービスです。

ドコモ回線のほか、ソフトバンク、auの回線を利用してサービスを提供しています。

「mineo」の独自の特色としては、通信の速度や利用時間帯に一定の制限がある代わりに、無制限にデータを使用できるプランやオプションがあります。

  • データ容量ではなく通信速度で月額基本料が変わる「マイそく」プラン
  • mineoスイッチONで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題「パケット放題 Plus
  • 毎日22時半~7時半までの間、速度制限なしでデータ無制限「夜間フリー

上記のオプションを、自分のライフスタイルに合わせて組み合わせることで、料金プランを自由にカスタマイズすることも可能です。

しかし、速度制限のないデータ無制限プランを求めるユーザーや、1GBあたりの料金の安さを重視するユーザーには、「mineo」を選ぶメリットは少ないでしょう。

ドコモ回線格安SIMではありませんが、完全な速度制限なしでの無制限データ利用を望む方には、「楽天モバイル」も検討の余地があります。

\eo光とセットでお得!/

eo光の評判記事はこちら

QTモバイル

QTモバイル (画像引用元:QTモバイルより)

料金プラン
【データ+通話コース】
  • 2GB:1,100円
  • 4GB:1,540円
  • 6GB:1,760円
  • 10GB:1,980円
  • 20GB:2,200円
  • 30GB:3,300円
【データコース】
  • 2GB:770円
  • 4GB:990円
  • 6GB:1,430円
  • 10GB:1,650円
  • 20GB:1,870円
  • 30GB:2,970円
国内通話料金
11円/30秒
オプション
  • かけ放題(無制限/10分):1,600円/880円
  • スマート留守電:319円
  • 安心フィルタリング:385円
割引サービス
  • 電気(九電):110円割引
  • BBIQ:最大220円割引
店舗情報
九州各県にあり
通信回線
ドコモ、au、ソフトバンク
通信速度
平均ダウンロード速度:65.2Mbps
平均アップロード速度:11.01Mbps
通信制限速度
  • ドコモ回線:最大 300kbps
  • au回線:最大200kbps
  • ソフトバンク回線:最大200kbps
支払い方法
クレジットカード
eSIM対応
対応あり
※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度

QTモバイルは以下のような方におすすめです。

  • 九州電力提供エリア内にお住まいの方
  • 通信速度が速いドコモ回線MVNOを選びたい方

「QTモバイル」は九州電力グループのQTnetが提供する格安SIMサービスです。

そのため、九州電力と光回線のBBIQとのセット割が用意されています。

セット割適用時の月額基本料金は以下のとおりです。

【QTモバイル 月額基本料金】

電気とBBIQ BBIQのみ 電気のみ 通常料金
2GB
880円 990円 990円 1,100円
4GB
1,210円 1,320円 1,430円 1,540円
6GB
1,430円 1,540円 1,650円 1,760円
10GB
1,650円 1,760円 1,870円 1,980円
20GB
1,870円 1,980円 2,090円 2,200円
30GB
2,970円 3,080円 3,190円 3,300円

出典:QTモバイル公式サイト
※価格はすべて税込です

九州電力とBBIQをセットで契約すると、月額基本料金が永年最大330円(税込)割引になります。

また、「QTモバイル」では全プランに端末保証サービスが無料で付いており、サポート体制も万全です。

九州各県にはQTモバイルの店舗があり、アフターサービスも充実しています。

これらの点を踏まえると、QTモバイルは九州電力とBBIQの利用者にとって魅力的な格安SIMと言えるでしょう。

しかし、九電とBBIQのセット割引を利用しない場合、ほかの格安SIMと比較して月額基本料金は高めです。

九州電力のサービスエリア外にお住いの方にとってはやや割高な選択肢となりますが、通信速度が速いというメリットもあります。

\電気(九電)・BBIQとセットでお得/

b-mobile

b-mobile (画像引用元:b-mobileより)

料金プラン
【月額課金商品】
  • b-mobile S 990ジャストフィットSIM 1GB~20GB:1,089円~5,269円
  • b-mobile S 190 Pad SIM(データ通信専用) 15GB:209円~3,608円
【プリペイド商品(ドコモ回線)】
  • 10GB プリペイドSIM:3,850円/月~
  • b-mobile Biz 30GB プリペイド:47,300円/12ヶ月
  • VISITOR SIM(国内旅行者用):
    • 5GB:1,980円
    • 7GB:2,970円
国内通話料金
11円/30秒(通話アプリ使用時)
オプション
  • 5分かけ放題オプション:500円
割引サービス
なし
店舗情報
全国のイオン、コジマ×ビックカメラなど365店で取り扱い
通信回線
ドコモ、ソフトバンク
通信速度
平均ダウンロード速度:32.0Mbps
平均アップロード速度:16.49Mbps
通信制限速度
  • ドコモ:あり(速度非公開)
  • ソフトバンク:あり(速度非公開)
支払い方法
クレジットカード
eSIM対応
VISITOR SIMのみ対応
※①上記金額は全て税込金額です。
②2024/04/23時点の情報です。
③回線速度参考サイト:みんなの回線速度


「b-mobile」は以下のような方におすすめです。

  • 月によってデータ使用量が大きく異なる方
  • データを使った分だけ料金を支払いたい方

「b-mobile」は、MVNOの先駆けとして知られ、月々のデータ使用量が不規則な方に適した格安SIMです。

この格安SIMの特徴として、月々のデータ使用量に応じて基本料金が変動することが挙げられます。

最低1GBで1,089円(税込)から始まり、2GB以上利用する場合は、1GB追加ごとに220円(税込)が発生します。

5GB以上の場合は、1GBごとにデータ使用の上限を設定でき、無駄なデータ使用を防止することも可能です。

他社ブランドの定額制プランでは、データをほとんど使わない月でも一定額の料金がかかりますが、「b-mobile」では実際に使用したデータ量に基づいて料金が計算されるため、無駄な支払いが発生しません。

データ使用量ごとの月額料金は、以下のとおりです。

データ使用量 月額基本料金
1GB 1,089円
5GB 1,969円
10GB 3,069円
15GB 4,169円
20GB(上限) 5,269円

出典:b-mobile公式サイト
※価格はすべて税込です

ただし、容量が増えるほど割高になるため、「b-mobile」は日常的にデータ消費量が多い方にはおすすめできません。

「普段はほぼ電話しか使わないが、たまに大きくデータ容量を消費する」という方には選択肢のひとつとなるでしょう。

\世界初のMVNO/

イオンモバイル

イオンモバイル

(画像引用元:イオンモバイルより)

料金プラン
  • 音声プラン 1GB~50GB:803円~5,258円
  • シェアプラン 1GB~50GB:1,408円~5,808円
  • データプラン 1GB~50GB:528円~5,038円
  • やさしいプラン(60歳以上限定)※1
    • やさしい音声プランS. 3GB:858円~
    • やさしいシェア音声プランS. 1.5GB/1人:1,408円~
    • やさしいデータプランS. 3GB:638円~
国内通話料金
11円/30秒
オプション
  • データくりこし:無料
  • データ容量追加:528円/1GB
  • やさしい1GBクーポン(60歳以上限定):528円/1GB
  • イオンでんわ:無料
  • イオンでんわフル/10分/5分かけ放題:550円~1,650円
  • やさしい10分かけ放題(60歳以上限定):935円
  • イオンスマホ安心パック:660円~770円
割引サービス
なし
店舗情報
全国イオン200店舗以上で取り扱い
通信回線
ドコモ、au
通信速度
平均ダウンロード速度:36.86Mbps
平均アップロード速度:8.56Mbps
通信制限速度
  • ドコモ:最大200kbps
  • au:最大200kbps
支払い方法
イオンマークの付いたクレジットカード、VISA、JCB、マスターカード
eSIM対応
対応なし

※①上記金額は全て税込金額です。 ②2024/04/23時点の情報です。 ③回線速度参考サイト:みんなの回線速度 ※1 下り最大通信速度が500kbpsに制限されます。


「イオンモバイル」は以下のような方におすすめです。

  • 店頭サポートがあるMVNOをお探しの方
  • 端末の初期設定が苦手な方
  • スマホ初心者のシニアの方

「イオンモバイル」はイオングループが提供する格安SIMで、柔軟性の高いプランが特徴です。

「音声プラン」「シェアプラン」「データプラン」の3つがあり、さらにそれぞれ

  • 0.5GBと1GB~10GBまで1GB刻みの「さいてきプラン」
  • 20GB~50GBまで10GB刻みの「さいてきプランMORIMORI」
  • 60歳以上のユーザー限定「やさしいプラン」

出典:イオンモバイル公式サイト

の3つが用意されています。

また、「イオンモバイル」は、全国200店舗以上のイオンで申し込みや端末購入が可能なことも優れた長所です。

店頭でスマホとセットで申し込めば、すぐにスマホが使える状態で渡してくれます。

そのため、スマホの初期設定ができる自信がない方でも安心です。

シニア向けの「やさしいプラン」は特に店頭サポートが手厚く、本州・四国の店舗限定の有償サポートですが、データ移行やアプリの設定なども引き受けてくれます。

以上の理由から、「イオンモバイル」は、店頭サポートを受けたい方や、スマホ初心者のシニアの方におすすめです。

\手厚いサポートでシニアにおすすめ!/

OCNモバイルONEは新規申し込み終了

ocnモバイルone
画像引用元:OCNモバイルONE公式サイト

「OCNモバイルONE」は、NTTドコモの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営していた格安SIMサービスです。

低容量プランは500MB(0.5GB)で月額550円(税込)、1GBで770円(税込)と、他社と比較しても低価格な料金プランを提供していました。

2024年4月現在は新規申し込みを終了しています。

既存ユーザー向けにサービスの提供を続けていますが、OCNモバイルONE公式は「irumo」への乗り換えを推奨しています。

「OCNモバイルONE」には、以下のようなデメリットが存在します。

  • 大容量プランがない
  • eSIMに対応していない

しかし、今後それらが改善される可能性はすくないと言えるでしょう。

「OCNモバイルONE」からほかのSIMに乗り換えるなら、ドコモ提供の「irumo」や「ahamo」の以外にも、以下のブランドが候補となりえます。

クリックすると記事内の解説へ移動します

どれも「OCNモバイルONE」に近い価格帯のブランドです。

「irumo」は各種割引が適用されないと、OCNモバイルONEよりも割高です。

したがって、ドコモ光ユーザー以外の方で料金の安さをお求めの方は、これらのブランドへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /


\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

※当サイトの別の記事へ移動します
ソフトバンク回線格安SIMについてはこちら
au回線格安SIMについてはこちら
iPadにおすすめの格安SIMについてはこちら

ドコモ回線格安SIMの選び方

数多くあるドコモ回線格安SIMの中から自分に合ったブランドを選択するためには、いくつか押さえておくべきポイントが存在します。

ここからは、ドコモ回線格安SIMを選ぶための4つのポイントと、格安SIMへの乗り換え手順について解説します。

料金プランや利用可能なデータ量、通信速度、さらに申し込みキャンペーンの有無などを踏まえて格安SIMを選びましょう。

また、あらかじめ乗り換え手続きの方法を知っておくことで、スムーズに契約することができます。

それでは、これらの要点について詳細に説明していきます。

料金プラン・データ容量を比較する

上記の画像はおすすめ10社の料金一覧表です。

データ容量は、0.5GB~10GBと20GBを比較対象としています。NUROモバイルなどは15GBプランもありますが割愛いたしました。

一覧表で料金プラン・データ容量を比較すると、ドコモの「ahamo」「irumo」は他社のVMNOよりも高額なことが明らかです。

しかし「irumo」は、「ドコモ光セット割」「dカードお支払割」の適用で、最大1,287円の割引が受けられます。

【irumo 割引適用後の月額基本料金】

  • 3.0GB:2,167円-1,287円=880円
  • 6.0GB:2,827円-1,287円=1,540円
  • 9.0GB:3,377円-1,287円=2,090円

※価格はすべて税込です

その場合は上記のとおり、格安SIMの中でも安価なブランドと同程度の料金になります。

ドコモ光ユーザー以外の方で、低容量プランのドコモ回線格安SIMをお探しの方は、

クリックすると記事内の解説へ移動します

がおすすめです。

かけ放題オプションを比較する

データ通信よりも通話を利用する方にとっては、通話料金がお得になる「かけ放題オプション」も、スマホ選びの重要なポイントになるでしょう。

クリックで記事内の各解説へ移動します
ブランド名 かけ放題オプション
ahamo
  • 5分以内国内通話無料:無料(月額基本料込み)
  • かけ放題オプション:1,100円
irumo
  • 5分通話無料オプション:880円
  • かけ放題オプション:1,980円
NUROモバイル
  • 5分かけ放題オプション:490円
  • 10分かけ放題オプション:880円
  • かけ放題オプション:1,430円
HISモバイル
  • 5分かけ放題:500円
  • 完全かけ放題:1,480円
IIJmio
  • 通話定額5分+:500円
  • 通話定額10分+:700円
  • かけ放題+:1,400円
BIGLOBEモバイル
  • 3分かけ放題:660円
  • 10分かけ放題:913円
mineo
  • 10分かけ放題:550円
  • 時間無制限かけ放題:1,210円
QTモバイル
  • 10分かけ放題:880円
  • 無制限かけ放題:1,600円
b-mobile
  • 通話5分かけ放題:550円
  • 通話3分定額:550円
イオンモバイル
  • イオンでんわ5分かけ放題:550円
  • イオンでんわ10分かけ放題:935円
  • イオンでんわフルかけ放題:1,650円

かけ放題オプションで選ぶなら「ahamo」がおすすめです。

5分かけ放題が基本料金に含まれており、「かけ放題オプション」も月額1,100円(税込)とドコモ回線格安SIMの中でも格安です。

ただし、「ahamo」は20GBプランひとつのみですので、データ消費量が少ない方にとっては、コストパフォーマンスが良いとは言えません。

低容量プランをお求めの方は、以下のブランドが候補になります。

これらのブランドは、月額基本料金・かけ放題オプションともにリーズナブルです。

通話がメインの方で、月々のスマホ代を抑えたいとお考えの方におすすめします。

通信速度を比較する

クリックすると記事内の各解説へ移動します
ブランド名 平均下り速度
平均上り速度
5G対応
三大キャリア
ドコモ 153.87Mbps
16.44Mbps
ソフトバンク 86.26Mbps
17.36Mbps
au 75.09Mbps
13.54Mbps
ドコモ格安プラン
ahamo 117.5Mbps
13.78Mbps
irumo 67.98Mbps
11.04Mbps
ドコモ回線格安SIM(VMNO)
NUROモバイル 42.11Mbps
10.95Mbps
HISモバイル 21.21Mbps
7.37Mbps
IIJmio 47.18Mbps
11.16Mbps
BIGLOBEモバイル 25.66Mbps
10.07Mbps
mineo 42.97Mbps
9.94Mbps
QTモバイル 65.2Mbps
11.01Mbps
×
b-mobile 32.0Mbps
16.49Mbps
×
イオンモバイル 36.86Mbps
8.56Mbps

※平均実測値参照元:みんなネット回線速度(2024/04/23時点の情報)

上記10ブランドの中で通信速度が速いのは、

  • ドコモの格安プランである「ahamo」「irumo」
  • 九州エリアを中心に展開している「QTモバイル」

の3つです。

インターネットを快適に使ううえで、どれだけ速く情報をやり取りできるかは非常に大切なポイントです。

特に、高品質動画を見たり、たくさんの写真が掲載されたSNSを頻繁にチェックする方にとって、通信速度はもっとも重要だと言えるでしょう。

たとえば、YouTubeなどの動画サービスでは、スムーズに動画を楽しむために一定の速度が必要とされています。

動画の解像度 推奨速度(下り)
SD 360p 0.7Mbps
SD 480p 1.1Mbps
HD 720p 2.5Mbps
HD 1080p 5Mbps
4K UHD 20Mbps

出典:YouTubeヘルプ

最高画質の4Kでも20Mbpsあれば視聴できます。

しかし、通信速度は常に安定しているわけではなく、時間帯や環境によって変化します。

したがって、平均実測値よりも速度が遅くなる場合を考慮して、可能な限り通信速度が速いブランドを選択することをおすすめします。

動画の画質にこだわりたい方や、大容量データのダウンロードを頻繁に行う方は、ドコモ回線VMNOの中でも遅い部類である「BIGLOBEモバイル」と「HISモバイル」は、避けたほうがよいでしょう。

キャンペーンを比較する

料金や速度のほか、キャンペーンの内容も格安SIMを選ぶ大きなポイントのひとつです。

キャンペーンには以下のようなものが挙げられます。

  • 新規契約者向けキャンペーン
  • 乗り換えキャンペーン
  • 端末購入キャンペーン
  • 友人紹介プログラム
  • 限定期間のキャンペーン

ドコモ回線の格安SIMおすすめ10選で実施しているキャンペーンは以下のとおりです。

ブランド名 キャンペーン
ahamo
記事内の解説へ移動

など

irumo
記事内の解説へ移動

など

NUROモバイル
記事内の解説へ移動

など

HISモバイル
記事内の解説へ移動

など

IIJmio
記事内の解説へ移動

など

BIGLOBEモバイル
記事内の解説へ移動

など

mineo
記事内の解説へ移動
QTモバイル
記事内の解説へ移動

など

b-mobile
記事内の解説へ移動
なし
イオンモバイル
記事内の解説へ移動

各ブランドでさまざまなキャンペーンが実施されています。

キャンペーンで選ぶなら、現金キャッシュバックが受け取れる「NUROモバイル」がおすすめです。

ドコモ回線の格安SIMへの乗り換え手順

スムーズに手続きするためには、事前に乗り換え手順を把握しておくことが大切です。

この項目では、「irumo」への乗り換えを一例に、以下の4STEPでドコモ回線の格安SIMへの乗り換え手順をご紹介します。

「ahamo」の申し込み方法については個別記事があるので、そちらをご参照ください。

特に重要なのは、MNP予約番号や本人確認書類など、申し込みに必要なものの準備です。

ここで手間取ると手続きに時間がかかってしまうため、必要なものを抜かりなく用意しましょう。

使用する機種を用意する


画像引用元:ドコモオンラインショップ公式サイト

現在使用中の機種を継続する場合

使用中の機種がSIMロック解除済みであることを確認します。

SIMロックがかかっている場合は、現在のキャリアに解除を依頼します。

また、機種が格安SIMに対応しているかも確認する必要があります。

ドコモの料金プランから「irumo」「ahamo」に乗り換える場合は、プラン変更手続きのみで済むためSIMロック解除は不要です。

「乗り換え先で申し込み手続きを行う」へお進みください。

ドコモからドコモ回線VMNOに乗り換えの場合も、ドコモで購入した端末ならSIMロック解除の必要はありません。

ただし、他社で購入した端末をドコモで利用している、またはドコモで購入した端末を他社で利用している方は、SIMロック解除が必要な場合があります。

【主要キャリア SIMロック解除手続き先】

乗り換え時に新しく購入する場合

irumoは端末とセット申し込みができないため、乗り換え時に新機種にしたい場合は、事前にドコモオンラインショップで購入しましょう。

端末を販売しているブランドでは、端末購入ページから契約、または申し込みページから端末とセット申し込みが可能です。

SIMフリー端末は、キャリア公式店で端末のみを購入するほか、家電量販店やAmazonからも購入できます。

MNP予約番号を取得する


画像引用元:irumo公式サイト

現在の電話番号を引き継ぎたい場合は、現在のキャリアからMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の有効期限は、予約日を含めた15日間です。取得したら、速やかに乗り換え手続きを進めましょう。

申し込みに必要なものを用意する


画像引用元:irumo公式サイト

乗り換え申し込み手続きには、以下のものが必要です。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  2. 支払い用のクレジットカードまたは銀行口座情報
  3. キャリアメール以外のメールアドレス
  4. dアカウント・オンライン発行dポイントカード番号

なお、「irumo」や「ahamo」は、ドコモからの乗り換えの場合、①と②は不要です。

また、ほかのドコモ回線格安SIMへの乗り換えの場合は、①②のみであることがほとんどです。

1. 本人確認書類

「irumo」で利用できる本人確認書類には、以下のものが挙げられます。

  • 運転免許証(国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

ブランドによって必要な本人確認書類が異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

2. 支払い用のクレジットカードまたは銀行口座情報

「irumo」はクレジットカードのほか、口座振替にも対応しています。

ドコモ回線の格安SIMおすすめ10選各ブランドの支払い方法は、以下のとおりです。

クリックで記事内の解説へ移動します

ブランド名 支払い方法
irumo
  • クレジットカード
  • 口座振替
ahamo
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • PayPay残高支払い
NUROモバイル
  • クレジットカード
HISモバイル
  • クレジットカード
IIJmio
  • クレジットカード
BIGLOBEモバイル
  • クレジットカード
  • 口座振替
mineo
  • クレジットカード※1
QTモバイル
  • クレジットカード
b-mobile
  • クレジットカード
イオンモバイル
  • クレジットカード

※1 eo光を利用中で口座振替を選択している場合は、同様の支払い方法を継続可能

3. キャリアメール以外のメールアドレス

irumoは以下の登録メールアドレスに、キャリアメールを利用することができません。

  • お申し込み時のメールアドレス登録
  • お持ちのdアカウントに登録しているメールアドレス

キャリアメールしかお持ちでない方は、事前に「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールアドレを取得しておきましょう。

4. dアカウント・オンライン発行dポイントカード番号

「irumo」「ahamo」の申し込みには、「dアカウント」のほか「オンライン発行dポイントカード番号」の発行が必要です。

作成手順は以下のリンクをご参照ください。

乗り換え先で申し込み手続きを行う

「irumo」は公式サイトと全国のドコモショップから申し込むことが可能です。

ドコモショップでの手続きの場合は、来店予約することをおすすめします。

なお、ドコモオンラインショップからの申し込みはできないため注意が必要です。

irumo公式サイトから申し込む場合は、「お申込み」ボタンから必要情報を入力し、手続きを進めます。

  • ドコモ・ahamoからのプラン変更:「料金プラン変更のみ
  • 他社からの乗り換え・新規契約:「SIMのみを購入」または「eSIMのみを購入

を選択してください。

その後、必要書類の提出やプランの選択、支払い方法の設定などを行います。

他社からの乗り換え・新規契約の場合、申し込みが完了すると、新しいSIMカードが郵送されます。

受け取ったSIMカードをスマートフォンに挿入し、必要に応じてネットワーク設定を行います。

新しいSIMカードの利用開始と同時に、旧キャリアのサービス解約手続きを行います。

ドコモ・ahamoからのプラン変更や、MNPを利用している場合は解約手続きは不要です。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /


\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

※当サイトの別の記事へ移動します
ソフトバンク回線格安SIMについてはこちら
au回線格安SIMについてはこちら
iPadにおすすめの格安SIMについてはこちら

ドコモ回線の格安SIMに関するよくある質問

この項目では、以下2つの質問に対する回答をご紹介します。

自分に合ったブランドを選択をするための参考にしてください。

それではひとつずつ見ていきましょう。

格安SIMのahamoにしてよかったことは何ですか?

SNSでは以下のような口コミが見られました。

ぽこピーのおかげでahamoの事知れたし料金が圧倒的にお得なので22年間お世話になったキャリアから重い腰を上げて乗り換えをしました✌️✨
約3000円で20Gあるの普通に良すぎだす今までなんだったんだって感じだったのでぽこピーに圧倒的感謝してる🍃🥜

引用元:X(旧Twitter)

ワイモバイルからahamoへ。
料金はそんなに変わらないけど、海外出張が多い私にはahamoが一番合ってた🤍
Wi-Fiを探すストレスから解放😊

引用元:X(旧Twitter)

ahamo今のところすごく快適に使えている!ありがて〜
引用元:X(旧Twitter)

ahamoはドコモと同じですか?

「ahamo」や「irumo」はドコモが提供する料金プランです。

しかし、同じドコモのeximoと比較すると独自性が強い格安プランとなっており、実質サブブランドと考えてよいでしょう。

まとめ

この記事では、ドコモ回線格安SIM10選をご紹介しました。

ドコモ回線格安SIMの特徴として、以下の3つが挙げられます。

ドコモ回線格安SIMには、「HISモバイル」や「IIJmio」など幅広い選択肢があります。

また、「ahamo」や「irumo」はドコモの料金プランですが、その性質上、当記事では広義の格安SIMとしてご紹介しています。

当サイトでおすすめしているのは、ドコモの低料金プランである「ahamo」「irumo」です。

ahamo」はシンプルなワンプランで、5分かけ放題が月額基本料金に含まれているのが魅力です。

通話がメインでデータ通信はほどんど行わない方には、「irumo」がおすすめです。

月額550円(税込)の0.5GBプランなら、かけ放題オプションをつけてもアハモの月額基本料金よりもお得になります。

また、全国のドコモショップでのサポートが受けられるため、いざというときの安心感があります。

当記事が、最適な格安SIM選びの手助けになれば幸いです。

\ プランはシンプル20GB 2,970円! /


\ドコモショップで手続きできる格安プラン!/

※当サイトの別の記事へ移動します
ソフトバンク回線格安SIMについてはこちら
au回線格安SIMについてはこちら
iPadにおすすめの格安SIMについてはこちら


この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次