ホームルーター(置くだけWiFi)おすすめ3社!ランキングで徹底比較

ホームルーター(置くだけWiFi)は以下の点からとても人気があります。

【ホームルーター(置くだけWiFi)のメリット】
・工事不要で設置が簡単
・無制限利用可能で光回線並みの速度
・ポケット型WiFiより通信が安定して、接続可能台数も多い
・WiMAXなら外出先でも利用可能

ホームルーターに関する口コミ・アンケート調査

アンケート結果画像 ホームルーターを選んだ理由

乗り換えネットにて独自に「ホームルーター」に関する口コミ・アンケート調査を実施したところ、以下の結果が得られました。

  • ホームルーターサービスの利用が一番多かったのはソフトバンクの33.3%
  • 利用経験のある端末で一番多かったのはドコモhome5Gの「HR01」端末で20%
  • ホームルーターは2人で使っている人が最も多く41%
  • ホームルーターを選択した理由で一番多かったのは「工事不要で設置が簡単」で49%
  • ホームルーターの通信面で満足している方は64%。
  • ・ホームルーターの料金面で満足している方は50%。一番多かったのはどちらでもないで34%だった。
  • 今後の乗り換えに関しては、当分ホームルーターから乗り換える気はないという方が48%と最も多かった。
調査実施期間:2024年2月11日〜2024年3月27日|調査実施人数:111名(男性51名、女性60名)29都道府県、20代から60代の男女が回答

調査の結果、ホームルーターを選んだ理由で最も多かったのが「工事不要で設置が簡単」で49%でした。

続いてスマホ割などが使えるが16%で料金面でのメリットから選ぶかたもいることがわかります。

コンセントに挿すだけでWi-Fi環境が手に入り、モバイルルーターよりも通信の性能が良い(無制限利用や速度接続台数など)という理由(合計26.4%)から、手軽に性能のよいWiFi環境を作るのにホームルーターが選ばれていますね!

アンケート結果画像通信面での満足度

ホームルーターの通信面で満足と答えた方は、64%でした。

どちらでもない方をのぞくと、通信面で不満あある方はおよそ20%になります。

インターネットの利用用途によっては、ホームルーターのデメリットから満足できないかたもいることがわかります。

ご自宅でどのような用途でインターネットを使うかによって、光回線との比較はしっかりと行う必要があるといえます。
アンケート結果画像乗り換えたいか

今後の乗り換え予定としては「当分乗り換える気はない」が、最も多い48.6%、次が「光回線に乗り換えたい」で37%でした。

通信面で特に問題がない人は、ホームルーターを使い続け利便性を享受しますが、そうでない人は、やはり通信品質から光回線を希望するといった傾向がわかります。

ここから、インターネットの利用用途によってWiF環境をしっかり使い分けることで満足度が高くなるといえそうです。

ただし、上記調査でもでてきましたが、以下のようなデメリットもあります。

【ホームルーター(置くだけWiFi)のデメリット】
・光回線よりは通信が不安定
・アップロード速度が遅い
・月額料金が高いものもある

ホームルーターの一般的なメリットデメリットは理解したけれども、「たくさんありすぎてどれを選べばいいのかわからない」と悩んでいる人もいるかもしれません。

当サイトで人気の5社を徹底比較した結果、ホームルーターのおすすめは以下の3社です!

先ほど実施したアンケート調査でも3社とも人気が拮抗していることがわかりますね。

アンケート結果画像利用経験のあるホームルーター

▼おすすめホームルーターの比較表▼

ホームルーター 実質月額料金※1
平均速度
下り※2
1位 「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」

WiMAX

(GMOとくとくBB)
2,562円※3
178.09Mbps
2位 「HR02」

ドコモ home 5G

(ITX アイ・ティー・エックス)
5,684円
178.51Mbps
3位 「Airターミナル5」

モバレコエアー

(グッドラック)
3,972円
104.94Mbps
注釈
※クリックすると開きます

※全て税込金額
※1 実質月額料金=(初期費用+端末代+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額)÷24ヶ月で計算。端末代は全て初月で一括支払いとして計算し、スマホ割は計算に含めず
※2 平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照
※3 L13(新端末)の料金プラン・乗り換えの場合(キャッシュバック63,000円)で算出

それではここからその理由について徹底解説していきましょう。

この記事を読んで、あなたにとってぴったりのホームルーターを選んでくださいね。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /


おすすめ窓口 キャンペーン概要

WiMAX(GMOとくとくBB)
  • 他社から乗り換えで最大65,000円キャッシュバック
  • 新規でも23,000円キャッシュバック
  • 指定オプション同時加入で2,000円キャッシュバック増額
  • 端末代27,720円が36ヶ月の利用で実質0円
  • au・UQモバイルのスマホが永年毎月最大1,100円割引

ドコモ home 5G(ITX)
  • オプションなしで最短翌々月末に現金15,000円キャッシュバック
  • 端末代実質無料(毎月1,980円×36ヶ月割引)
  • NTTdocomoのスマホが永年最大1,100円割引
 

ドコモhome5Gキャンペーン情報はこちら


モバレコエアー
  • 翌月17,000円キャッシュバック
  • 月額料金が1ヶ月目1,320円、2〜12ヶ月目3,080円、13〜36ヶ月目4,180円(総計36ヶ月間ずっと月額料金割引
  • 端末代実質無料(毎月1,980円×36ヶ月割引)
  • Softbank・Y !mobileのスマホが永年毎月最大1,100円割引

5G-CONNECT
  • 新生活応援キャンペーン!端末&解約&送料|0円
  • 縛りなしオプションなら30日の無料体験も可能
  • 3ヶ月分まとめてのお支払いなら月額料金4ヶ月分0円(2年プラン)
  • おまとめ支払いキャンペーンで業界最安級!→最大23,635円割引

au ホームルーター 5G
  • 5Gルーター割で12カ月間 550円/月割引
  • 36カ月間利用の場合、毎月割で端末代が実質0円
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11またはSpeed Wi-Fi HOME 5G L13を購入&エントリーでau Pay残高へ最大20,000円還元(チャージ)!※1

Rakuten Turbo(楽天ターボ)
  • はじめの6ヶ月間は月額料金が0円
  • 楽天モバイル(Rakuten最強プラン)とセットで20,000ポイントプレゼント
※1 最大20,000円相当をau PAY残高へチャージ。購入月を1ヵ月目とし、2ヵ月目の月末までに専用サイトからのエントリーが必要です。

【各社ホームルーター(置くだけWiFi)の評判】

目次

ホームルーター(置くだけWiFi)おすすめランキング3選!

インターネットを利用するには、ポケット型Wi-Fi・ホームルーター・光回線のいずれかが必要です。

その中でもホームルーター(置くだけWi-Fi)は、コンセントに挿すだけでWi-Fiが利用できる、お手軽なインターネットサービスです。

工事不要で面倒な設定がないので、インターネットに詳しくない人でも簡単に利用できます。

ホームルーターは大きく分けて、WiMAX・ドコモ home 5G・ソフトバンクエアー、au ホームルーター5G、楽天Turboの5種類あります。

その中でも、「どの端末にするか」「どの代理店から購入するか」によっても通信速度や料金などが異なります。

そのため、何を重視するかによっておすすめのホームルーターも変わります。

本記事では、実質月額料金・平均通信速度・通信エリアをもとにホームルーターを徹底比較しました。

ホームルーター5社比較表
実質月額料金※1 平均速度
下り※2
通信エリア
「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」
(GMOとくとくBB WiMAX)

2,562円
※3

178.09Mbps

ほぼ全国
「HR02」
(ドコモ home 5G ITX)

5,476円

178.51Mbps

全国
「Airターミナル5」
モバレコエアー

3,972円

104.94Mbps

一部で不可
「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」
au ホームルーター 5G 公式

5,037円※4

139.58Mbps

ほぼ全国
Rakuten Turbo
(楽天ターボ 公式)

5,280円

79.95Mbps

限定的
注釈
※クリックすると開きます

※全て税込金額
※1 実質月額料金=(初期費用+端末代+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額)÷24ヶ月で計算。端末代は全て初月で一括支払いとして計算し、スマホ割は計算に含めず
※2 平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照
※3 L13(新端末)の料金プラン・乗り換えの場合(キャッシュバック63,000円)で算出
※4 L13のホームルーター端末代で計算

この表の中でやはり一番料金と速度のバランスが取れているのはWiMAXとなります。

auホームルーターはWiMAXと同じ機種、サービス内容もほぼ同様でありながら料金が高いこと、楽天ターボはどれも中途半端でおすすめすべき点がないことから、上位3社を徹底解説していきますね。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

1位: 【Speed Wi-Fi HOME 5G L13】WiMAX|端末代が安くキャッシュバックも高額!

1位は、速度と料金のバランスが良い「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」WiMAXです!

種類 ホームルーター モバイルルーター
機種名
\ NEW /Speed Wi-Fi HOME 5G L13

\ NEW /Speed Wi-Fi 5G X12
端末代※1 UQで購入:27,720円※2
各プロバイダで購入:27,720円
メーカー ZTE NEC
重量 約635g 約174g
サイズ 約W100×H207×D100㎜ 約W136 × H68 × D14.8mm
最大通信速度 下り 最大4.2Gbps / 上り 最大286Mbps 下り 最大3.9Gbps / 上り 最大183Mbps
バッテリー使用時間 連続通信時間:約540分(初期設定時)
連続待受時間:約420時間(初期設定時)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
同時接続台数 有線LAN:2台/無線LAN:32台 Wi-Fi:16台/USB:1台
※ 表の金額は税込価格です。
※1 一部プロバイダでは端末価格が異なります。端末詳細価格は契約されるプロバイダへお尋ねください。
※2 クレジットカード支払いの場合は19,800円です。
参照:製品・端末|UQ WiMAXより


旧機種のL12、L11と比べて端末代金が高くなりましたがその分スペックも上がっています。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の評判をまとめると以下のようになります。

  • 接続が安定している
  • 旧機種と比べて速度が速い
  • 大人数での利用が重ならなければ快適

ホームルーターの実測値を旧機種と比較してみましょう。

L13 L11
最大下り速度 4.2Gbps 2.7Gbps
下り速度
平均値
178.09Mbps 133.51Mbps

※参照:みんなのネット回線速度

やはり最新機種のL13の速度がかなり速いことがわかりますね。

WiMAXホームルーターの特徴はこちらの記事で詳しく解説していますので、併せて確認してみてくださいね。

ちなみにWiMAXはホームルーター(置くだけWi-Fi)と同価格で「ポケット型Wi-Fi」も選択できて、自宅以外でも利用可能となっています。

ポケット型WiFiは持ち運びしやすいサイズで、出張が多い人・旅行好きの人には特に嬉しいですね。

また、15日間完全無料でWiMAXをお試しできるTry WiMAXというサービスも用意されているので、実際の速度やつながりやすさなどを契約前に確認できるのもおススメなポイントですよ。

WiMAX5Gでは5G回線が追加料金なしで使える上に、月額料金も格安なので「速度と料金のバランスが良い万能ホームルーター」と言えるでしょう。

ただし、WiMAXの中でもプロバイダ(契約先)によって月額料金やキャンペーンが異なります。

WiMAX5Gを最もお得に契約するならWiMAXプロバイダおすすめもチェック!

結論から述べると、実質月額料金がもっとも安いWiMAX|GMOとくとくBBがおすすめです!

実質料金などはホームルーターの選びかた!実質月額料金にて詳しく解説していきますね。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

Try WiMAXよりもお試し期間が長い「5G-CONNECT」もおすすめ

引用:5G-CONNECT公式

Speed Wi-Fi HOME 5G L13を利用してみたいけど、Try WiMAXの15日のお試しではちょっと短いな、、と考えている方におすすめなのが5G-CONNECTです。

現在は「新生活応援キャンペーン」を開催しており、①送料無料 ②最短即日発送 ③1ヶ月の無料お試しモニターを実施中です。

また継続利用についても、Speed Wi-Fi HOME 5G L13を3ヶ月分まとめてのお支払いを選ぶことで、最大23,635円安くなります。

WiMAX自体をまだ試したことない方は、どんなネット環境が自分にあっているのか確認するのにも、試してみると良いですよ!

▽いますぐお試し申し込み▽

2位: 【ドコモhome5G HR02】|通信速度重視の方におすすめ!

引用:ドコモ home 5G|ITX

2位は速度重視のドコモ home 5Gです!

2023年3月に最新型(HR02)が発売されました。

旧型(HR01)とスペックを比較してみましょう。

機種名
home 5G HR02

home 5G HR01※1
端末代 71,280円
(1,980円×36回)
39,600円
(1,100円×36回)
データ容量 無制限
回線速度
(下り最大)
5G:4.2Gbps
LTE:1.7Gbps
Wi-Fi:4804Mbps
5G:4.2Gbps
LTE:1.7Gbps
同時接続台数 66台
(Wi-Fi:64台/有線LAN:2台)
65台
(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
サイズ
約W95×H170×D95mm
重量 約847g 約720g

※いずれもベストエフォート型サービスのため、実使用速度を示すものではありません
※1 在庫がなくなり次第販売終了。店舗により在庫状況は異なります。

新型は有線LANポートが2つになり、2.5GBASE-Tにも対応となったことで高速通信がアップデートされています。

新型と旧型のスペックに大きな差はありません、

どちらも通信速度が他社のホームルーターと比べて圧倒的に速いのが特徴です。

「ドコモhome5G HR02」の評判には次のようなものがあります。

  • 開通手続きが簡単
  • 速度は申し分なく光回線並みに快適
  • 登録住所以外では使えないので車などの移動時には使用不可

実際にドコモ光と比較してみました。

ドコモ光
(新規契約の場合)
ドコモhome5G
回線工事 必要 不要
通信速度
※3
上り/下り
304.99Mbps
/ 270.75Mbps
20.14Mbps
/ 178.51Mbps
通信制限 無制限 無制限※4
注釈※クリックすると開きます

※ 全て税込み価格です。
6ヶ月で実質負担金0円になります。
※3 みんなのネット回線速度2024/06/24時点の情報です。
※4 直近3日間の使用量が極端に多いと回線速度が遅くなることがあります。

ホームルーターはその機器の特性上、上り速度が遅いという欠点があるため、実際に比較してみると光回線のほうがやはり安定はしています。

しかし確かに下りだけみれば、遜色のない速度が出ており、口コミの評価が良いのも納得です。

回線工事が不要で、コンセントに挿すだけですぐに使えるというメリットがとても大きいので様々なシチュエーションで利用できそうですね。

光回線との比較などはWiFi契約の全種類を解説にて行っています。

ただしドコモホームルーターは登録地住所でしか使えません。

車移動で利用したいよいう場合は、移動での利用を前提としているポケット型WiFiを選択肢に入れるとよいですね。

ドコモ home 5Gは「Wi-Fi EasyMesh」に対応しています。

引用:ドコモ 製品別サポート

「Wi-Fi EasyMesh」とは、メイン(HR02)とサブが通信することで家中どこでもWi-Fiが安定して使えるサービスです。

間取りの関係でネットが繋がりにくい部屋や、2階建てなどで広い家でのリモート会議やオンライン授業が快適になりますね。

ただし、この機能は対応したルーター機器が必要なので注意が必要です。

通信速度に関しては申し分ありませんが、WiMAXに比べて2年間の実質月額料金が2倍近くも高くなってしまうため今回のランキングでは2位となりました。

WiMAX
GMOとくとくBB
ドコモ home 5G
ITX
実質月額料金※1 2,562円 5,476円

※全て税込金額
※1 実質月額料金=(初期費用+端末代+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額)÷24ヶ月で計算。全て初月で一括支払いとして計算し、スマホ割は計算に含めず。キャッシュバックは最大時で計算(別途オプション加入が必要なものは除く)。

それでもドコモのエリアや速さ重視で選びたい人には、こちらドコモ home 5G|ITXからの申し込みがおすすめです。

オプションの申し込みなしで、現金15,000円のキャッシュバックが受けられます!

また、ドコモのスマホセット割ならスマホの月額基本料金が最大1,100円/台 割引になるので、ドコモユーザーならぜひ検討してみてください。

ドコモhome5Gの口コミ・評判・評価はこちら

>最新のドコモhome5Gのキャンペーン情報はこちら

\ 現金15,000円キャッシュバック! /

3位: 【Airターミナル5】モバレコエアー|毎月の支払額を安くしたい人におすすめ!

3位は、月額料金の安さ重視のモバレコエアーです!

モバレコエアーは、「ソフトバンクエアー」と同じ回線&端末を利用するホームルーター(置くだけWi-Fi)です。

そのため、エリアや速度などのサービス内容は「ソフトバンクエアー」と同じです。

機種名
Airターミナル5
端末代 71,280円
(1,980円×36回)
データ容量 無制限
回線速度
(下り最大)
5G:2.1Gbps
4G:838Mbps
Wi-Fi:2.1Gbps
同時接続台数 128台
サイズ 約W103×H225×D103mm
重量 約1086g

※ベストエフォート型サービスのため、実使用速度を示すものではありません

モバレコエアーは上位2社に比べて通信速度は劣りますが、キャンペーンにより2年間の月額料金が大幅に割引されます。

「ソフトバンクエアー」と「モバレコエアー」の実質月額料金を、2年間で比較してみましょう。

ソフトバンクエアー 公式 モバレコエアー
月額料金 1~24ヶ月:2,970円
25ヶ月〜:5,368円
1ヶ月:1.320円
2〜12ヶ月:3,080円
13〜36ヶ月:4,180円
37ヶ月〜:5,368円
キャッシュバック・割引 なし 17,000円キャッシュバック
実質月額料金※1 4,098円 3,976円
※全て税込金額
※1 実質月額料金=(初期費用+端末代(残債12ヶ月分のみ)+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額)÷24ヶ月で計算。スマホ割は計算に含めず

通信コストを最小限に抑えたい人にはおすすめですが、上位2社に比べて速度が劣るため3位となりました。

それでも安さ重視で選びたい人は、こちらのモバレコエアー|公式サイトから申し込みをしましょう。

他社のスマホ・ケータイ解約時の違約金相当10,450円(税込)還元のキャンペーンもあります。

2年間の実質月額料金は3,972円とWiMAXに次いで安く、ソフトバンクやワイモバイルユーザーならおうち割光セットも適用できるため、実質月額料金からさらに安くなります!(実質月額料金3,972円-1,100円(1台分)=2,872円)

ただし、利用開始から25カ月目以降からは料金が高くなるので、短期間の利用がおすすめです。

モバレコエアーの口コミ・評判・評価はこちら

\ キャンペーンでお得に利用できる! /

ホームルーター(置くだけWiFi)選びかた!人気の5社を徹底比較

ホームルーター(置くだけWi-Fi)の比較ポイントは、以下のとおりです。

  1. 実質月額料金
  2. 通信速度
  3. データ容量はどれも無制限!通信制限の取扱いを比較

当記事で紹介するホームルーターは全て「データ容量無制限」ですが、通信制限に関する対応はそれぞれで異なりますので確認しておきましょう。

比較ポイントで特に大事なのは、料金と通信速度です。

どれだけ安くてもインターネットが使えないと、ホームルーターを利用する意味がありません。

とはいえ、月額料金が高額すぎると、継続利用が難しい人もいるでしょう。

トータルバランスの優れたホームルーターを選択できるように、比較内容を参考にしてください。

実質月額料金でお得なホームルーターは?

まず料金から見てみましょう。

本記事では、実際の支払総額を計算して算出した「実質月額料金」を使って料金を比較します。

こうすることで、各社で異なる料金体系や端末割引キャッシュバック特典などを総額料金に含めて正確に比較することが可能となります。

【実質月額料金】
={初期費用+端末代+(月額料金×契約期間)-キャッシュバック金額}÷契約期間

今回はあわせてスマホ割も記載し、ご自身がお使いのスマホのキャリアによってお得になるホームルーターがわかるように比較しています。

サービス名 実質月額料金※1 スマホ割
WiMAX
GMOとくとくBB
最大65,000円
キャッシュバック

2,562円
※2
あり
・au
・UQモバイル
ドコモ home 5G
ITX
15,000円
キャッシュバック
5,476円 あり
・ドコモ
モバレコエアー
公式サイト
・17,000円
キャッシュバック
・他社からの乗り換えで
違約金 撤去工事費の還元
3,972円 あり
ソフトバンク
ワイモバイル
au
ホームルーター 5G
公式
550円/月 割引
(13ヶ月間)
5,037円 あり
・au
・UQモバイル
Rakuten Turbo
(楽天ターボ)
公式
なし
5,280円 なし
注釈※クリックすると開きます


※全て税込金額
※1 実質月額料金=(初期費用+端末代+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額)÷24ヶ月で計算。端末代は全て初月で一括支払いとして計算し、スマホ割は計算に含めず
※2 L13(新端末)の料金プラン・乗り換えの場合(キャッシュバック63,000円)で算出

月額料金は、WiMAX・モバレコエアー・au ホームルーター 5Gの3社が期間限定で値引き価格になっています。

ただし、キャッシュバックや端末代等を加味すると安定して安く利用できるのはWiMAXです。

さらにスマホ割も適用できるので、auやUQモバイル利用の方はかなりお得になります。

WiMAXは5社の中で唯一2年間の契約期間が設けられていますが、自動更新されることはなく解約金もありません。

その他のキャリアには契約期間も違約金もありませんが、端末代の残債があれば支払いが発生しますので、その点では各社の条件は同じと言えるでしょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

ホームルーターの通信速度を徹底比較

月額料金と端末代のコスト面ではWiMAXがおすすめですが、通信速度も気になりますね。

通信速度とPing値の平均を比較してみました。

快適に利用できる回線を確認しましょう。

平均通信速度
下り
上り
Ping値
WiMAX
(HOME 5G L13)
178.09Mbps
23.75Mbps
45.55ms
ドコモ home 5G
(HR02)
178.51Mbps
20.14Mbps
47.03ms
モバレコエアー
(Airターミナル5)
104.94Mbps
9.18Mbps
44.09ms
au
ホームルーター 5G
(HOME 5G L13)
178.09Mbps
23.75Mbps
45.55ms
Rakuten Turbo
(Rakuten Turbo 5G)
79.95Mbps
31.7Mbps
57.61ms

※ 平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照

ホームルーター5社を比較した結果、通信速度が1番速いのはドコモ home 5G(home 5G HR02)でした。

ドコモ home 5Gは、光回線並みに速いと評判です。

今日のドコモ HOME5Gの速度測定
相変わらず快適な速度です
今までのマンションタイプの光回線より5倍くらい早い
ちなみに上りは概ね20Mbbsがほとんど

使用中のインターネットの速度は: 270Mbps. お使いのインターネットの速度はどのくらいですか?
引用:Twitter

今日docomoのHOME5G契約して測ってみてからまじで早すぎて信じられなくて何回も測ってるんだけどやばくない
光回線いらないやん笑
引用:Twitter

ただし、ドコモ home 5Gは月額料金と端末代が高いところが難点です。

インターネットを利用するのに快適と感じる回線速度は一般的に【10Mbps〜30Mbps】と言われています。

また、回線速度には「上り」と「下り」がありますが、用途によって快適さが異なります。

【上り】ネット上にデータをアップロードする快適な速度

用途 速度
メールやSNS送信 1Mbps
SNSの写真投稿 3Mbps
SNSやYouTubeなどの
動画投稿
10Mbps

【下り】ネット上にデータをダウンロードする快適な速度

用途 速度
メールやSNS受信 128Kbps〜1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps〜10Mbps
動画視聴(YouTubeなど) 3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム 30Mbps〜100Mbps

テレワークやオンライン授業など動画の視聴が必要な場合は、下り「25Mbp」あると安心です。

オンラインゲームではデータの容量が非常に大きいため、快適さを求めるのであれば最低でも下り「30Mbps」必要となります。

参照:用途別にみる回線速度の目安|NTT東日本フレッツ光より

eスポーツなどを楽しみたい場合は、ドコモ home 5Gがおすすめです。

WiMAXも、下り「50Mbps」と上り「10Mbps」はあるので、動きの激しいゲーム以外なら十分快適に利用できるでしょう。

そのため、用途に合わせて通信速度とコストのバランスを取るのであれば、WiMAXがおすすめです!

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

データ容量はどれも無制限!通信制限の取扱いを比較

データ容量と通信制限についても比較してみましょう。

5社全てがデータ容量無制限で利用できる機種ですが、実は完全に【無制限】ではなく、一定の速度制限があります。

各社の通信制限について確認してみましょう。

速度制限
WiMAX
GMOとくとくBB
プラスエリアモード
1カ月15GB※1
ドコモ home 5G
ITX
直近3日間のデータ容量が
極端に多い場合※2
モバレコエアー
公式サイト
記載なし
au ホームルーター 5G
公式
なし
プラスエリアモード
1カ月30GB※2
Rakuten Turbo(楽天ターボ)
公式サイト
記載なし
注釈※クリックすると開きます

※1 GMOとくとくBB|会員サポート
※2 ドコモ home 5G|おすすめの4つの特徴
※3 au ホームルーター 5G|モード別対応ネットワーク

GMOとくとくBBの「WiMAX +5G サービス」はデータ無制限で利用できます。

以前は「3日で10GBまで」や「3日で15GBまで」という制限が設けられていました。

しかし、2022年2月1日に通信制限が撤廃され、データ無制限で利用できるようになったのです。

WiMAXとau ホームルーター 5Gでは、プラスエリアモード利用の場合は1カ月の制限がありますが、スタンダードモードでネットの利用が可能です。

通信速度の速いドコモ home 5Gは「直近3日間のデータ容量が極端に多い場合」速度制限がかかると公表されています。

ただし、実際のところはほぼ制限なく使えるとの声があります。

#home5G
24時間以内に100GB以上使っても通信速度制限してくれませんw
引用:Twitter
docomo home 5G の今月の通信量、、、単位に『TB』ついたのは初めてです!(通信は5G回線)
なお速度制限はされていない模様!

#docomo #home5G #通信量 #速度制限
引用:Twitter

なお、全てがベストエフォート方式のため、通信環境により実際の通信速度は制限に関係なく変化します。

また、利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため通信速度が低下する場合があります。

そのため、データ容量・通信制限においては、5社に大きな差はないと言えます。

ホームルーター(置くだけWiFi)の評判・口コミを徹底調査

ホームルーター(置くだけWi-Fi)を契約する際には、実際の利用者による口コミが気になりますよね。

「工事不要でコンセントに繋ぐだけで使える」

「データ容量無制限」

このようなメリットがありますが、ホームルーターの契約後に後悔している人も少なくないようです。

通信速度や月額料金など、下記の項目別で口コミを元に注意点を確認してみましょう。

通信速度についての口コミ評判

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は、基地局から発信される信号を元に回線を接続しています。

そのため、電柱から引き込んだ光ファイバーを利用している光回線に比べて、通信速度が遅いとされています。

実際のところはどうでしょうか。

ソフトバンクエアーだけはぜったいにやめとけってか
工事せんと本当にネット繋いでゲームするの苦痛だからやめとけ
どんなに早いとか安定とか言ってても置くだけタイプだけは全否定させていただく。

そう言った広告を信じたゲーマー達が後悔ばかりで可哀想になるよ
引用:Twitter

引っ越し先でようやくゲーム環境整えれた🎮✨
あとWi-Fiなんだよなぁ〜🙄
ホームルーター通信速度が安定しないから画面がカクカクよ😥💦

#ゲーミングPC
#ゲーマー
#ゲーム環境
#回線弱者
引用:Twitter

やはり、オンラインゲームなどレスポンス速度が必要な場合、ホームルーターでは物足りなさを感じるようです。

速度と安定性を求めるなら、光回線を選ぶのが良いでしょう。

一方で、ホームルーターの通信速度に満足している人もいます。

一月分のネット料金を忘れたがためにネットが解約になってしまったのだけれど、すぐに繋げられるホームルーターを契約してみた。
時間帯でどう変わるかわからないけど、とりあえず最大100Mbpsだったマンションタイプ光回線より速度出てるので満足。

動画視聴とweb会議ができればええよ
引用:Twitter

今、最も重い時間帯なわけだが
docomo home5Gなら、この速度出てる。
その辺の安い光回線より速い。

この混雑への耐久力がWiMAXより強いところだなあ
引用:Twitter

動画視聴やオンライン会議で利用する場合は、ホームルーターで対応できるでしょう。

その中でも通信速度を求めるなら、ドコモ home 5Gがおすすめです!

ドコモ home 5Gの口コミ・評判・評価はこちら

\ 現金15,000円キャッシュバック! /

月額料金やプランについての口コミ

ホームルーター(置くだけWi-Fi)を契約するなら、代理店経由がおすすめです!

なぜなら、公式の特典に加えて代理店独自の特典が加わるので、月額料金やキャッシュバックの内容がお得になるのです。

ただし、代理店ごとに特典は異なるので、しっかり比較しないと損をしてしまう可能性があります。

モバイルルーターとホームルーターの違い調べたり取り扱い代理店の割引の違いとか調べてるだけで2、3時間経過してたよ…。一元化して見やすくして欲しい…(疲れた
引用:Twitter
ホームルーターについて

えっとアパート辺 新しい職場の人と言うか転職エージェントさんには、アパートの手続きの件言ったし、お盆あるし入職日は遅れるとは言ったけども、少し心配 それはさておき

えーと💬ホームルーターはどれにする❓ワイマックスは、いっぱい代理店があるのか。訳わかめ
引用:Twitter

各社サービスの違いを調べるだけで、疲れてしまいますよね。

当記事では、お得なキャッシュバックがある代理店を比較した上で紹介しています。

その中でも1番のおすすめは、速度と料金のバランスが良いWiMAXです!

特典を受けるには、こちらのサイトWiMAX|GMOとくとくBBから申し込みをしましょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

対応エリアについての口コミ

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は基地局から発信される信号を元に回線を接続しています。

そのため、電波を十分に受信できる場所に設置する必要があります。

ホームルーターを契約する際は、事前に利用場所がエリア内かどうか調べておくと安心ですね。

docomoのホームルーター買った
家が5Gエリアだから快適
引用:Twitter
ネットの通信速度ってエリアによってかなりばらつきがある。ホームルーター使うならエリアチェックは絶対した方がいい。プロバイダーでも差があるので

#ブログ初心者
引用:Twitter

本記事で紹介しているホームルーターエリア確認方法をまとめておきました。

ぜひ参考にしてみてください。

WiMAX
GMOとくとくBB
エリアマップ
ドコモ home 5G
ITX アイ・ティー・エックス
サービスエリアマップ
モバレコエアー
グッドラック
エリア確認フォーム
au ホームルーター 5G
公式
エリアマップ
Rakuten Turbo(楽天ターボ)
公式
対応サービスエリア

戸建て・マンション(住宅タイプ)についての口コミ

戸建てで光回線を利用する場合は、電柱から自宅に光ファイバーケーブルを引き込みます。

戸建てでも賃貸の場合は、壁に穴を開ける必要があるので大家さんの許可がないと工事ができません。

一方、マンションで光回線を利用する場合は、光ファイバーケーブルをマンションの共有スペース(MDF室)に引き込む必要があります。

このMDFに空きがないと光ファイバーケーブルを挿せないため、光回線が引けないことがあります。

その他にも、何らかの理由で光回線が引けない場合があります。

前住んでた人の回線が残っているから回線工事できないって言われました(´・ω・`)
PCネットに繋げるのいつになるかわからない…。
引用:Twitter
えぇ…
回線工事出来ない賃貸もあるから事前に管理会社に聞いてみてね
母親来るのか…、リンクさんのメンタルが心配(´・-・` )
引用:Twitter

このように光回線工事ができない場合にも、工事不要なホームルーターはおすすめです!

契約後に機器が届けば、電源を入れてすぐに使えるので、引っ越し先での工事トラブルにも慌てず対応できますね。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

ホームルーター(置くだけWiFi)の悪い評判・口コミ

では、ホームルーター(置くだけWi-Fi)の悪い評判・口コミも見てみましょう。

5Gのホームルーターも考えたけど、新居は圏外だったし実際引っ越してきたらLTEも微妙な感じなので、光で正解ではあった。
引用:Twitter
ホームルーター急に繋がらなくなったと思ったら圏外なったのか。とりあえず場所移動させたら復活
引用:Twitter

設置する場所の電波が悪いと圏外になって、Wi-Fiが使えないようです。

引っ越しの際には、事前にエリア確認を行なうと安心ですね。

ソフトバンクエアー夜になると回線悪すぎる😭
まぁホームルーターだから仕方ないか(´・ω・`)
早くWiFiの工事来てほじぃ😭
引用:Twitter
回線速度夜混み過ぎるので、1人でホームルーターを契約します。
引用:Twitter

特にソフトバンクエアーは、夜になると速度制限になりやすく、評価が低くなっています。

また、ホームルーターを家族みんなでたくさん利用すると、回線が遅くなる可能性もあります。

通信速度で選ぶなら、ドコモ home 5G(ITX アイ・ティー・エックス)がおすすめです!

料金と通信速度のバランスが良いのは、WiMAX(GMOとくとくBB)です。

【通信の快適さ】を優先するか、【コスパの良さ】を優先するかで選択しましょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

容量無制限!ホームルーター(置くだけWiFi)の特徴とメリット

ホームルーター(置くだけWi-Fi)とは、コンセントに差すだけでインターネットが利用できるWi-Fiルーターのことです。

工事の必要がないので、立ち会い不要で工事費も発生しません。

Wi-Fiルーターには大きく分けて、【回線あり】と【回線なし】の2タイプあります。

ホームルーターは前者の【回線あり】タイプとなり、他にはポケット型Wi-Fiがあります。

後者の【回線なし】タイプはWi-Fiルーターのみではインターネットが利用できず、光回線の工事が必要となります。

こちらの項目では「ホームルーター」と「ポケット型Wi-Fi」「光回線」それぞれの違いを比較・解説します。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

ポケット型WiFiと比較すると携帯性には劣るが通信が安定して接続台数も多く大人数でも使いやすい

ポケット型Wi-Fiの最大の特徴は、コンパクトなサイズなので持ち運びが可能なところです。

気軽に持ち運べるので、出張先や旅行先など様々な場所でWi-Fi環境を作ることができます。

一方、ホームルーター(置くだけWi-Fi)は屋内での利用を目的としているので、サイズが大きく持ち運びは困難です。

また、バッテリーが搭載されていないのでコンセントも必須となり、環境が限られます。

WiMAXのホームルーターとポケット型Wi-Fiで比較してみましょう。

ホームルーター ポケット型Wi-Fi
端末
GMOとくとくBB
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)
WiMAX
(Speed Wi-Fi 5G X11)
月額利用料金 端末発送月:1,375円
1か月目~:4,807円
工事の有無 なし なし
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均通信速度 下り: 81.87Mbps
上り: 16.05Mbps
下り: 96.04Mbps
上り: 13.51Mbps
データ容量 無制限
(速度制限がかかる可能性あり)
持ち運びの可否 不可 可能
同時接続台数 30台 16台

※平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照

平均通信速度は、そこまで大差ありませんが、「メリット② ポケット型WiFiより通信が安定している」で解説している通り、ホームルーターの方がアンテナ数が多い分、通信が安定しています。

また、同時接続台数はホームルーターの方が多いです。

そのため、家族でスマホやPCなどを同時に接続する可能性があれば、ホームルーターの方が安心と言えます。

1人暮らしの人は持ち運べるポケット型Wi-Fiも良いですが、家族で利用したい人にはホームルーターがおすすめです。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

光回線と比較すると、通信面はやや劣るが工事不要の手軽さはダントツ

光回線の最大の特徴は、通信速度が速くて通信制限がかからないことです。

電柱から引き込んだ光ファイバーを利用しているので、直接信号に接続できます。

そのため、通信速度の安定性と高速性に優れているのです。

一方、ホームルーター(置くだけWi-Fi)は基地局から発信される信号を元に回線を接続しています。

回線が遠隔で繋がっているので、光回線に比べてスペックが劣ってしまいます。

では、ランキング5選の中で最も通信速度が速いホームルーターの「ドコモ home 5G」と、光回線の「ドコモ光」を比較してみましょう。

ホームルーター 光回線
プロバイダ ドコモ home 5G
ITX
ドコモ光
GMOとくとくBB
月額利用料金 4,950円 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
工事の有無 なし あり
平均通信速度 下り平均: 178.51Mbps
上り平均: 20.14Mbps
Ping値 47.03ms
下り平均: 265.33Mbps
上り平均: 332.36Mbps
Ping値: 19.05ms
データ容量 無制限
通信制限 直近3日間のデータ容量が極端に多い場合 なし

※平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照

同じドコモでも、ドコモ光は回線速度とPing値ともに圧倒的に速いです。

通信速度の安定性と高速性を求めるのであれば、光回線がおすすめです!

ただし、月額料金が高めの設定となっており、開通工事費が発生するので初期費用も高額となります。

MFD(主配線盤)の都合で光回線が引けないマンションなどは、工事不要なホームルーターがおすすめです。

ホームルーターの方が、契約手続き後に電源を入れてすぐ使えるので、設定に苦手意識のある人にもピッタリです。

求めるスペックと居住環境に合わせて、最適な回線を選びましょう。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

WiMAXなら外出先でも利用できる

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は基本的に外出先での利用ができません。

登録住所以外での利用禁止を公式サイトに明記しているところもあります。

Q.登録住所以外の場所で利用しようとしたら、接続ができなくなりました。どのような原因が考えられますか?A.「SoftBank Air」は、ご登録住所以外でのご利用はできません。
ご登録の設置場所住所と実際にご利用している住所が異なる場合は、ご契約者さまへ通知をした上で「SoftBank Air」のご利用を停止します。

引用:SoftBank|公式>よくあるご質問

一方で、持ち出し可能なホームルーターもあります。

WiMAX(GMOとくとくBB)のホームルーターなら、登録住所以外でも利用可能となっています。

Q.ホームルータータイプは、自宅以外にも使用することはできますか?A. WiMAXのホームルーターは登録先住所以外でも、利用可能です。
コンセントにて給電して頂き、利用可能エリア内であればご利用いただけます。

引用:WiMAX|GMOとくとくBB>よくある質問

ホームルーターはコンセントさえあれば使えるので、幅広いシーンで使用できます。

旅行先やカフェでも快適に仕事ができたり、急な入院や引っ越しでもインターネットが使えなくなることはないので安心ですね。

ただし、ポケット型Wi-Fiに比べると大きくて重いので、持ち運びには不向きです。

外出時の利用が多い場合は、ポケット型Wi-Fiが良いでしょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめの方

ホームルーター(置くだけWi-Fi)のメリットから、特におすすめなのはこのようなタイプの人です。

  1. 工事や設定を面倒に感じる
  2. オンラインゲームをやらない
  3. ネット検索・SNS・動画視聴に利用したい
  4. 1人暮らし・引っ越しの予定がある
  5. 外出時も利用したい

ポケット型Wi-Fiでは通信速度に不安を感じるが、自宅で手軽にWi-Fiを利用したい人にはホームルーターがおすすめです。

ただし、ホームルーターはほとんどの場合で登録住所以外の利用ができないので、契約時に規約を確認しましょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

ホームルーター(置くだけWiFi)のデメリット

メリットが豊富なホームルーター(置くだけWi-Fi)ですが、デメリットもあります。

結論から言うと、オンラインゲームを快適に楽しみたい人にはホームルーターをおすすめできません。

手軽さを重視してホームルーターを選び、後悔しないようにしっかりと確認しておきましょう。

  • デメリット①オンラインゲームにはおすすめできない
  • デメリット② 利用制限が設けられている場合がある
  • デメリット③ 月額料金が高いものもある
  • ホームルーター(置くだけWiFi)をおすすめできない方

デメリット①オンラインゲームにはおすすめできない

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は、光回線のように基地局から直接光ファイバーケーブルを引いていません。

遠隔で信号を受信しているため、光回線と比べると回線速度や安定性が劣ってしまいます。

そのため、オンラインゲームを楽しみたい人にとっては「ストレス」を感じる可能性があります。

動きの激しいオンラインゲームを快適に利用したい人には、回線速度が早くて安定した光回線が必要となるでしょう。

ホームルーターでオンラインゲームをプレイした場合、Ping値が高いのでカクつきやラグが発生しやすいのです。

スマホゲーム程度でしたら問題ありませんが、オンラインゲームにストレスを感じたくない人は光回線を選びましょう。

なお、ホームルーターでのオンライン会議や動画視聴であれば、いずれも快適に利用可能です。

おすすめの光回線は、こちらの【光回線おすすめ比較ランキング】にまとめています。

工事が必要となりますが、光回線への乗り換えも検討してみましょう。

ドコモ home 5Gの口コミ・評判・評価はこちら

\ 現金15,000円キャッシュバック! /

デメリット② 利用制限が設けられている場合がある

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は、基本的にデータ容量無制限で利用可能です。

ただし、一定期間内に大量のデータ通信を行うと、利用制限がかかる場合があるので気をつけましょう。

『データ容量無制限』と謳っていても完全に制限は撤廃されてはいません。

Wi-Fiの速度制限は「できるだけ多数のユーザーが一定以上の通信品質を享受できるよう」にするため、設けられています。
引用:帯域制御ガイドラインについて(総務省)

インターネットを平等に快適に利用するためには、Wi-Fiの利用制限が必要ということです。

Wi-Fiに繋いでいるのに、通信速度が遅い場合は利用制限がかかっているのかもしれません。

夜間など、特にネットの利用が集中する時間帯に起こりやすくなっています。

利用制限がかかると通信速度が遅くなるので、動画の視聴や画像の多いサイトを表示するのに時間がかかります。

オンラインゲームも快適なプレイは、難しいでしょう。

ホームルーターに利用制限がかかってしまった場合は、街のフリーWi-Fiを利用するまたはコワーキングスペースを利用するという方法があります。

ただし、信頼できるWi-Fiでないと、接続することで情報が漏れてしまう心配はあります。

確実な方法は利用制限の解除を待つことです。

機器によりますが、半日から1日程度で解除されます。

完全に利用制限なくWi-Fiを利用したいのであれば、光回線を検討しましょう。

おすすめの光回線は、こちらの【光回線おすすめ比較ランキング】にまとめています。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

デメリット③ 月額料金が高いものもある

光回線は完全に利用制限なしでWi-Fiが使えますが、工事で初期費用がかかってしまいます。

ただし、マンションやアパートなどの集合住宅なら、ホームルーター(置くだけWi-Fi)よりも安く利用できる場合があります。

月額基本料金
ホームルーター WiMAX
GMOとくとくBB
初月:1,375円
1ヶ月目~:4,807円

ドコモ home 5G
ITX
4,950円
モバレコエアー
公式サイト
1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月〜:5,368円
au
ホームルーター 5G
公式
5,170円
Rakuten Turbo
(楽天ターボ)
公式サイト
4,840円
光回線 ソフトバンク光
STORY
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
ドコモ光
GMOとくとくBB
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
auひかり
公式
戸建て:標準プラン 6,930円
マンション:3,740円~5,720円
NURO光
公式
戸建て:5,200円
マンション:2,090~2,750円
So-net光プラス
公式
戸建て:6,138円
マンション:4,928円

※全て税込料金

特に「ドコモ home 5G」や「au ホームルーター 5G」は光回線並みの料金なので、工事が可能な集合住宅で利用するのであれば光回線がおすすめです。

おすすめの光回線は、こちらの【光回線おすすめ比較ランキング】にまとめています。

なお、戸建てであればホームルーターの方が安い料金設定になっている場合が多いです。

ホームルーター(置くだけWiFi)をおすすめできない方

ホームルーター(置くだけWi-Fi)のデメリットから、おすすめできないのはこのようなタイプの人です。

  1. オンラインゲームを快適に楽しみたい
  2. 家族で同時にWi-Fiをたくさん利用する
  3. 毎日どの時間帯も快適に利用したい
  4. 回線工事可能な集合住宅に居住している

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は、基本的にデータ容量無制限で利用可能です。

ただし、一定期間内に大量のデータ通信を行うと、利用制限がかかる場合があるのです。

そのため、「オンラインゲームを快適に楽しみたい人」や「家族で同時にWi-Fiをたくさん利用する人」は注意が必要です。

テレワークなどで「毎日どの時間帯も快適に利用したい人」も同様に、利用制限がかかると非常に不便ですよね。

ホームルーターは手軽に利用できますが、いつでも快適に利用したい人には光回線がおすすめです。

回線工事ができない・または待てないためにホームルーターを選択している場合は、ポケット型Wi-Fiもおすすめです。

ポケット型Wi-Fiは、アンテナの本数がホームルーターより少ないです。

そのため、通信の安定感はホームルーターより劣りますが、持ち運びが可能でどこでもWi-Fiが利用できるのが大きなメリットです。

また、「回線工事可能な集合住宅に居住している人」は光回線の方がホームルーターよりも安く利用できる可能性があります。

契約後に後悔しないよう、ポケット型Wi-Fiと光回線も比較検討してみましょう。

ポケット型WiFiと比較」と「光回線と比較」の項目で、それぞれホームルーターとの比較を解説しています。

ホームルーター(置くだけWiFi)に関するよくある質問

本記事で解説したおすすめのホームルーター5選について、よくある質問をまとめました。

こちらでは、それぞれの質問に回答していきます。

ホームルーターを契約する前に、気になっていることは解決しておきましょう。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

一人暮らしにおすすめのホームルーター(置くだけWiFi)は?

一人暮らしで、ホームルーターを選択するとすればおすすめなのはWiMAXです。

WiMAXは速度と料金のバランスが取れていることに加えて、登録住所以外でもコンセントにつなげれば利用することができます。

一人暮らしの場合は、自分以外にWiFiを使わないので、自分の移動馬車に持っていけるほうが無駄なくWiFiを利用することができます。

ただしホームルーターはそれほど大きなものではありませんが、やはりかさばることはかさばりますので、頻繁に持ち歩く場合は、ポケット型WiFiの方が使い勝手がよいでしょう。

一人暮らしのWiFiの選び方の解説も合わせて確認してみてくださいね。

ホームルーター(置くだけWiFi)が圏外だったり遅い場合の対処方法は?

ホームルーターは場所により圏外になることもあるので、対応エリアは確認しておきましょう。

対応エリアでも圏外や回線速度が遅い場合は、下記の改善策を試してみましょう。

    1. ホームルーターの電源を入れ直す
    2. ホームルーターの置き場所を変える
    3. Wi-Fiチャネルを変更する

(2.4GHz帯⇆5GHz帯)

  1. 接続台数を減らす
  2. LANケーブルで接続する

おうちネットプレス|NTT ドコモ

▶︎ホームルーターの電源を入れ直す

機種によって方法は異なりますが、電源をON・OFFにするなど再起動してみましょう。

再起動により改善される場合があります。

▶︎ホームルーターの置き場所を変える

ホームルーターを窓から近い場所や、見通しの良い場所に変えてみましょう。

また、スマホ・PCなどのデバイスとの位置関係にも気をつけてください。

Wi-Fiは金属製のもや木製のものを通過しにくい性質があるので、周辺のインテリアも確認してみましょう。

▶︎Wi-Fiチャネルを変更する

Wi-Fiチャネルには「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2つの周波数帯があります。

それぞれに異なる特徴があり、状況によって安定しやすい周波数帯があります。

「2.4GHz帯」は家電などの電波干渉を受けやすいので、キッチンの近くでは「5GHz帯」に変更してみましょう。

一方、「5GHz帯」は壁や床などの障害物の影響を受けやすいです。

ホームルーターを設置している場所から離れている場合は、「2.4GHz帯」に変更してみましょう。

▶︎接続台数を減らす

ホームルーターのスペックによって異なりますが、同時接続台数を確認してみましょう。

家族でWi-Fiをたくさん使用している場合は、接続台数を減らすと改善する可能性があります。

さまざまな家電をWi-Fiと接続している場合も、回線速度低下の原因になっている場合があります。

▶︎LANケーブルで接続する

Wi-Fiは無線接続よりも有線接続の方が回線速度が安定します。

そのため、パソコンなどの利用したいデバイスにLANポートがある場合は、LANケーブルでホームルーターと接続すると改善することがあります。

上記の改善策を試してもホームルーターの回線速度が遅い場合は、速い回線への乗り換えがおすすめです。

完全無制限のホームルーター(置くだけWiFi)ってありますか?

結論から述べると、「完全無制限のホームルーター(置くだけWi-Fi)」はありません。

本記事で紹介しているホームルーター5選は、いずれも「データ容量無制限」です。

ただし、どれも極度に使いすぎると速度制限がかかってしまうのです。

そのため、完全無制限でインターネットを利用したい人には光回線をおすすめします。

おすすめの光回線は、こちらの【光回線おすすめ比較ランキング】にまとめています。

>おすすめランキング1位
WiMAX|GMOとくとくBBはこちら

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

目次