WiMAXのホームルーターのおすすめ7社を徹底比較!お得なのはどこ?

WiMAXのホームルーターには、以下のような特徴があります。

  • 開通工事が不要でコンセントさえあればネットに繋がる
  • 基本データ通信量が無制限
  • 5G対応で最大通信速度(下り)が4Gbps以上
  • モバイルルーターよりも通信が安定
  • 登録住所以外でも利用できる

WiMAXのホームルーターは、回線工事をすることなくコンセントに差すだけでインターネットを使うことができます。

速度も充分に速く、様々なキャンペーンによって実質料金がお得になるため、手軽にインターネットを導入したい人におすすめです。

本記事では、WiMAXのホームルーターの特徴やおすすめプロバイダを、様々な比較を交えながら解説していきます。

契約を検討している方の参考になれば幸いです。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

おすすめ窓口 キャンペーン概要

GMOとくとくBB
  • 他社から乗り換えなら最大41,000円キャッシュバック
  • 新規でも25,000円キャッシュバックあり

UQ WiMAX
  • 新発売のWiMAX端末(L13/X12)が17,820円キャッシュバック
  • WiMAX +5G割で13ヶ月間、月額基本料金から682円/月を割引

Broad WiMAX
  • 学割・引っ越しキャンペーンで最大4,697円割引※1※2
  • 他社から乗り換えなら最大19,000円キャッシュバック
  • 2台同時申し込み+条件クリアで5,000円キャッシュバック※2
  • WEBフォームから申し込み+条件クリアで初期費用を20,743円(税込)割引※1

カシモ WiMAX
  • 端末分割サポート(36回)で端末代が実質0円
  • 必須加入のオプション一切無し
  • 1ヶ月目以降はずっと定額でシンプルな料金プラン

BIGLOBE WiMAX
  • 今だけ!10,000円キャッシュバック
  • 月額料金が初月0円
  • 新端末でも月額料金が24ヶ月目までずっと3,773円
  • 口座振替でお支払いOK

ヨドバシWiMAX
  • 全プラン対象!月額料金初月+事務手数料0円
  • 新端末でも端末代金が5,500円で安い!(通常27,720円)

シンプルWiFi
  • 新端末でもレンタル代0円
  • 契約期間の縛りがなく、解約違約金や端末代の残債なし
  • 月額料金がずっと定額(4,840円)
注釈※クリックすると開きます ※1 クレジットカード支払い+安心サポートプラス、MyBroadサポートへ初回加入が条件
※2 初月(契約月)は無料、1〜6ヶ月目まで550円割引で3,223円
WiMAXで知っとくとお得な情報
目次

WiMAXのホームルーター端末3機種を紹介

Speed Wi-Fi HOME 5G L13 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
メーカー
ZTE NEC ZTE
発売日
2023/6/1 2021/11/5 2021/6/4
サイズ
約W100
×H207
×D100㎜
約W101
×H179
×D99mm
約W70
×H182
×D124mm
重量
約635g 約446g 約599g
最大通信速度
下り:4.2Gbps
上り:286Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
最大接続可能数
Wi-Fi: 32台
有線LAN: 2台
Wi-Fi: 40台
有線LAN: 2台
Wi-Fi: 30台
有線LAN: 2台
OFDMA対応
× ×

画像出典元:UQ WiMAX

WiMAXのホームルーター3機種をご紹介します。

3機種の中でもおすすめは最新機種であるSpeed Wi-Fi HOME 5G L13です。

5G通信に対応しており、受信時に最大4.2Gbpsの高速インターネット接続が可能で、大量のデータもすばやくダウンロードできます。

旧機種であるL12・L11も5Gに対応した高速ホームルーターですが、2024年2月現在は多くのWiMAXプロバイダで旧機種プランの新規申し込みが終了しました。

各プロバイダの端末在庫情報※クリックすると開きます
端末種類 モバイルルーター ホームルーター

\ NEW /
Speed Wi-Fi 5G X12

\ NEW /
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
GMOとくとくBB
UQ
BIGLOBE
DTI
Broad(ブロード)
カシモ
ZEUS(ゼウス)
ヨドバシ
端末種類
Speed Wi-Fi 5G X11

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
GMOとくとくBB × ×
UQ × ×
BIGLOBE × ×
DTI × ×
Broad(ブロード) × ×
カシモ × ×
ZEUS(ゼウス) × ×
ヨドバシ ×
端末種類
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

Speed Wi-Fi HOME 5G L11
GMOとくとくBB × ×
UQ × ×
BIGLOBE × ×
DTI × ×
Broad(ブロード) × ×
カシモ × ×
ZEUS(ゼウス) × ×
ヨドバシ
※ 2024/02/29時点の情報です。詳しい在庫情報は各プロバイダへお尋ねください。

そのため、WiMAXのホームルーターを利用したいなら、最新機種であるL13対応のプランをおすすめします。

それでは、WiMAXのホームルーター3機種について特徴を解説していきます。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

最大通信速度は4.2Gbps!最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi HOME 5G L13
メーカー名 ZTE
発売日 2023/6/1
サイズ 約W100×H207×D100㎜
重量 約635g
最大通信速度 下り:4.2Gbps
上り:286Mbps
最大接続可能数 Wi-Fi: 32台
有線LAN: 2台

画像出典元:UQ WiMAX

WiMAXホームルーターの最新機種であるSpeed Wi-Fi HOME 5G L13は、最大通信速度(下り)は4.2Gbpsであり、非常に高速なインターネット通信が可能です。

また、使用可能エリアは限られますが、5G SA(スタンドアローン)にも対応しており、旧機種と比べてより5G回線に繋がりやすくなります。

5G SA(スタンドアローン)とは?

5G SA(スタンドアローン)とは、5G専用の設備と基地局を組み合わせて通信する方式のことです。

従来の5G NSA(ノンスタンドアローン)方式では、4Gと5Gの両方の電波を利用しないと5G通信ができない仕組みでした。

しかし、5G SAは4G接続をする必要がないため、より素早く5G通信を開始できるようになります。

最新の「Wi-Fi 6規格」にも対応しておりスピードも充分確保できます。

また無線での最大接続可能台数は32台となっているので、通信の安定性も優れていると言えるでしょう。

旧機種対応プランの新規契約を終了したプロバイダも増えたため、これからWiMAXのホームルーターを利用する場合は、最新機種のSpeed Wi-Fi HOME 5G L13をおすすめします。

旧機種Speed Wi-Fi HOME 5G L11・12

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
メーカー名
NEC ZTE
発売日
2021/11/5 2021/6/4
サイズ
約W101
×H179
×D99mm
約W70
×H182
×D124mm
重量
約446g 約599g
最大通信速度
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
最大接続可能数
Wi-Fi: 40台
有線LAN: 2台
Wi-Fi: 30台
有線LAN: 2台
OFDMA対応
×

画像出典元:UQ WiMAX

Speed Wi-Fi HOME 5G L11とL12は、最大通信速度はどちらも同じですが、L12の方はOFDMAに対応しています。

OFDMAは、複数の端末を同時に接続していても通信が安定する技術です。

家族でスマホやパソコンを同時に接続するなどの場合は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12の方が向いているでしょう。

ただ、最新機種のL13は旧機種よりも最大通信速度が約1.5倍も速くなっているため、やはりWiMAXのホームルーターを利用するならL13の購入がおすすめです。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

WiMAXホームルーターの特徴とは?光回線やモバイルルーターと速度や料金を比較

WiMAXホームルーターは、自宅で高速インターネットに接続するための便利なデバイスです。

ここからは、光回線・モバイルルーターとの比較を通じて、WiMAXホームルーターの特徴を掘り下げてみましょう。

WiMAXホームルーターの大きな特徴は、設置に工事が不要なことです。

光回線のように配線工事を行う必要がなく、コンセントに差すだけでインターネットが利用可能になります。

また、モバイルルーターと比べた場合、より安定した通信が期待できるでしょう。

このように、WiMAXホームルーターは工事不要で通信の安定性にも優れています。

さらに、料金面でもコストパフォーマンスが高く、1人暮らしで自宅でしかネットを使わないという人には特におすすめです。

WiMAX 5Gについてさらに詳しく知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

光回線と比較!工事不要でインターネットが使える

サービス名
WiMAX ドコモ光 auひかり
月額料金
1,089円

5,104円

※1
戸建て
5,720円
マンション
4,400円
戸建て
5,610円
※2
マンション
3,740円〜5,500円
※3
平均速度※4
下り
157.78Mbps
上り
25.01Mbps
Ping値
43.84ms
下り
264.9Mbps
上り
279.78Mbps
Ping値
18.93ms
下り
517.17Mbps
上り
520.28Mbps
Ping値
14.27ms
端末代工事費
端末代※5
27,720円
工事費※6
・戸建て
19,800円
・マンション
16,500円
工事費※7
・戸建て
41,250円
・マンション
33,000円
注釈※クリックすると開きます


※料金は税込表示です。
※1 GMOとくとくBB WiMAXの月額料金です。初月:1,089円/1~12ヶ月目:3,784円/13ヶ月目以降:4,334円/36ヶ月目以降:5,104円
※2 2年目:5,500円/3年目以降:5,390円
※3 マンションタイプの月額はプランによって変動
※4 2024/02/29時点・みんなのネット回線速度を参照
※5 Speed Wi-Fi HOME 5G L13の価格です。一部プロバイダでは端末価格が異なります。端末詳細価格は契約されるプロバイダへお尋ねください。
※6 キャンペーンで無料
※7 分割払いで実質無料

WiMAXのホームルーターは、コンセントに差し込み設定するだけでインターネットを簡単に開通できます。

引っ越し後すぐにインターネットを使いたい場合や、一時的な引っ越しでインターネットを必要とする場合にも便利です。

また、コンセントがあればどこでも設置可能なので、光回線のように接続端末を特定の場所に固定されるということもありません。

料金についても光回線と比較して安く、月額料金や端末代金の割引キャンペーンなどによって実質料金はさらにお得になります。

回線工事などの手間がなく、またコスパ良くネットの利用を始めたいなら、WiMAXのホームルーターを検討しましょう。

ただし、より通信が安定しているのは光回線です。

オンラインゲームを快適に楽しみたいのであれば、WiMAXホームルーターよりも光回線を利用しましょう。

>WiMAXホームルーターのデメリットをチェック

>おすすめの光回線についてはこちら

モバイルルーターと比較!通信の安定性ならホームルーター

種類 ホームルーター モバイルルーター
機種名
\ NEW /Speed Wi-Fi HOME 5G L13

\ NEW /Speed Wi-Fi 5G X12
端末代※1 UQで購入:27,720円※2
各プロバイダで購入:27,720円
メーカー ZTE NEC
重量 約635g 約174g
サイズ 約W100×H207×D100㎜ 約W136 × H68 × D14.8mm
最大通信速度 下り 最大4.2Gbps / 上り 最大286Mbps 下り 最大3.9Gbps / 上り 最大183Mbps
バッテリー使用時間 連続通信時間:約540分(初期設定時)
連続待受時間:約420時間(初期設定時)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
同時接続台数 有線LAN:2台/無線LAN:32台 Wi-Fi:16台/USB:1台
※ 表の金額は税込価格です。
※1 一部プロバイダでは端末価格が異なります。端末詳細価格は契約されるプロバイダへお尋ねください。
※2 クレジットカード支払いの場合は19,800円です。
参照:製品・端末|UQ WiMAXより


モバイルルーターはその名の通り、移動しながらでもインターネットに接続できる便利な端末ですが、自宅での使用を考えるとホームルーターの方が通信の安定性で有利と言えます。

ホームルーターは同時に接続できる台数がモバイルルーターよりも2倍多く、最大通信速度も速いです。

また、モバイルルーターはバッテリー駆動のため定期的な充電が必要ですが、ホームルーターであれば充電切れの心配はありません。

モバイルルーターは充電しながらでも使用できますが、バッテリーを痛める可能性があるため、ゲームや動画視聴などで長時間ネットに繋ぐ場合はホームルーターが向いています。

外出先ではインターネットをほとんど使わないのであれば、ホームルーターを選びましょう。

キャンプなど電源の確保が難しい場所でもWi-Fiを使用したい人は、モバイルルーターがおすすめです。

>ポケット型Wi-Fiのおすすめを確認

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

WiMAXのホームルーターを利用したいならここ!おすすめ7社の料金やキャンペーンを比較


出典:UQ WiMAX

上記はWiMAXホームルーターの契約におすすめのプロバイダ7社です。

各社はそれぞれ異なるキャンペーンを行っています。

全体的に、GMOとくとくBBはキャッシュバックの金額が大きく、UQ WiMAXは端末購入におけるキャッシュバックが魅力的です。

また、月額料金の節約を求めるなら「Broad WiMAX」が良いでしょうし、最新の端末をお得に手に入れたい場合は「ヨドバシWiMAX」も適しています。

ここからはおすすめプロバイダ7社を順に解説していきますので、プロバイダ選びの参考にしてください。

おすすめ1位|高額キャッシュバックキャンペーンのGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB 出典:GMOとくとくBB WiMAX +5G公式サイト
月額料金 初月:1,089円
1~12ヶ月目:3,784円
13ヶ月目以降:4,334円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 27,720円(一括または770円×36回払い)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
キャッシュバック 通常:25,000円
他社からの乗り換え:最大41,000円
3年間の合計費用(36ヶ月間)※1 136,199円
実質月額(36ヶ月間で計算)※1 3,783円
契約期間 2年
解約違約金 0円
プラスエリアモード 月額1,100円
支払い方法 クレジットカード
※金額はすべて税込で表記しています。
※1 キャッシュバック額は乗り換え最大41,000円を想定して計算

WiMAX(GMOとくとくBB)は、他社からの乗り換えで最大41,000円、新規契約でも25,000円のキャッシュバックを受け取れるのが魅力です。

また、月額料金の割引も段階的にですが3年間続くので、長期利用での実質費用が全WiMAXプロバイダの中で最安となっています。

WiMAXのホームルーターの利用において、とにかく全体的なコストを抑えたい人は、GMOとくとくBB WiMAXが最もおすすめです。

\高額キャッシュバック実施中!/

おすすめ2位|最新端末購入で17,820円キャッシュバック!UQ WiMAX

UQ WiMAX
参照:UQ WiMAX公式より
ギガ放題プラスS※1
月額料金 初月~13ヶ月目:4,268円
14ヶ月目以降:4,950円
初月は4,268円の日割り計算
契約事務手数料 3,300円
端末代金 27,720円
(一括または770円×36回払い)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
キャッシュバック 17,820円
3年間の合計費用
(36ヶ月間)※2
182,534円
実質月額
(36ヶ月間で計算)※2
5,070円
契約期間 なし
解約違約金 なし
プラスエリアモード 月額1,100円(セット割引適用時は0円)
支払い方法 クレジットカード、口座振替
運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
データ容量 無制限
※金額はすべて税込で表記しています。
※1 「Speed Wi-Fi 5G X12」「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の場合



UQ WiMAXでは、最新機種のSpeed Wi-Fi HOME 5G L13かSpeed Wi-Fi 5G X12を新規購入し対象プランを契約すると、17,820円のキャッシュバックがもらえます。

最新機種を利用したい人にとって大きなメリットのあるキャンペーンです。

また、UQ WiMAXはSIMのみの契約が可能なので、以前にWiMAXを利用していて旧機種が手元にあるという場合、無理に最新機種を購入しなくても旧プランでの契約ができます。

ただし、SIMのみ契約の場合はキャッシュバックキャンペーンの適用対象外となっていますので注意してください。

キャッシュバックでお得に最新機種を使いたい人は、UQ WiMAXもおすすめです。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

>UQ WiMAXの評判を確認してみる

学割・引っ越しキャンペーンで料金がさらにお得!Broad WiMAX

出典: Broad WiMAXより
データ容量 スタンダードモード:無制限/プラスエリアモード:30GB
月額料金※1 <ギガ放題コスパDXプラン>
初月:1,397円※2
1~36カ月目まで:3,773円
37か月以降:4,818円
<ギガ放題縛りなしDXプラン>
初月:1,397円※2
1~36カ月目まで:3,950円
37か月以降:4,950円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 <Speed Wi-Fi 5G X12>
31,680円
キャンペーン Webフォームからの申し込みで、初期費用20,743円割引!
他社サービスからの乗り換えの際の契約解除手数料0円!
2台同時申し込みで5,000円キャッシュバック!
契約から8日以内の解約であれば、契約解除手数料0円!
最大通信速度(下り) <Speed Wi-Fi 5G X12>
3.9Gbps※3
契約期間 ギガ放題コスパDXプラン:2年
ギガ放題縛りなしDXプラン:なし
解約違約金 ギガ放題コスパDXプラン:4,818円※4
ギガ放題縛りなしDXプラン:なし
注釈※クリックすると開きます ※金額はすべて税込で表記しています。
※1 プラスエリアモード利用月は、記載した月額料金に加えて1,100円が請求されます。
※2 初月は日割計算の料金が請求されます。
※3 5G通信の場合です。
※4 25ヶ月目以降は解約違約金0円です。

Broad WiMAXでは、学割・引っ越しキャンペーンが行われています。

学生(18歳~25歳の学生またはその学生の両親)の方や、3ヵ月以内に引っ越し・または引っ越し予定の方は、契約月の利用料金が無料となり、6ヵ月目までの月額料金がさらに550円(税込)割引されます。

新生活を始める人に向いていると言えるでしょう。

なお、Broad WiMAXには2年契約プランと契約期間無しのプランがあります。

2年契約プランは契約期間無しのプランよりも月額料金が安くなっていますが、2年以内の解約には4,818円(税込)の解約金が発生するので注意が必要です。

\学割・引っ越しキャンペーンでさらにお得!/

>Broad WiMAXの評判を確認してみる

月額料金が24ヵ月間ずっと3,773円!BIGLOBE WiMAX

出典:BIGLOBE WiMAXより
データ容量 無制限
月額料金※1 初月:0円
1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月目以降:4,928円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 <Speed Wi-Fi 5G X12>
<Speed Wi-Fi HOME 5G L13>
27,720円(共通)
キャンペーン 10,000円キャッシュバック
最大通信速度(下り)※1 <Speed Wi-Fi 5G X12>
最大3.9Gbps
<Speed Wi-Fi HOME 5G L13>
最大4.2Gbps
契約期間 なし
解約違約金 なし
注釈※クリックすると開きます ※金額はすべて税込で表記しています。
※1 プラスエリアモードの利用月は、オプション利用料(税込1,100円/月)がかかります。
※2 記載の速度は技術規格上の最大速度であり、実使用速度を示すものではありません。ご利用環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。

BIGLOBE WiMAXでは、月額料金が契約から24ヵ月間1,155円(税込)割引されます。

途中で割引額が変わることもないため、2年間の月額料金がずっと3,773円(税込)になる、という非常にわかりやすいキャンペーンです。

また、オプション加入などの面倒な条件もなく、申し込むだけで割引が適用されます。

受け取り手続きや時期のあるキャッシュバックキャンペーンと比べ、自動的に特典を受けられるのはありがたいですよね。

複雑な条件なしでわかりやすい割引を受けたい人は、BIGLOBE WiMAXで申し込みをすると良いでしょう。

【期間限定!2024年3月4日まで!】

画像引用:BIGLOBEWiMAX公式サイト

キャンペーン内容: 最短翌月10,000円キャッシュバック
キャンペーン条件: データ端末の同時申し込み + クーポンコード入力        
キャンペーン期間: 2024年3月4日23:50 まで

BIGLOBEWiMAXで最短翌月10,000円キャッシュバックキャンペーンが始まりました!

受取はとっても簡単!クーポンコードを入力するだけですよ!

この種類のキャンペーンは期間限定不定期開催ですので、気になる方はこの機会に今すぐ申込をおすすめします!

\月額料金が24ヵ月間ずっと3,773円!/

>BIGLOBE WiMAXの評判を確認してみる

最新機種でも端末代金が5,500円!ヨドバシWiMAX

ヨドバシWiMAX 引用元:ヨドバシWiMAX公式
事務手数料 0円
月額料金 初月0円
以降4,268円
旧端末:26ヶ月以降
新端末:13ヶ月以降
4,950円
端末代 旧端末:16,280円
新端末:5,500円
プラスエリアモード 1,100円
(利用した月のみ)
Wi-Fiスポット 400円→0円
キャンペーン 月額料金初月
事務手数料が無料
最低利用期間 期間条件なし
解約金 なし
支払い方法 クレジットカード
運営会社 株式会社ワイヤレスゲート

ヨドバシ WiMAXでは、期間限定で、最新機種のSpeed Wi-Fi HOME 5G L13またはSpeed Wi-Fi 5G X12が22,220円引きの5,500円(税込)で購入可能です。

さらに、上記と同期間で、契約初月の利用料金と契約事務手数料が無料になるキャンペーンも実施されています。

最新機種を安く購入したい人や、初期費用を抑えたい人におすすめと言えるでしょう。

また、ヨドバシWiMAXはヨドバシカメラの店頭でスタッフのサポートを受けながら契約することもできます。

WEB申し込みに不安がある方は店頭での申し込みも検討しましょう。

なお、店舗のキャンペーン内容はWEBと異なる可能性もあるので、事前にご確認ください。

\最新機種が5,500円!/

>ヨドバシ WiMAXの評判を確認してみる

36回分割払いで端末代金が実質無料!カシモWiMAX

画像引用元:カシモWiMAX公式サイト
契約期間 縛りなし
通信容量 無制限
月額料金
  • 初月:1,408円(税込)
  • 2か月目~:4,818円(税込)
端末代
  • 一括:27,720円(税込)
  • 分割36回:月770円(税込) 端末割引サポート:月-770円(税込)
契約事務手数料 3,300円(税込)
オプション端末保証
  • 安心サポート基本保証:月330円(税込)
  • 安心サポートワイド:月660円(税込)
  • 安心サポートワイドプラス:月880円(税込)
プラスエリアモード 月1,100円(税込)
スマホ割 auスマートバリュー・UQモバイル自宅セット割
※引用:カシモWiMAX公式サイト

カシモ WiMAXは、端末代金の分割払い料金を毎月負担してくれます。

分割払いは36回までとなっており、つまり3年間利用を続ければ端末代金が実質無料になるということです。

また、月額料金は初月無料で、以降はずっと4,818円(税込)の定額というシンプルな料金プランとなっています。

月々の支払い額がわかりやすく、端末代金も実質無料になるため、WiMAXのホームルーターを長期利用する予定であれば、カシモWiMAXがおすすめです。

ただし、端末代金の分割払い中にカシモWiMAXを解約した場合、端末代金の残債を支払うことになりますので注意してください。

\分割払いで端末代金が実質無料!/

>カシモ WiMAXの評判を確認してみる

端末は無料レンタル!シンプルWiFi

シンプルWiFiトップページ
画像引用元:シンプルWiFi公式サイト

通信容量 無制限
通信速度 最大4.2Gbps
月額料金 4,840円
端末 レンタル無料

  • 5G X11
  • 5G X12 NEW!
  • Galaxy 5G
  • HOME 5G L13 NEW!
  • HOME 5G L12
  • HOME 5G L11
契約事務手数料 3,300円
契約期間・解約金 なし
端末オプション
  • 端末保証:月363円
  • 端末保証プラス:月605円
  • 端末保証ワイド:月847円
その他オプション
  • お客さま電話サポート:330円
  • PC設定サポート:330円
  • シンプルケア:660円

※上記金額は全て税込金額です。
※引用:シンプルWiFi公式サイト

シンプルWiFiは、その名のとおり月額料金がずっと4,840円(税込)のシンプルでわかりやすい料金プランを提供しています。

端末については無料レンタルとなっており、ホームルーターであれば最新機種のSpeed Wi-Fi HOME5G L13も選択可能です。

また、最低利用期間は設けられていないので、解約金が発生することもありません。

よって、支払うのは初回のみの事務手数料(3,300円・税込)月々の利用料金だけです。

月額料金の変動や端末代金を気にしたくない人は、シンプルWiFiの利用をおすすめします。

\最新端末も無料レンタル!/

>シンプルWiFiの評判を確認してみる

WiMAXホームルーターのメリット

WiMAXホームルーターには下記のようなメリットがあります。

WiMAXホームルーターの最大のメリットは、設置に特別な工事が必要ないことです。

コンセントに差し込むだけで、すぐにインターネットを利用開始できます。

また、対応エリアは全国で、最新機種のSpeed Wi-Fi HOME5G L13であれば、より5G通信に繋がりやすい5G SA機能を利用することも可能です。

データ通信量には制限がなく、動画やゲームなど大容量のデータを使う場合でも心配する必要はありません。

登録住所に限らず、コンセントがある場所ならどこでも使えるので、旅行先や出張先など、自宅以外の場所でもインターネットに接続可能です。

通信速度や使用感を確かめたいなら、15日間完全無料でWiMAXのホームルーターをお試しできる「TryWiMAX」というサービスもありますよ。

ここからは、WiMAXのホームルーターのメリットについて1つずつ見ていきましょう。

工事不要で設置が簡単

WiMAXホームルーターは、設置が非常に簡単です。

光回線のような工事は必要なく、ルーターをコンセントに差し込むだけでインターネットを使い始められます。

これは、インターネットの設定に不慣れな人や、すぐにネットに繋がりたい人にとって大きなメリットです。

また、WiMAXのホームルーターは小さくて軽く持ち運びが簡単なので、家の中の好きな場所に設置することもできます。

この手軽さと便利さが、WiMAXホームルーターの大きなメリットと言えるでしょう。

対応エリアは全国!一部は5G通信も可能

WiMAXホームルーターは、日本全国のエリアに対応しています。

さらに、最新機種のSpeed Wi-Fi HOME5G L13であれば、5G SA機能によって旧機種よりも素早く5G通信に繋げられます(5G SAに対応していないエリアもあります)。

大きなファイルをダウンロードしたり、ネットゲームをしたりするときにも速くてスムーズです。

全国どこでも使える上、通信速度も充分に速いので、WiMAXホームルーターは多くの人に適しています。

データ通信量は無制限

WiMAXはデータ通信量に制限はありません(スタンダードモードの場合)。

長時間の動画視聴をしたり、テレワークで繋ぎっぱなしにしたりなど、どれだけインターネットを使ったとしても安心です。

追加料金や速度制限の心配なく、インターネットを思う存分楽しむことができます。

登録住所以外でもコンセントがあれば利用できる

WiMAXホームルーターは、登録した住所以外の場所でも使うことができます

ドコモやソフトバンクなどのホームルーターは、登録住所以外での利用はできません。

しかし、WiMAXのホームルーターなら、コンセントさえあればインターネットに接続できます。

旅行先のホテルや友人の家でも使えますし、自宅以外で仕事をするという人にも非常に便利です。

このように、自宅を空ける様々なシーンにもWiMAXのホームルーターが役立ちます。

TryWiMAXで15日間完全無料でエリアや速度をお試しできる

自分の住む地域ではちゃんとWiMAXのホームルーターが繋がるのか、実際の通信速度はどのくらいなのか、気になる人も多いでしょう。

そんな人は、15日間無料でWiMAXをお試しできるTryWiMAXを利用しましょう。

TryWiMAXのサービスはUQ WiMAX公式サイトから申し込みができます。

15日間もあればじっくりと使用感を確かめられるので、いきなり契約するのが不安な場合はTryWiMAXでお試ししてみてください。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

>UQ WiMAXの評判を確認してみる
>Try WiMAXの評判を確認してみる

WiMAXホームルーターのデメリット

WiMAXのホームルーターには下記のようなデメリットもあります。

まず、WiMAXのホームルーターは、光回線に比べると通信が不安定です。

本格的なeスポーツをする時や、常に容量の大きいデータをダウンロードする場合には、安定している光回線の方が向いているでしょう。

また、時間帯によっては通信速度が遅くなることがあります。

例えば、夜の時間帯は多くの人が同時にインターネットを使うため、通信速度が落ちる場合がありますので注意が必要です。

さらに、短期間に大量のデータ通信を行うと、速度制限がかかる可能性もありますので覚えておきましょう。

それでは、これらデメリットについて詳しく解説していきます。

遅い・繋がらない時の対処法を確認する

光回線よりも通信は不安定

WiMAXのホームルーターは、Speed Wi-Fi HOME5G L13の場合、最大通信速度が4.2Gbpsとなっていますが、実際にはこれほどの速度は出ません。

下記はWiMAXのホームルーター(Speed Wi-Fi HOME5G L13)と光回線の速度について比較した表です。

WiMAX ドコモ光 auひかり
下り
157.78Mbps
上り
25.01Mbps
Ping値
43.84ms
下り
264.9Mbps
上り
279.78Mbps
Ping値
18.93ms
下り
517.17Mbps
上り
520.28Mbps
Ping値
14.27ms
注釈※クリックすると開きます


※1 2024/02/29時点・みんなのネット回線速度を参照

平均の通信速度を比べると、光回線の方が安定して速いことがわかります。

またWiMAXのホームルーターは、Ping値も光回線と比べて劣っています。

Ping値とは?
簡単に言うと、インターネット回線でのレスポンス速度のことです。
Ping値が高いとラグが発生しやすくなります。
そのため、シューティング系のオンラインゲームには低いPing値が望ましいです。

以下はオンラインゲームプレイ時のPing値の目安です。

ping値 動作/プレイ環境
0〜15ms
  • 快適なプレイが可能
15〜50ms
  • 普通にプレイ可能
  • まれにラグが発生
50〜100ms
  • Ping値の低い相手との撃ち合いに負けるリスクがある
  • ラグや回線落ちの可能性がある
100ms以上
  • ラグが頻発
  • キャラの位置がワープしたり巻戻りが発生
  • サーバーから切断されやすい

参照:DBDのおすすめ回線と速度の目安|GameWith光

WiMAXのホームルーターでも全くゲームがプレイできないわけではありません。

しかし、応答速度が重要なシューティングゲームをストレスなく楽しみたいのであれば、光回線の利用をおすすめします。

WiMAXと光回線の比較

おすすめの光回線についてはこちら

時間帯によっては通信速度が遅くなる可能性がある

WiMAXホームルーターを使っていると、時間帯によっては通信速度が遅くなることがあります。

特に、多くの人がインターネットを使う時間帯、例えば夜や休日の昼間などに起こりがちです。

なぜこんなことが起こるかというと、車の渋滞が発生するのと同じで、多くの人が同じ時間にインターネットを使うとネットワークが混雑して通信速度が落ちる、というわけです。

混雑する時間帯に通信速度が落ちるのは、WiMAXに限らず光回線でも起こります。

対策としては、夜の時間帯は使用を避けるのが最も簡単ですが、なかなかそうはいかない人も多いかもしれません。

もし、アプリの更新などで大量のデータをダウンロードする必要があるといった場合には、日中に済ませておくことも考えましょう。

短期間に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかる場合がある

WiMAXのホームルーターは、短い期間でたくさんのデータ通信を行うと、速度が遅くなる可能性があります。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
<お知らせ>
これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

引用元:UQ WiMAX

UQ WiMAXの公式サイトに上記の記載がありますが、具体的にどのくらいの期間でどのくらいのデータ通信があると速度制限がかかるのかは明記されていません。

実際には、速度制限はないという以下のような口コミもあります。

お客様より「WiMAXって本当に通信制限(速度低下)なくなったの?」という相談があったので、実機で検証してみました🏠
【結論】速度制限はされなかった
です。
昨日まで3日連続で毎日100GB以上使いましたが、その間も今日も一切制限された様子はありませんでした。
40〜70Mbps出てたので、十分な速度といえます。
固定回線の平均使用量は約150GBといわれてますので、WiMAXでも十分固定回線の代わりになりそうですね。
光回線は工事が面倒だなと思う方は、WiMAXを検討しても良いのではないでしょうか?
引用:X(旧Twitter)

よほど短期間に大量のデータ通信をしない限り、速度制限がかかる可能性は低いと思われます。

ただ、速度制限がかかったという口コミもいくつか見られましたので、一度にギガを使いすぎたと感じた場合は、翌日の使用量を控えめにするなど気を付けた方が良いかもしれません。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

WiMAXホームルーターの申し込み手順


出典:UQ WiMAX

ここでは、WiMAXのホームルーターの申し込み手順をご紹介します。

なお、ご紹介するのはUQ WiMAXで「新規機種+SIM」を申し込む場合の手順となっています。

申し込みは、WEBなら好きな時間に手続きができるので、公式サイトから行うのがおすすめです。

公式サイトでの申し込み方法を、順に解説していきます。

公式サイトからホームルーターを選択


出典:UQ WiMAX

まずは、UQ WiMAXの公式サイトにアクセスし、「新規機種+SIMのお申し込み」からホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME 5G L13を選択しましょう。

旧機種については新規購入が終了していますので、2024年2月現在、選択できるホームルーターはSpeed Wi-Fi HOME 5G L13のみです。

契約プランを選ぶ


出典:UQ WiMAX

料金プランは、ギガ放題プラスSかギガ放題プラスS Netflixパックの2種類から選べます。

Netflixで動画を楽しみたい方は、ギガ放題プラスS Netflixパックを選択しましょう。

支払い方法を設定


出典:UQ WiMAX

支払い方法は、クレジットカードまたは口座振替のいずれかとなっています。

口座振替の場合は本人確認書類の提出などが必要になるので、手続きが簡単なクレジットカードの方がおすすめです。

どちらを選んだかによって申し込み完了までの手続きが異なるので、以下を確認しておいてください。

クレジットカードの場合
  1. 入力した携帯電話番号宛てに届いたSMSに記載された開通コードを確認
  2. 「お申し込み完了」の画面またはSMSに記載の専用Webサイトで開通コードを入力
  3. 加入審査後、手続き完了のメールが届く
口座振替の場合
  1. 以下の本人確認書類を提出
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード
    • 健康保険証+補助書類
  2. 加入審査後、手続き完了のメールが届く

※2020年2月より発行の新型パスポートについては、補助書類が必要

端末代金の支払い方法を決める


出典:UQ WiMAX

端末代金の支払い方法を、一括払いにするか分割払いにするか決めましょう。

分割払いは36回払いとなっており、もし分割払いの途中でUQ WiMAXを解約した場合は、端末代金の残債を支払うことになるので注意してください。

ホームルーターが届いたら設定を行う

申し込み後、最短2~3日でホームルーターが届きますので、設定を行ってください。

インターネットに接続するまでの設定手順は以下のとおりです。

  1. ホームルーター本体にSIMカードを差し込む
  2. ACアダプタの電源プラグをコンセントに差し込み本体とDCプラグを接続
  3. スマホやパソコンのWi-Fi設定画面を開き、SSIDを選択
  4. ネットワークパスワードを入力しWi-Fi接続

このように、インターネットを手軽に開通できるのがホームルーターの大きなメリットです。

すぐにインターネットが必要な人は、WiMAXのホームルーターを検討してみてください。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

au・ドコモ・ソフトバンクのホームルーターと料金や速度を比較

WiMAX以外のホームルーターとも比較していきましょう。

au・ドコモ・ソフトバンクのホームルーターとWiMAXのホームルーターを比較してわかったことは、下記のとおりです。

WiMAXのホームルーターは、自宅以外でもコンセントがあれば利用できます

他社のホームルーターは登録住所以外での使用を禁止されているため、使い勝手の面ではWiMAXのホームルーターが優れていると言えるでしょう。

ただ、通信速度を重視するのであれば、ドコモのホームルーターであるhome 5Gがおすすめです。

ここからは、WiMAXのホームルーターと他社のホームルーターを比較した結果について詳しく解説していきます。

ホームルーターランキングを見る

WiMAXは実質料金が安く自宅以外でも利用できて使いやすい

WiMAX
(GMOとくとくBB)

au ホームルーター 5G
(公式)

Speed Wi-Fi HOME 5G L13 Speed Wi-Fi HOME 5G L13
最大通信速度:4.2Gbps 最大通信速度:4.2Gbps
実質月額料金:4,228円 実質月額料金:4,631円
契約住所以外での利用:可能 契約住所以外での利用:不可
ドコモ home5G
(ITX)

ソフトバンクエアー
(モバレコエアー)

home 5G HR02 Airターミナル5
最大通信速度:4.2Gbps 最大通信速度:2.1Gbps
実質月額料金:4,779円 実質月額料金:3,384円
契約住所以外での利用:不可 契約住所以外での利用:不可

※料金は税込表示です。
※実質月額料金は3年間利用した場合の金額です。
※実質料金={(初期費用+端末代+月額料金×契約期間)-(キャッシュバック金額+月々割×契約期間)}÷契約期間で計算。

WiMAXのホームルーターは、実質料金も安く、通信速度も充分にあるのでおすすめです。

また、WiMAXは自宅以外でもコンセントさえあれば利用できるので、旅行や出張といったシーンにも役に立ちます。

料金と速度のバランスや、使い勝手の良さを求める方は、WiMAXのホームルーターを選びましょう。

実質料金では、ソフトバンクエアー(モバレコエアー)が最安となっていますが、端末の通信速度が他社と比べて遅いです。

もし、速度を気にしないのであれば、ソフトバンクエアー(モバレコエアー)も選択肢になります。

モバレコエアーの評判をチェック

速度重視ならドコモ home 5Gがおすすめ

とにかく通信速度は速い方がいいという人には、ドコモ home 5Gをおすすめします。

下記は、ホームルーターの平均通信速度を比較した表です。

WiMAX(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
下り: 157.78Mbps
上り: 25.01Mbps
Ping値: 43.84ms
ドコモ(home 5G HR02)
下り: 171.12Mbps
上り: 19.15Mbps
Ping値: 52.69ms
ソフトバンクエアー(Airターミナル)
下り: 113.24Mbps
上り: 10.88Mbps
Ping値: 45.63ms

※2024/02/29時点・みんなのネット回線速度を参照

実際の速度を見ると、ドコモのホームルーターは他社より速いことがわかりますね。

料金は他社と比べると高くなってしまいますが、通信速度を重視するのであれば、ドコモ home 5Gを検討しましょう。

ドコモhome5Gの評判をチェック

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

WiMAXホームルーターは遅い?繋がらない?実際に利用している人の評判・口コミ

WiMAXホームルーターの評判をまとめると、下記のようになります。

WiMAXホームルーターは、設置の手軽さやコストパフォーマンスの良さが評価されているようです。

一方で、急に遅くなるといった通信速度の不安定さがあるという、悪い評判もありました。

ここからは、WiMAXのホームルーターについて、良い評判と悪い評判を見ていきましょう。

良い評判|開通が簡単で速度も料金も満足

WiMAXホームルーターについての良い評判は以下のとおりです。

回線は個人でWiMAXのホームルーター契約した!
回線引かないやつ
都心だから結構早いよ!
引用:X(旧Twitter)
俺もマンションに回線通ってなくて工事もできないんだけど、持ち運びWiMAXのホームルーター版もあって使用状況によって速度制限とかもあるけどプランによっては無制限だし俺も使ってる

普通にエペやれるくらいのスピードは出るよ
引用:X(旧Twitter)

wimaxでも100mbpsくらいでるし原神快適にできてます!
部屋が暑くてホームルーターが熱くなると20mbpsくらいになるけど
引用:X(旧Twitter)

WiMAXのホームルーターは回線工事の必要がなく手軽に設置できるので、1人暮らしの方に評判が良いようですね。

また、「Apex」や「原神」といったゲームも問題なくプレイできている、という声もあります。

実際の使用感が気になる方も多いと思いますが、UQ WiMAXには15日間のお試しができるTryWiMAXというサービスがありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

悪い評判|急に遅くなったりするので困る

WiMAXホームルーターの悪い評判も見ていきましょう。

ホームルーターは謎が多い。
玄関に置いてたら全然繋がらなかったのに、ゲームとPCが置いてある部屋の角のテレビ台に場所を変え、近距離モードにしたらめちゃ速くなった。玄関からテレビ台は3歩くらいの距離なのに。。あとたまにシャットアウトして一気に繋がらない時がある。。
引用:X(旧Twitter)
WiMAXのホームルーター、アップロード速度が2M切って推奨環境に届かないのなんとかならんかな😭
引用:X(旧Twitter)
WiMAX+5Gのホームルーターが夜の時間帯使い物にならないくらい遅くなるからGalaxy Mobile Wi-FiにSIM差し替えてband固定するしかねえな…..
引用:X(旧Twitter)

ルーターの設置場所によって、通信速度が落ちたり、逆に改善したりと不安定であるといった声がありました。

また、夜の時間帯になると通信速度が遅くなるという声も多いようです。

WiMAXにはプラスエリアモード(月額1,100円・税込)という、より広いエリアで高速通信が可能になるオプションサービスもあるので、通信速度が改善しない場合は利用してみるのも良いでしょう。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

WiMAXのホームルーターに関するよくある質問

WiMAXのホームルーターについてよくある質問は下記のとおりです。

1つずつ回答していきます。

遅くなった時の対処法についてもご紹介していますので、まだ利用を検討中の方にも参考になれば幸いです。

遅い・繋がらない時の対処法はありますか?

WiMAXのホームルーターが遅くなったと感じる時や、ネットに繋がらない時は、次の対処法を試してください。

  • ホームルーターを再起動する
  • ホームルーターの設置場所を変える
  • 夜など混雑する時間帯を避ける
  • カスタマーサポートに問い合わせる

まずは、ホームルーターの再起動を試してみてください。

コンセントを抜き数分待ってから再び電源を入れると、速度が改善する可能性があります。

壁際は電波が届きにくいので、ホームルーターを遮蔽物の少ない部屋の中央に置くことも有効です。

また、夜はインターネットの利用者が増える傾向にあるので、ネットワークが混雑して速度が落ちる場合があります。

混雑する時間帯を避ける、大容量ファイルのダウンロードなどは日中に済ませておくなどの対策をすると良いでしょう。

上記を試しても改善しない場合は、問い合わせ窓口に相談してください。

問い合わせ先は以下のとおりです。

UQ WiMAXを契約中の場合
電話番号:0120-929-777
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
チャット:WEBチャットはこちらから
UQコミュニケーションズ以外の事業者で契約の場合
サービス提供事業者への問い合わせ先を確認

ホームルーターとモバイルルーターはどちらがいいですか?

基本的に、外出先でもインターネットを利用するならモバイルルーター、インターネットの利用は自宅のみであればホームルーターを選びましょう。

ただし、より通信が安定するのはホームルーターです。

WiMAXのホームルーターは契約した住所以外でもコンセントがあれば使用可能ですので、自宅以外で仕事をしたい方はホームルーターがおすすめと言えます。

WiMAXのホームルーターは持ち出して使えますか?

WiMAXのホームルーターは、ドコモやソフトバンクのホームルーターと違い、自宅以外でも使用できます。

持ち出して使ったとしても、ペナルティはありません。

旅行先や出張先でも使えますので、ちょっと自宅を空けるというシーンに便利です。

WiMAXのホームルーターでゲームはできますか?

WiMAXのホームルーターでもゲームはプレイ可能です。

ただし、光回線と比べPing値が高いので、ラグが発生する場合があります。

FPSTPSなど、応答速度が求められるゲームには、Ping値の低い光回線の方が向いているでしょう。

ピンポイントエリア判定は利用できますか?

ピンポイントエリア判定は利用できなくなりました。

従来のピンポイントエリア判定では、WiMAXの通信状況を「〇」・「〇~△」・「△」・「×」の4段階で判定していました。

2024年2月現在は、対応サービスエリアマップでお住まいの地域の通信状況を調べることができます。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

まとめ

WiMAXのホームルーターは、工事不要でインターネットを開設できる便利な機器です。

また、他社のホームルーターと比べて通信速度と実質料金のバランスが良く、自宅以外でもコンセントがあれば利用できるというメリットもあります。

光回線よりも手軽に導入できるため、1人暮らしの方や引っ越しが多い方におすすめです。

ただし、通信の安定性では光回線よりも劣ります。

本格的なeスポーツなどをストレスなく楽しみたいのであれば、WiMAXのホームルーターよりも光回線が向いているでしょう。

\新規契約で17,820円キャッシュバック!/

>UQ WiMAXの評判を確認してみる
>Try WiMAXの評判を確認してみる

この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次