ドコモホームルーターhome5Gはおすすめ?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

ドコモのホームルーター「home 5G」評判をチェックすすると、通信速度が速い、料金が高いといったメリットやデメリットがわかりました、

2024年4月現在、ドコモのホームルーター端末価格は、次のとおりです。
「home 5G HR02」→71,280円
「home 5G HR01」→39,600円(販売終了)

ドコモホームルーターの月額料金は4,950円の1プランで、36ヶ月間継続利用すると端末代が実質無料になります。

全国どこでも安定したドコモ回線を利用できて、最大4.2Gbpsの高速通信が可能なことが最大のメリットといえます。

しかしホームルーターとしては高額な月額料金と端末代金がデメリットといえます。

実はドコモのホームルーターはドコモの公式サイトからだけでなく、代理店や家電量販店で申し込みできます。

どこで申し込んでも月額料金や通信品質速度は変わりません。

大きく違うのは購入時に適用されるキャッシュバックなどのキャンペーンです。

高性能なドコモのホームルーターを少しでもお得に使うためには、申込窓口をよく選ぶ必要がありますね。

ドコモホームルーターを一番お得に購入できるキャンペーン情報はこちらの記事でより詳細に解説しています。

この記事では・・・ドコモのホームルーターの基本情報として

これらについて詳しく解説していきます。

また、同じドコモから提供されている光回線ドコモ光」との比較もしていますので、固定回線とホームルーターのどちらにするか迷っている人もぜひ参考にしてください!

\現金15,000円キャッシュバック!/

ITX|ドコモhome 5G申し込みサイト」はこちら

ドコモhome 5Gキャンペーン詳細はこちら

おすすめ窓口 キャンペーン概要

ITX(アイ・ティー・エックス)
  • オプションなしで最短翌々月末に15,000円現金キャッシュバック
  • 端末代実質無料(月々サポートで36ヶ月間1,980円割引)

NNコミュニケーションズ
  • 複雑な条件一切なし!最短1ヶ月で15,000円現金キャッシュバック
  • 端末代実質無料(月々サポートで36ヶ月間1,980円割引)
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
  • Amazonギフト券20,000円分プレゼント
  • 端末代実質無料(月々サポートで36ヶ月間1,980円割引)


【他社のホームルーター(置くだけWiFi)の評判】

【最新ニュース】
【home 5G乗り換えキャンペーン開始!】
乗り換えキャンペーン
出典:ドコモオンラインショップ

2023年10月1日より、他社からの乗り換え時、「違約金/端末残債」のうち最大22,000円分をプレセントするキャンペーンが始まりました。こちらはどの窓口から申し込んでも使える共通キャンペーンですので、他社から乗り換える際にはぜひ活用してくださいね!

過去のニュースはこちらから※クリックすると開きます

【29歳以下は最大12ヶ月間の月額料金から1,760円割引(1ヶ月あたり30GB以下の通信の月のみ)】

NTTドコモでは2023年7月1日より29歳以下の新規契約者を対象として、ホームルーター「home 5G」の月額料金が最大12ヶ月間、当月の利用のデータ量が30GB以下の場合、月額料金から1,760円割引となる「home 5G U29デビュー割」のキャンペーンを開始しました。

月間データ利用量が30GBを超えた場合、割引は非適用となりますが、割引が非適用となった月についても、初回割引適用月を1か月目とした割引期間に含めて起算するため、割引を最大に活用したい方は毎月のデータ利用量に注意が必要です。

【iPhone15の予約・購入は便利なオンラインショップがおススメ】

Appleの最新iPhone(iPhone15/Pro/Pro MAX)は2023年9月に発売されました

購入を検討されている方は店舗で購入するよりも、オンラインショップでの購入がおすすめです。

なぜなら各キャリアの割引特典+最速での予約が可能だからです。

キャリア 特長

ドコモ
  • 2年利用後の返却でiPhone半額
  • 通信品質が高い!
  • 実店舗が豊富でサポートが受けやすい
  • dポイントが貯まる!
>ドコモでiPhone15を予約する

au
  • Pontaポイントユーザーにおすすめ!
  • 適用範囲が広い!iPhone購入時5,500円割引実施中
>auでiPhone15を予約する
ソフトバンク iphone15 予約
ソフトバンク
  • PayPayポイントが貯まる!
  • 家族で使う割引サービス充実
>ソフトバンクでiPhone15を予約する
楽天モバイル iphone15 予約
楽天モバイル
  • iPhone価格が4キャリア最安
  • 楽天経済圏の方におすすめ
>楽天モバイルでiPhone15を予約する
>iPhone15を予約する流れや在庫の確認方法

ドコモのホームルーターhome 5GはNTTドコモのスマホとのセット割で通信費(ネット+スマホ)を安くすることができます。

スマホセット割

出典:ドコモオンラインショップより

この機会に、是非iPhoneへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

目次

ドコモのホームルーターhome 5Gの特徴とメリット

ドコモhome5
出典:home 5G|アイ・ティー・エックス株式会社

ホームルーターhome 5Gのおすすめポイント

  • コンセントに挿すだけで利用可能
  • データ量無制限
  • 5G高速通信対応

ホームルーターhome 5Gは、大手キャリアのNTTドコモが提供しているホームWi-Fiルーターの事を指します。

スマホの通信速度が従来の4Gから5Gに通信回線速度へと切り替わった時によく耳にしたこの5Gですが、今では自宅で利用するホームルーターでもこれが採用されたものが発売されています。

設置・契約に工事が必要な光回線と違って、ホームWi-Fiルーターを利用するにあたっては特殊な工事などが一切必要ありません。

誰でも簡単に、コンセントに差し込むだけで自宅に5G対応のホームWi-Fiルーターを設置することができるのです。

中でも今回紹介している「ドコモのホームルーターhome 5G」は、回線速度の速さがウリとなっています。

その為、5G通信の回線を利用して快適にWi-Fiを利用したい人にとっては「ホームルーターhome 5G」が最適だといえるでしょう。

勿論通信大手のNTTドコモが販売しているものなので、どこでも比較的快適に通信が可能です。

沢山使うと回線速度が遅くなってしまうのでは…と心配している人も、ホームルーターhome 5Gではデータ量無制限となっているので速度制限を気にすることなく利用することができます。

また、ドコモを普段から利用しているユーザーであれば、限定割引特典が付いてくるので、毎月の月額料金が永年最大で1,100円も安くなるので特におすすめです!

ドコモホームルーターhome 5G容量無制限の料金プランは他社と比べても高くない

一般的に性能が高いが料金も高いと思われがちなドコモですが、ホームルーターという分野については実は他社と比較しても決して高い金額ではありません。

結論から言うと、月額料金は他社と比較しても安い部類で、初期費用や端末代金はWeb申し込みや割引で実質的に無料です。

本体保障やパソコンのセキュリティオプションもセットでおトクになりますし、ドコモのスマートフォンをご利用の方は、スマートフォンの利用料金が月々550~1,100円安くなる割引もあります。

このように料金面でもかなり一押しなのがドコモホームルーターhome 5Gとなっています。

では実際にそれぞれ詳しく見ていきましょう!

ドコモホームルーターhome 5Gの初期費用と月額料金

ドコモのホームルーターhome 5Gは初期費用と月額料金を合わせたものとなっています。

ではまず、それぞれの金額について詳しくご紹介してきましょう。

月額料金 4,950円(税込)
契約事務手数料 3,850円(税込)
※オンラインショップの契約で手数料無料
端末代金 71,280円(税込)
※実質無料

これだけ見ると、初期費用としてかなり金額が発生するのでは?と思う人もいますよね?

端末代金の71,280円(税込)は月々サポート割引により実質無料となります。

そのため初期費用として必要となるのは3,850円(税込)のみとなります。

この3,850円もオンラインショップでの契約であれば契約事務手数料がかからない為、初期費用がまるまる実質無料となることも。

しかし、端末代金の割引は1,980円×36回となっているので、3年以内での解約は残りの金額を支払うことになる点に注意しましょう。

契約期間は設けられていませんが、実質的には3年契約という事になります。

また、ドコモhome 5Gの月額料金プランは他社と比べても安いのが特徴です。

実際に大手4社のホームルーターと金額を比べてみたものが以下の表になります。

ドコモhome 5G 4,950円(税込)
WiMAX+5G 4,950円(税込)
ソフトバンクエアー5G 5,368円(税込)
auのホームルーター5G 5,170円(税込)

もし3年以上利用するのであればWiMAX+5Gの「WiMAX +5G割」で契約当月から13カ月は4,268円(税込)で利用できます。

月額料金(割引前) 4,950円(税込)
WiMAX +5G割 682円(税込)
割引後料金 4,268円(税込)

引用元:ギガ放題プラスS|UQ WiMAX

「WiMAX +5Gはじめる割」では25か月まで上記割引でしたが、残念ながら2023年5月31日で終了となり、2023年6月1日からは「WiMAX +5G割」に変更で13か月までと割引期間が短くなってしまいました。

ドコモhome 5Gは端末代分割分の割引はありますが、WiMAX+5Gのような月額基本料金そのものの割引はありませんので、13か月間は割高です。

ただ、WiMAX+5Gと比較してドコモの安定した通信環境利用できることを考慮すれば、十分値段分の価値があります。

home 5G パックで本体保障からパソコンの基本セキュリティまでしっかりカバー

ドコモhome 5Gではオプションの「home 5G パック」というプランがあります。

ケータイ補償サービス 月額:550円(税込)
故障・水濡れ・盗難・紛失など1年間に2回までの保証
故障した機種の修理代金や、データ復旧代金のサポート付き
ネットワークセキュリティ 月額:385円(税込)
ウイルス、スパイウェア、危険サイト、不正アクセスなどからパソコンを保護
セット料金 通常月額935円(税込)→ 月額770円(税込)

スマホの契約時にもよく提案されると思いますが、水濡れや故障の際に保証してくれるサービスとネットに対するセキュリティ対策をしてくれるのがこの「home 5G パック」になります。

加入は任意になりますが、故障やセキュリティの面で不安がある方はこのオプションサービスを活用しましょう。

同時加入の際には通常月額料金935円(税込)が165円お得になります。

ドコモhome 5Gは解約違約金が0円

契約するにあたって解約時の解約金があるのかも気になるところですよね。

ドコモhome 5Gは解約違約金が0円となっています。

他社と違って契約期の縛りそのものが無いため、いつ解約しても解約違約金は発生しません。

また、ドコモhome 5G本体端末もレンタルではなく利用者が購入したものになるため返却の必要もないです。

1点注意するとすれば、解約違約金は無くても3年以内の解約では割引で実質無料の36回払いとなっている本体代金の残りが一括で請求されるという点です。

ここさえクリアしてしまえば、本当にいつ解約しても解約に関する違約金は発生しません。

詳しい解約手続きについては「ドコモのホームルーターhome 5Gの解約方法は?」で説明していますので、こちらの項目をご覧ください。

ドコモのスマホユーザーなら「ドコモhome 5Gセット割」でスマホの利用料がおトクに!

ドコモhome 5Gを契約しているドコモのスマホユーザーの人は「ドコモhome 5Gセット割」が適用になります。

適用プラン 割引金額
5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
ギガライト(3GB超)
1,100円(税込)
5Gギガライト(1GB超)
ギガライト(1GB超~3GB)
550円(税込)

※同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用
※「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用

ドコモhome 5Gセット割の対象は「home 5G」契約者と同じ「ファミリー割引」グループのスマホ回線です。

最大で20回線まで適用することができます。

ただし、両方のプランに申し込みしているからと言って勝手に適用されるものではない為、必ず申し込みが必要となります。

セット割は電話かショップでの申し込みとなります。

店頭でhome 5Gを購入しようと考えている人は、申し込み忘れもなく安心できますが、オンラインショップ等で購入した人は手続きを忘れないようにしましょう。

店頭で手続きをする場合は免許証やマイナンバーカードといった本人確認書類を必ず持っていきましょう。

既にギガプランとhome 5Gを契約していて、セット割の申し込みのみ行うのであれば、電話申し込みが最も簡単に手続きを行うことができます。

  • ドコモの携帯から電話する場合:151
  • 一般電話から電話する場合:0120-800-000
  • 営業時間:9:00〜20:00(年中無休)

また、「ドコモ光セット割」と「home 5G セット割」は併用できなくなっているのと、ahamo利用者もこのセット割は適用外となりますのでご注意ください。

料金に関する評判・口コミ

ドコモhome5Gは他の回線に比べるとお得に利用できると触れましたが、実際に利用してみた人は、この月額料金についてどう感じているのでしょうか?

結論から言うとこの回線速度でこの料金は安い!と感じる人もいれば、ちょっと高いな…と思う人もいるという結果に。

docomoのhome 5G、クSoftBank Airの40倍近い速度出て笑う。しかもソフトバンクの方が月額千円以上高い。
引用:Twitter

現状、ドコモhome5Gは月額料金4,950円(税込)で、ソフトバンクエアー5Gは5,368円(税込)の料金設定となっています。

この投稿者さんの場合は、高い金額を払っていた頃よりもドコモhome5Gを利用し始めた時の方が回線速度は上がったようです。

住まいの地域によっては電波の入りにくい、入りやすいの差はあると思うので、このような事が起こる可能性もあります。

もう通信量を気にしない生活!
いいね!HOME 5Gちょっと高いけど!
引用:Twitter

ドコモhome5Gは無制限で通信料を気にせず利用することができます。

使いすぎると通信制限がかかってしまい、通信速度が極端に落ちるものと比べるとかなりストレスフリーでインターネットを利用することが可能です。

5Gをデータ量無制限(場合により速度が遅くなることもある)で利用できるのは現状「ドコモhome5G」「WiMAX」「ソフトバンクエアー」のみとなっていますが、料金だけで比べると確かにドコモhome5GよりWiMAXの方が安価です。

それぞれのキャッシュバックキャンペーン等によってさらにお得に購入できたりすることもあるので、契約する前に各種キャンペーン情報をしっかりとチェックしましょう。

もしかすると料金設定以上に気に入る点があって多少高くてもこっちを…!となることもあるかもしれません!

現在開催中のドコモhome5Gキャンペーン情報については「ドコモのホームルーターhome 5Gの契約から利用方法まで」で詳しくご紹介していますので、併せてご覧ください。

ドコモホームルーターhome 5G【HR02】のスペック

hr02
※出典:ドコモ公式サイト

製品名称 home 5G HR02
発売日 2023年3月7日
対応回線 5G/4G
通信最高速度 下り(5G):4.2Gbps
下り(4G):1.7Gbps
料金プラン home 5Gプラン:月額4,950円(税込)
同時接続可能台数 65台
サイズ(高さ:幅:厚さ) 約170mm:約95mm:約95mm
重量 約847g

ドコモhome 5Gの申し込みサイトで現在利用できるホームルーターは「HR02」と呼ばれる機種です。

特徴は以下の3点となっています

  1. 4本のアンテナから最適なものを選択することで安定した通信を実現
    • 本体内に4つのアンテナが4方向に配置されています。
      さらにその4つなかから最も好条件なアンテナが選択され通信を行うことで、高速で良好な通信が期待できます。
      ※障がい物の有無、建物の材質や電波状況など、利用環境によっては電波が届かない場合があります
  2. 自宅内で快適な高速通信を実現するためのWiFi規格を採用
    • 従来のWiFiよりも高速で複数の機器に接続しても安定しているWiFi6という規格を採用しています。
      さらに、対応したルーターを別途用意することで「HR02」のWiFiを中継し、今まで自宅内でWiFi電波が届きにくかった場所へもWiFiを届けることができます。
      ※WiFi6の性能を最大限引き出すには、パソコンやスマートフォンなどの受け手側がWiFi6に対応していることが必要です
      ※障がい物の有無、建物の材質や電波状況など、利用環境によっては電波が届かない場合があります
  3. 利用開始はコンセントにつなぐだけ。スマホならQRコードで接続も簡単
    • 固定回線と違い工事は不要ですので、nanoSIMカードを挿入してコンセントにつなげばすぐに利用開始できます。
      また、本体底面に接続設定用のQRコードがついていますので、スマートフォンで読み取ることで簡単に接続が完了します。

安定したWiFi環境が簡単に用意できるため、機械が苦手だという方でもそれほど苦労することなく利用することが可能です。

また、肝心の速度面ですが、大手4社のホームルーターで上りと下りの最高回線速度を比較してみました。

ドコモhome 5G 下り速度:4.2Gbps
上り速度:183Mbps
WiMAX+5G 下り速度:2.7Gbps
上り速度:218Mbps
ソフトバンクエアー5G 下り速度:2.1Gbps
上り速度:非公開
auのホームルーター5G 下り速度:2.7Gbps
上り速度:183Mbps

こうしてみてみるとわかるように、5G状況での下り(ダウンロード時)回線はドコモhome 5Gが他社に比べると早いという事がわかりますよね。

5Gを利用し、安定した下り回線を契約したいと考えている人はドコモhome 5Gがおすすめと言えます。

下りの回線は、皆さんがよく使う動画のダウンロードで利用する人も多いと思います。

また、通信制限も無いためストレスなく利用することが可能です。

高速ドコモ回線利用で通信速度は速い

ドコモhome 5Gは回線速度が速いとお話したと思いますが、実際のところ他社とはどれくらいの違いがあるかご存じですか?

以下は実測値の比較です。

ドコモhome 5G 下り速度: 192.21Mbps
上り速度: 20.17Mbps
WiMAX+5G 下り速度: 105.48Mbps
上り速度: 14.43Mbps
ソフトバンクエアー5G 下り速度: 98.98Mbps
上り速度: 9.21Mbps
auのホームルーター5G 下り速度: 109.92Mbps
上り速度: 9.58Mbps

※2024/04/23現在、みんなのネット回線速度(みんそく)を参照

実測値の比較でもドコモの速さがはっきりと表れた結果になっています。

しかしながら「当日を含む直近3日間のデータ利用量がとくに多いお客さまは、それ以外のお客様と比べて通信が遅くなることがあります。」といった案内が公式サイトにあるので、場合によっては通信制限に似たような状態になることも考えられます。

実際の利用者が速度についてどのように感じているかは「ドコモのホームルーターhome 5Gの評判・口コミから分かる注意点やデメリット」の項目でご紹介していますので、併せてご覧ください。

ドコモホームルーターhome 5Gのエリアは全国対応

ドコモhome 5Gは原則日本全国すべての都道府県で利用できます。

これはドコモhome 5Gが、4G LTEと5Gの両方で通信が可能だからです。

日本全国広く繋がるドコモの4G LTEエリアは、人口カバー率99.9%となっていますので、山間部など非常に電波が入りにくい地域を除いてほとんどの方が利用可能です​​。

詳しい対応エリアについては、ドコモ公式サイトのサービスエリアマップで確認することができます。

契約期間の縛りや解約金がない

ドコモhome 5Gには契約期間の縛りや解約金がありません。

契約期間の縛りが無いという事は、解約時に違約金の発生が無いということです。

しかしながら、端末代金を分割払いにしている人はこの限りではないので注意が必要です。

本体端末実質無料キャンペーンを適用している人は、3年以内の解約だと残りの端末代金を支払う必要があります。

この3年を過ぎてしまえば、解約時に違約金の発生もなく解約することができるようになっています。

クレジットカードと口座振替に対応

ドコモhome 5Gはスマートフォンと同じく支払方法がクレジットカードと口座振替の2種類用意されています。

例えばホームルーターで有名なGMOとくとくBB WiMAXの場合ですとクレジットカードしか対応していません。

ドコモ以外にもauやソフトバンクでは口座振替も利用可能となっていますので、大手キャリアならではのメリットだということができるでしょう。

クレジットカードを利用したほうがカード会社のポイントが貯まるなどのメリットがありますが、クレジットカードは使いたくないという方も口座振替でホームルーターが利用できるのは安心ですね。

ドコモのホームルーターhome 5Gの評判・口コミから分かる注意点やデメリット


では、ドコモhome 5Gを利用する際に、ユーザーの口コミから考えられるデメリットとは一体何があるのでしょうか?

通信速度が速いと言われているドコモhome 5Gですが上りのアップロード回線は回線速度が遅く、上りをメインに考えている人にとってこの点は最大のデメリットとなります。

それ以外にもいくつかデメリットがあるので、ここでは3つのデメリットについてご紹介していきます。

  • マンションの場合は光回線の方が月額料金が安い場合もある
  • 上りの回線速度が遅い
  • 契約期間の縛りは無いが実質3年契約

メリットだけでなく、デメリットにも目を向けることで本当に自分に合った回線なのかを確認してみましょう!

このデメリットを踏まえてドコモhome 5Gがおすすめでない人もまとめていますので合わせてご覧ください。

マンションの場合は光回線の方が月額料金が安い場合もある

home≫5Gいいじゃん!と思ったけど月額料金がマンションの場合は固定回線のほうが安いから「あぁ…」ってなった。

あとは技術的に上りが弱いのも弱点かな。
引用:Twitter


このような口コミを見かけました。

では、固定回線である同じドコモから販売されている「ドコモ光」の料金と比べてみましょう。

ドコモhome 5G ドコモ光
料金 4,950円(税込) マンション:4,400円(税込)
戸建て:5,720円(税込)
諸費用 端末代金:71,280円
※実質3年利用で無料
通常16,500~19,800円
※キャンペーンで無料
契約期間 なし
※実質3年契約
2年間
解約金 なし
※3年以内なら端末残価
マンション:4,180円(税込)
戸建て:5,500円(税込)

こう見ると、確かにドコモhome5Gの月額料金よりもマンションに住んでいる人はドコモ光の固定回線の方が月額料金が安くなっているのがわかります。

「だったら、マンションに住んでいる人は全員ドコモ光を契約すればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、そうもいきません。

ドコモ光は契約期間が2年間あったり、解約に関する費用が発生したりとドコモhome 5Gとはまた違った契約システムとなっています。

一方で、マンション自体に既に光回線が引かれていて、利用できる場合はわざわざドコモhome 5Gを契約しなくても工事をせずにドコモ光を利用することができたりもします。

自分の生活スタイルや、そこに2年以上住むかどうかなど、固定回線を利用するにあたってもおすすめできる人とできない人がいるので、まずは自分がドコモ光などの固定回線を利用するにあたって適しているかを考えましょう。

詳しくは「ドコモ光とドコモhome5Gはどっちが良い?」で実際にドコモhome5Gとドコモ光について比較し、どちらが良いのかについてお話していますので、ぜひご確認ください。

上りの回線速度が遅い

回線を新規に契約したり、今利用しているものから変更しようと考えている人にとって、気になるのはやはり速度についてではないでしょうか?

特に、今利用しているものよりも速度が速いものを求めている人にとっては、「ドコモhome5Gに変更したら逆に遅くなった」「逆に前よりも速いし夜の混みあう時間でも使えている」といった現在利用している人からの口コミは気になるところですよね。

「ドコモhome 5G」で「速度制限された」みたいなレビュー、なんか通信状況がいいのか悪いのかもよくわからないのが多い気がする。
ちなみに「ドコモのスマホが使える場所」が「高速安定通信できる場所」とは限らないので窓際とか移動してテストしてみた方がいいのでは。
引用:Twitter

SNSでドコモhome5Gの速度に関連する口コミを見てみると、確かにこの投稿者さんが仰るように、普段の通信速度が良い状態から急に悪くなったのかわからないものは多く見られる気がします。

普段、快適に使えている中で突然極端に遅くなったとあれば、それは「速度制限」となるかもしれません。

しかし、ホームルーターの置き場所によって電波の入りにくさというものは変わってくるので、あちこち移動させて回線テストしてみるのはおすすめです。

因みにホームルーターは携帯会社の基地局を通じてネット通信を行うので、電波が比較的通り安い窓際への設置がおすすめとなります。

床に直置きするのもあまりよくなく、1メートルから2メートルほど高い位置に設置できる場所を探してみましょう。

docomo home5G この時間でもこんだけ速い… Softbank Airは下りで7Mとかふざけた速度制限かけてきてたからホンマにクソだったわ…
引用:Twitter

この投稿者さんが電波状況を確認した時間は23時47分です。

夕方から深夜にかけての時間帯というのは、必然的にインターネットを利用する人の人数が増える時間です。

「ドコモhome5Gは速度制限なしなのにどうして夜になって遅くなったりすることがあるの?」と感じる人もいるかもしれませんが、これは速度制限ではなく回線が混雑することによる遅延となります。

ある程度は仕方がないと考えて利用するしかないというのが現状です。

因みに、、ドコモhome5Gは背面にLANポートが2つあるので、どうしても今は速い速度で使わないといけないという場合は有線LAN接続を試すと速度が速くなるかもしれません!

また、ドコモhome5Gの利用者は、下り(ダウンロード系)の速度には満足していますが上り(アップロード系)の速度はイマイチかな…といった意見が見られます。

それにしてもここ数日docomo home5gの速度が壊滅的に遅いのだがどうなっているのだろうか?

下りはそこそこだが上りが遅くてTeamsのミーティングがまともに出来ない
引用:Twitter


実はドコモhome5Gに限らずホームルーターはどちらかというと上りの回線が弱いという傾向にあります。

上りはアップロードに関連する通信を行うので、この方のようにTeamsのミーティングや在宅ワークといったものには不向きであるといえるかもしれません。

Web会議や大きなデータファイルの送信、オンラインゲームをしたり動画を投稿する側の人など、アップロード側の回線速度の速さを求めている人は固定回線の方が圧倒的に速い速度が出ます。

また、先程も述べたように有線接続することができるので、それを利用して状況に応じ上りの速度を確保することも試してみましょう。

契約期間の縛りは無いが実質3年契約

契約期間の縛りが無いドコモhome 5Gですが、端末本体の実質無料キャンペーンを利用すると実質3年契約と同じことになります。

本体料金1,980円×36か月=71,280円が割引によって実質無料となっているので、解約違約金が無い分3年以内の解約では残りの本体端末料金を支払う必要が出てきます。

いつでも解約することができるからと契約してしまった後、解約時に金額が発生して驚くことの無いように気を付けましょう。

登録住所以外では使えない

ドコモhome 5Gは使用場所を登録して利用します。

そのため、引っ越しをする場合は引っ越し手続きをしてから引っ越し先で電源を入れる必要がありますので、注意が必要です。

また、引っ越し手続きは原則月1回までとなっていますので、旅行や短期の出張で引っ越し手続きをしてすぐ戻すといった使い方はできません。

旅行や短期の出張で利用したい場合、こちらで紹介しているGMOとくとくBB WiMAXなら、電波が届く場所でさえあれば住所変更なしでどこでも利用が可能です。

詳しくはドコモ公式サイトのよくある質問「【home 5G】引越し先で利用したい」をご覧ください。

ドコモhome 5Gと他社を比較しておすすめのホームルーター

ここまでドコモhome 5Gのメリット・デメリットを見てきましたが、では他社のホームルーターはどうでしょうか?

最近では非常に多くの会社がホームルーターのサービスを提供していますので、ドコモhome 5Gにはない特徴を持つところもあります。

ここでは、そのような様々なホームルーターサービスからおすすめを2社ご紹介します。

おすすめ1位!GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB 出典:GMOとくとくBB WiMAX +5G公式サイト

月額料金 初月:1,375円
1~35ヶ月目:3,762円
3ヶ月目以降:4,807円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 27,720円(一括または770円×36回払い)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
キャッシュバック 【最大57,000円!】
通常:15,000円
他社からの乗り換え時:最大40,000円まで増額

指定オプション同時加入で
更に2,000円増額中!
3年間の合計費用(36ヶ月間)※1 110,110円
実質月額(36ヶ月間で計算)※1 3,059円
契約期間 2年
解約違約金 0円
プラスエリアモード 月額1,100円
支払い方法 クレジットカード
※金額はすべて税込で表記しています。
※1 キャッシュバック額は乗り換え時55,000円を想定して計算


GMOとくとくBB WiMAXはWiMAXプロバイダの中でも高額なキャッシュバック(最大41,000円)が特徴となっています。

こちらもhome 5Gと同様にデータ容量無制限で利用可能です。

契約期間は2年となっていますが、契約期間内に解約をしても解約金は不要なので安心です!

ドコモhome 5Gとの違いは、コンセントさえあればどこでも利用することができるという点です。

ドコモhome 5Gを他の場所で使用する際には住所変更が必須で月1回までしか行なえません。

一方GMOとくとくBB WiMAXは引越しで住所が変更になった時の住所変更は必要ですが、旅行先や出張、帰省先といったWi-Fiを使いたい場所でも気軽に環境を整えることができます。

\ 速度&料金のバランスNo. 1 /

おすすめ2位!モバレコAir

モバレコAir
出典:モバレコAir

月額料金 ・端末購入時
1-2ヶ月目:2,167円
3-24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目-:5,368円
・端末レンタル時
1-2ヶ月目:2,706円
3-24ヶ月目:4,218円
端末代金 ・端末購入時
71,280円
※月額割引で実質無料
・端末レンタル時
月額539円
事務手数料 3,300円
契約期間 なし
違約金 なし
データ容量 無制限
キャッシュバック 17,000円キャッシュバック
スマホセット割 ・SoftBank
・Y!mobile

モバレコAirはソフトバンクエアーと同じ品質で利用できるホームルーターで、かつソフトバンクエアーよりも安い金額で利用することのできるホームルーターです。

ソフトバンク・Y!mobileのユーザーはスマホセット割が適用され、1人あたり毎月最大1,188円の割引が適用されます。

また、ドコモhome 5Gと違い、購入だけでなくレンタルすることも可能となっています。

契約期間や違約金は無しですが、端末購入時の実質無料キャンペーンが適用されている場合、3年以内に解約すると残価を一括で支払う必要がある点に注意しましょう。

\端末購入かレンタルを選択可能!/

モバレコAir申し込みサイトはこちら

ドコモのホームルーターhome 5Gの契約から利用方法まで

ここからはドコモホームルーターhome 5Gをおトクに契約する方法から、実際にパソコンやスマートフォンを接続するところまでを詳しく解説します。

ドコモホームルーターhome 5Gは使用開始や接続方法が難しくないことも大きな特徴ですので、初めての方や機械があまり得意ではないという方でも、ここを見ていただければ利用することが可能です。

では早速見ていきましょう!

ドコモのホームルーターhome 5Gのキャンペーン情報をチェックする

最初に、ドコモホームルーターhome 5Gをどこで契約すればいいかを決めましょう!

当サイトでは、ドコモホームルーターhome 5Gのおトクなキャンペーンを毎月更新・掲載しています。

こちらの「ドコモhome5G全キャンペーン最新情報!お得な窓口を厳選紹介」からご確認いただければ、今おトクな代理店や窓口がどこなのかしっかりわかるようになっていますので、まずはこの記事をご確認ください。

今回は、「現金15,000円キャッシュバック」がある代理店「ITX」から申し込む方法をお伝えします。

代理店ITXからの契約手順

ドコモホームルーターhome 5Gの代理店ITXは、現金15,000円キャッシュバック月々サポートで端末代実質無料となることが特徴の代理店です。

トップページでは

「他社代理店が行うお客さまを惑わすキャッシュバック特典の最大表記を当社では行いません。また、キャッシュバック特典に申請期限がなく、手続きも簡単なので貰い忘れがありません!」
※出典:ITX公式サイト

とうたっています。

では早速契約手順を確認していきましょう!

参考:ITX公式サイト
ITX公式サイトへアクセスし、Web申し込みへ進む
howto1
②申し込みフォームへ必要事項を記入する
howto2

howto3

※指定された日または申込内容が確認取れ次第、電話がかかってきます。
③郵送されてくる「申込書類キット」へ記入し返信用封筒で返信する
自宅へ「申込書類キット」が届きますので、必要事項を記入の上、返信用封筒で返信します。

書類に不備があると開通まで余分な時間がかかってしまいますので、封筒を閉じる前にしっかり確認をしましょう!

④書類審査後、最終確認電話がかかってくる
ITXで「申込書類キット」の書類審査が行なわれ、最終認の電話がかかってきます。

⑤契約書類・ホームルーターが郵送される
割賦販売契約書・規約 等が同封された契約書類と、ホームルーターが別々に郵送されます。

郵送されるタイミングが違いますので、基本的には別々に届きます。

⑥利用開始!
これで手続きは完了です。

いよいよ利用開始となります!

工事不要!コンセントに挿すだけで利用可能

ドコモホームルーターhome 5Gは、固定回線と違って面倒な工事は不要です。

自宅に届いたら、nanoSIMカードを取り付けてコンセントに挿すだけで即日利用が可能です。

ホームルーターと同梱されている「かんたんセットアップマニュアル」に方法が記載されていますが、図や文字が若干小さいため、ここでも詳しく説明します。

参考:ドコモホームルーターhome 5G「HR02」かんたんセットアップマニュアルおよびドコモ公式サイト
①内容物の確認

  • ホームルーター本体
  • nanoSIMカード
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
  • かんたんセットアップマニュアル
  • ご利用にあたっての注意事項(保証書)

howto4

howto5
※nanoSIMカードがついているカードの模様は変更される可能性があります
不足しているものがあった場合は、0120-979-484へすぐに連絡してください。

②本体底面のnanoSIMカードスロットカバーを開く
本体の底に「nanoSIM」と書かれたふたがありますので、溝に指の先をかけて手前に引いてください。
howto6

③中に入っているカードトレイをゆっくりと引き出す
nanoSIMカードを入れるトレイが入っていますので、ゆっくりと引き出してください。

ひねったりすると簡単に折れてしまいますので、丁寧に取り扱ってください。

また、小さな部品ですので紛失しないように注意してください。
howto7
④nanoSIMカードを取り外す
プラスチックのカードについているnanoSIMカードを取り外します。

金色の部分(IC)に指紋や傷がつくとうまく読み取れない場合がありますので取扱いには注意してください。
howto8

⑤nanoSIMカードの金色の部分を下にしてトレイに取り付ける
図をよく見て切り欠きの方向に注意して取り付けてください。
howto9

⑥カードトレイを本体に差し込んでカバーを閉じる
トレイは「この面を上に」と書いてある側を上向きにしてゆっくりと、最後までしっかりと差し込んでください。

差し込んだら図の○部分(トレイとカバーそれぞれ)をしっかりと押して、隙間がないことを確認してください。
howto10

howto11

⑦設置場所を決める
見通しのいい、窓から近い場所に設置します。

直射日光が当たると夏場に温度が上がりすぎる可能性がありますので、できるだけ直射日光が当たらない場所にしてください。

底面の通気口から吸い込まれた空気が上部から吐き出されることで本体を冷却しますので、本体を何かに包むなどはしないでください。

⑧ACアダプタのDCプラグ側をホームルーターの電源端子に差し込み、電源プラグをコンセントに差し込む
電源を差し込んだあと、本体前面のLEDライトが指定のとおりにきちんと点灯することを確認してください。

正しく点灯しない場合は電源を差し込み直したり、設置場所を変更してみてください。
howto12
⑨完了!
これでホームルーターの設置は完了ですので、いつでもパソコンやスマートフォンを接続することができます。

次の項目でパソコンやスマートフォンとの接続方法を説明しますので、せひご覧ください。

ドコモhome 5Gとパソコン・スマホを接続する方法

いよいよホームルーターとパソコン・スマホを接続していきます。

それぞれ簡単に接続できるようになっていますが、機械が苦手という方でも安心なように細かく見ていきますのでご安心ください。

パソコン(Windows11)と接続する方法

今回はパソコンと接続するときに便利なWPS機能を使用します。

【最初に】パソコンのWiFi機能がONになっていることを確認する

設定を開始すると、2分以内に設定を完了させる必要があります。

WiFi機能がONになってさえいれば2分もかかりませんが、万が一OFFになっていると2分ではぎりぎりですので、事前に確認しておきます。

pc1
pc2
pc3
pc4
これで事前確認は完了です。

①ホームルーター背面のWPSボタンを長押しする
ホームルーター背面の一番上のボタン(WPSボタン)を1秒以上10秒を超えない程度長押しして離します。
howto13
成功すると正面の下から2つ目のWiFiランプが青く点滅します。
howto14
②パソコンのWiFi接続をする
howto15

howto16

howto17

howto18
③完了!
これでパソコンがホームルーターに接続できました。

この設定は基本的に最初の1回だけですので、安心してインターネットを楽しんでください!

Androidスマホ(Android12)と接続する方法

①アプリケーション一覧にある設定アイコンをタップする
人によってはホーム画面にすでにアイコンがある場合があります。

歯車のマークのアイコンです。
howto19
②ネットワークとインターネットをタップする
howto20
③Wi-Fiをタップし、Wi-Fiの使用をONにする
howto21
④ネットワークを追加のQRマークをタップする
howto22
⑤カメラに切り替わるので、ホームルーター底面のQRコードを読み込む
howto23
⑥画面の指示に従って接続完了!
あとは画面に従って進めば接続完了です!

iPhone・iPadと接続する方法

iPhone・iPadはAndroidよりも接続が簡単です。
①カメラを起動する
普通のカメラを起動してください。
②ホームルーター底面のQRコードを読み込む
ここからはAndroidと同じです。

これで接続は完了です。

基本的には最初だけの設定ですが、何かの拍子に接続設定が解除されることもありますので、その時はまた見に来てくださいね。

ドコモのホームルーターhome 5Gに関するよくある質問

ここでは、ドコモhome 5Gに関する質問とその解答をご紹介していきます。

ご紹介するドコモhome 5Gに関連する質問については以下の4つです。

ドコモhome 5Gの速度が遅い時の対処方法

ドコモhome 5Gを使っていて速度が遅いと感じたときはいくつか試してみたいことがあります。

簡単な方法から難しい方法まで色々ありますが、今回は簡単に試せる方法を3つご紹介します。

これらを試してみてもダメな場合は、下手に触らずサポートへ連絡することをおススメします。

また、併せて通信速度の計測方法もご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

通信速度の計測方法

通信速度は「みんなのネット回線速度(みんそく)」というサイトを使うと簡単に計測が可能です。

使い方は簡単!まずはこちらのサイトにアクセスします。

そのあとは画面右側の「通信速度を測定する」をクリックして、回線タイプ等を入力していけば計測ができます。

そこの数字がこちらの実測値と比較して圧倒的に遅く、最近たくさん通信を行なった記憶があるのであれば、通信制限がかかっている可能性があります。

通信制限は1日から長くとも数日で解除されますが、こちらから解除する方法はありませんので、この場合はあきらめて解除されるのを待つしかありません。

通信制限の状況について確認をしたい場合はこちらのインフォメーションセンターへ電話をかけてみてください。

また、夕方から夜間にかけてはインターネットを使う人が多くなる都合で、どうしても通信速度が遅くなりがちです。

測定結果が少し遅いという程度で時間帯が夕方から夜間ならば、時間帯が原因の可能性が高いです。

対処方法①:ホームルーターを再起動する

再起動の方法は2種類あります。

  • ①REBOOTボタンを長押しする
    howto24

これでも症状が改善しない場合は、次の方法を試しましょう

  • ②電源コードを抜いて5分待ち、再度電源コードを差し込む

1つ目の方法よりもよりしっかりした再起動になります。

特に本体が熱くなっている場合はこちらの方法で、10分程度と長めに待ってみるのをおススメします。

場合によってはパソコンやスマートフォンとの接続設定がリセットされる可能性がありますので、その場合は再度接続してください。

対処方法②:ホームルーターの設置場所を変えてみる

ホームルーターの設置場所が悪いと通信が安定せず、速度も遅くなってしまいます。

ポイントは

  • 周囲に障害物が少ない場所
  • 直射日光が当たらない窓際
  • 電子レンジなどの電波を発するものから離れた場所
  • 接続したいパソコンやスマートフォンがある場所との間にできるだけドアや障害物を少なくする

です。

まれにホームルーターを扉のある棚にしまっている方がいますが、その場合は棚から出すことをおススメします。

対処方法③:接続するWiFiを変更する

通常、前述の方法でWiFiに接続した場合は「HR02a-」から始まるWiFiに接続されます。

ドコモhome 5Gは、もう一つ「HR02b-」から始まるWiFiを出していますので、そちらに変更してみましょう。

この場合、手動での接続になります。

取扱説明書に詳しく載っていますので、接続したい機器別ページのリンクを用意しました。

それぞれのページの「アクセスポイントを検索して接続する場合(手動接続)」を確認してください。

ドコモ光とドコモhome 5Gはどっちが良い?

同じドコモから提供されいているドコモ光とドコモhome 5G。

一見すると名称もちょっと似ているし同じなの?と思う人もいるかもしれませんが、全くの別物と考えてください。

ドコモを利用している人からしたらスマホ割は同じ金額だし同じように無制限に利用できるなら、工事もしなくていいドコモhome 5Gの方が手軽でいいでしょ?となるかもしれません。

しかしドコモ光を選ぶメリットも、もちろんあるのです。

ドコモ光とドコモhome 5Gを選ぶなら一体自分にはどちらが合っているのか知りたくありませんか?

では、まずはこの2つの回線について比較してみていきましょう。

ドコモhome 5G ドコモ光
料金 4,950円(税込) マンション:4,400円(税込)
戸建て:5,720円(税込)
諸費用 事務手数料:3,850円
※ドコモオンラインショップからの手続きでは無料
端末代金:71,280円
※実質3年利用で無料
契約事務手数料:3,300円
マンションタイプ:16,500円
ホームタイプ:19,800円
※キャンペーンで無料
利用に関連する工事 なし あり
速度制限 無制限 無制限
契約期間 なし
※実質3年契約
2年間
解約金 なし
※3年以内なら端末残価
マンション:4,180円(税込)
戸建て:5,500円(税込)
平均通信速度 下り速度: 192.21Mbps
上り速度: 20.17Mbps
下り速度: 265.35Mbps
上り速度: 265.35Mbps
エリア 全国 全国
ドコモスマホ割 1ヶ月最大1,100円引き 1ヶ月最大1,100円引き

みんなのネット回線速度2024/04/23の情報
こうしてみるとわかるように、実際の通信速度として速いのはドコモ光です。

ちなみに速度制限についてはどちらも無制限としていますが、ドコモhome 5Gは直近3日間の使用量が極端に多いと回線速度が遅くなることがあります。

ドコモhome 5Gは工事が必要ないため、端末の在庫があれば窓口での契約で最短即日利用することも可能です。

但し、在庫が無ければ1ヶ月以上待つこともあるので注意が必要です。

対してドコモ光は光回線を利用するための工事が必要となっています。

工事の予約をして作業してもらう関係上最短でも工事完了までは2週間前後の時間がかかりますし、引越しシーズンなどで込み合う場合はさらに時間がかかる事も覚えておきましょう。

では、これらをふまえてドコモ光がおすすめな人とドコモhome 5Gをおすすめな人をそれぞれご紹介します。

ドコモ光がおすすめな人

  • データ通信量を気にせずたくさん使いたい人
  • アップロード側もスムーズに利用したい
  • 家族みんなでWi-Fiを利用したい人
  • 2年以上今の住所に住むことがわかっている人

ドコモhome 5Gがおすすめな人

  • 1ヶ月のデータ通信量がさほど多くなく、とりあえずWi-Fiが使えればいい人
  • 回線開通に伴う工事をしたくない人
  • 基本的には1人か2人での利用をする人
  • 動画配信やゲームのオンライン対戦等の上り回線を利用しない人

両方の長所を見比べてみて、どちらを利用するか決めましょう。

ドコモ光についての詳しい説明は「ドコモ光の評判・口コミが悪い理由|対策方法やメリットを徹底解説!」の記事で解説していますので、併せてご覧ください。

「ドコモ光の評判・口コミが悪い理由|対策方法やメリットを徹底解説!」はこちら

ドコモhome 5Gは無制限で利用可能?

ドコモhome 5Gは無制限で利用することが可能となっています。

しかしながら、ドコモの公式サイトでは「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります」といった記述があるのをご存じでしょうか?

これだけ見てみると、結局速度制限はあるの?無いの?どっち?となりますよね。

結局こう書かれているだけでドコモ公式にはどれだけ使うと遅くなることがあるのかといった記載はありません。

利用者の口コミで判断することしかできませんが、SNSには速度制限に関する口コミが色々とあがっています。

24時間以内に100GB以上使っても通信速度制限してくれませんw
引用:Twitter

速度制限かけられている気がするといった声を上げている人もいます。

ちなみに1GBは動画視聴でいうとおおよそ2時間程度見られるくらいの通信量です。

同じような回線でauホームルーター5GやWiMAXがありますが、これらは直近3日間で15GB以上のデータ通信をすると通信制限がかかり、通信速度が1Mbpsまで落ちてしまうことが発表されています。

これに比べるとドコモhome 5Gは比較的多く利用する人でも速度制限を気にすることなく利用できるようになっているといえるでしょう。

ドコモのホームルーターhome 5Gの解約方法は?

ドコモhome 5GはWebか店頭での解約が可能です。

ここではWebでの解約方法をご紹介します。

【解約前に】確認しておきたい注意事項

ドコモhome 5Gを解約するにあたって事前に確認しておきたいことが3つあります。

  1. 日割り計算にならない
    • ドコモhome 5Gは月の途中で解約をしても日割り計算は行われません。
      いつ解約してもひと月分の利用料がかかってきますので注意してください。
  2. 36か月以内に解約の場合、端末代金の残債が一括支払いとなる
    • ドコモhome 5Gは端末代金を36回の分割払いにして、1か月ごとに月々サポートで分割料金の1,980円と同額を割引することで端末代金が実質無料となっています。
      解約をすることで月々サポートが終了しますので、残債分が一括支払いとなってしまいます。
  3. 「home 5G セット割」が終了する
    • ドコモのスマートフォンを契約している方は、「home 5G セット割」でスマートフォンの月額料金が毎月550~1,100円安くなる「home 5G セット割」を申し込んでいる場合がほとんどだと思います。
      ドコモhome 5Gを解約すると「home 5G セット割」が終了し、スマートフォンの月額料金が若干高くなることに注意してください。

①My docomoへログインする

契約時に発行されたdアカウントとパスワードでMy docomoへログインします。

②メニューの「お手続き」から「回線の解約」を選択し、画面に従って手続きを進める

回線の解約を選択して、手続きを進めたら解約完了となります。

ドコモのホームルーターhome 5Gまとめ

ドコモhome 5Gは光回線の工事ができない状況の人であってもコンセントに指すだけで手軽にWi-Fiを利用することができます。

しかしながら、一方でアップロード側の回線が遅いといったデメリットもあります。

ですが、どこもユーザーであればスマホ割が適用されたり、キャンペーンのキャッシュバックを利用することでお得に本体を購入することもできます。

実質3年契約とはなっていますが、それ以降の解約金もかからないため固定住所で長くホームルーターを利用しようと考えている人は、ドコモhome 5Gをぜひ検討してみてください。

\現金15,000円キャッシュバック!/

ITX|ドコモhome 5G申し込みサイトはこちら

この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次