DTI光からOCN光への乗り換え手順!メリットや注意点を徹底解説

【iPhone15最新情報】
iPhone15予約方法まとめより

最新のiPhone15は、すでに発売されています。

現在「OCN モバイル ONE」を契約されている方は、今回のiPhone15新発売と同時に携帯会社(キャリア)の乗り換えがおすすめです。

なぜなら「OCN モバイル ONE」は2023年6月30日にサービスの新規申し込み受付を終了したからです。

実際に「OCN モバイル ONE」に関しては、SNSで新規契約中止後から速度低下しているという声も聞かれます。

NTTレゾナントがNTTドコモに吸収合併されて新規受け付けを終了したOCNモバイルONE、あからさまに速度が遅くなってて😇 ユーザーに対する扱いこんなに雑になるものなんだ 払ってる料金は一緒なのになあ 引用元:X(元Twitter)


各キャリアのオンラインショップでは割引特典+最速での予約が可能となっています。

またiPhone15新発売前後にiPhoneの旧モデル(iPhone14など)が大幅値引きされる可能性も高いので、乗り換えを検討する絶好のチャンスです!

各キャリアの詳しい予約手順や発売日情報はこちら↓の記事をお読みください。

・iPhone15を予約する流れや在庫の確認方法
・iPhone15の詳細な発売日情報
・ドコモでiPhone15を予約する方法
・ソフトバンクでiPhone15を予約する方法
・auでiPhone15を予約する方法
・楽天モバイルでiPhone15を予約する方法



【OCN光・OCN モバイル ONEが新規受付終了→新プロバイダ「OCNインターネット」がサービス開始】※クリックすると開きます

NTTレゾナント株式会社は2023年7月1日に株式会社NTTドコモと合併しました。

それに伴い、「OCN モバイル ONE」「OCN 光」「OCN for ドコモ光」をはじめとするサービスの新規申し込み受付は2023年6月30日に終了しています。
参照:「OCN モバイル ONE」「OCN 光」等の新規お申込み受付終了について|NTTレゾナント

現在対象サービスを利用中の方は、引き続き各サービスを利用することができますが、今後のサポート体制を考えるとOCN光以外に乗り換えがBESTです!

なぜなら、今後これらの対象サービスは新規ユーザーが増えることはない→予算が削減される→通信環境が悪化することが懸念されるからです。

ドコモ光では「1ギガ タイプA」「10ギガ タイプA」に対応するプロバイダ「OCNインターネット」が新しくサービスを開始しました。



ドコモ光以外ですでに「OCN」を利用中の方は、お使いのメールアドレスやインターネット接続設定を変更せずに、プロバイダ「OCN インターネット(タイプA)」でドコモ光を新規に申し込むことができます。

「OCNインターネット」をプロバイダとして利用されたい方は、「NNコミュニケーションズ×ドコモ光」で申し込むのがおすすめです。

最短1ヶ月後に30,000円のキャッシュバック+「OCNインターネット」の特典(Wi-Fiルーター無料レンタルなど)も受け取りができますよ

NNコミュニケーションズ×ドコモ光でキャッシュバック+プロバイダ特典を受け取る

DTI光の通信環境に不満をお持ちの方は、OCN光へではなく「ドコモ光」への乗り換えがおすすめですよ。

しかし、光回線の乗り換えには

  • 乗り換えの手順がわからない
  • 通信速度は速くなるの?

という悩みがあると思います。

そんな時は光回線の乗り換えキャンペーンを確認してみてください。

これ以降はDTI光からOCN光への乗り換えについて解説していきます。

おすすめ窓口 キャンペーン概要
GMOとくとくBB
  • 条件なし38,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで+15,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みで51,000円キャッシュバック!
  • 1ギガ申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 10ギガ申し込みで10ギガ対応 高性能Wi-Fiルーターレンタルが309円(税込)
NNコミュニケーションズ
  • 【最短1か月】10ギガ申し込みで40,000円キャッシュバック!
  • 1ギガ申し込みで25,000円プレゼント
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 1ギガ申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
  • 提携プロバイダ特典
ドコモオンラインコンシェルジュ ドコモオンラインコンシェルジュ
  • 最短翌月に最大65,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで+15,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みで+20,000円キャッシュバック!
  • 10ギガの申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 提携プロバイダ特典
wiz(ワイズ)
  • オプションなしで20,000円キャッシュバック!
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 開通前モバイルWi-Fi無料レンタル
  • 提携プロバイダ特典
@nifty
  • 10ギガ申し込みで35,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みの場合はdポイント17,000ptプレゼント
  • ルーターレンタル
  • @nifty 優待サービス
OCNインターネット
  • 10ギガ申し込みで最大55,000円キャッシュバック!
  • 1ギガ申し込みで最大37,000円キャッシュバック
  • 1ギガ申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 1ギガ申し込みでWiFiルーター無料レンタル

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

GMOとくとくBBの評判はこちら

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

おすすめの光回線をチェックする
目次

DTI光からOCN光への乗り換え手順

乗り換え手順

  1. DTI光で事業者変更承諾番号を取得
  2. OCN光公式サイトから申し込み
  3. 回線切り替えは10日程度
  4. Wi-Fiルーター(レンタル品)の返却
  5. ルーター類を設定

DTI光からOCN光への乗り換えは事業者変更であり、工事不要で固定電話番号も変わりません。

基本的に申し込んだら待つだけなので、光回線の乗り換えは思ったより簡単です。

DTI光は契約期間がなく解約金が発生しませんので、好きなタイミングで乗り換えができますよ。

DTI光で事業者変更承諾番号を取得

DTI光からOCN光への乗り換えは、事業者変更です。

事業者変更とは

  • NTTのフレッツ光回線を利用した光コラボから、他の光コラボに乗り換えること
  • 同じフレッツ光の回線を使用するので工事が不要
  • 固定電話の番号も変わらない

まずは、DTIのマイページ(MyDTI)から事業者変更承諾番号を取得しましょう。

MyDTIにログインするには、連絡先メールアドレスまたはお客様IDとパスワードが必要です。

「DTIご入会のご案内」(ID通知書、セットアップマニュアル)に記載されているので、用意しておいてください。

MyDTIにログイン後、解約手続きから「事業者変更を希望する」を選択すれば、2日程度で事業者変更承諾番号の記載されたメールが連絡先アドレスに届きます。

事業者変更承諾番号の有効期限は、発番日を含めて15日間です。

事業者変更承諾番号の発行は無料となっていますので、有効期限が過ぎてしまっても再取得すれば大丈夫ですよ。

OCN光公式サイトから申し込み

OCN光公式ページからの申し込み手順は以下の通りに進めていきます。

  1. OCN光トップページを開き、申し込み画面までスクロール
  2. 出典:OCN光|公式サイト

     
  3. 「OCN以外で光コラボをご利用中の方」という選択肢があるので、それを選択
  4. 出典:OCN光|公式サイト

     
  5. フォームページが切り替わり、個人情報と事業者変更承諾番号を入力する項目が現れるので、全て入力と選択をする
  6. 注意事項を最後まで読み、同意するボタンを押す
  7.  

    出典:OCN光|公式サイト


以上の工程を終えたら、OCN光への申し込みは完了です。

その後「OCN会員登録証のご案内」が届くので、あとは書類に従いインターネット接続設定をすれば事業者変更手続き完了となります。

回線切り替えは10日程度

OCN光に切り替わるのは、申し込みからおよそ10日後になります。

「切り替わるまでの間はインターネットができないの?」と不安になるかもしれませんが、切り替えまで引き続きDTI光のインターネットが使用可能です。

事業者変更は同じNTTフレッツ光の回線や機器をそのまま使用するので、工事の必要がなくインターネットが使えない期間も発生しません。

これが事業者変更のメリットですね。

OCN光へは自動で切り替わるので、特に気にすることなくインターネットを使い続けられますよ。

Wi-Fiルーター(レンタル品)の返却

DTI光で、ひかり電話を利用せずにホームゲートウェイをレンタルしていた方は、返却が必要です。

ホームゲートウェイはNTTが貸し出すので、返却先はDTIではなくNTTになりますので注意してください。

事業者変更の手続きをしたら、NTTから「返却キット」が届きますので、記載の手順に従って返却するようにしましょう。

ひかり電話を引き続き利用する方は、ホームゲートウェイの返却は必要ありませんよ。

ルーター類を設定

ひかり電話を利用する方で、ホームゲートウェイでインターネット接続をしていた方は、設定はそのままで大丈夫です。

ひかり電話を利用せず、新たにホームゲートウェイをレンタル、または市販のルーターを使用する場合は以下の手順で設定を行います。

ホームゲートウェイ(HGW)の場合 市販ルーターの場合
有線接続の場合

  1. HGWのLANポートのいずれかと、PCのLANポートをLANケーブルで接続
  2. HGWの電源を入れる
  3. PCの電源を入れる

無線接続の場合

  1. HGWの電源アダプターを抜き、電源を切る
  2. 無線LANカードをHGWに取り付ける
  3. HGWの電源アダプターを挿し、電源を入れる
  4. 無線LANカードのPWRとACT(LINK)のランプが同時に点滅することを確認
  5. PCやスマホの無線機能をオンにする
  1. ONU(またはONU一体型HGW)のLANポートと、ルーターのWANポートをLANケーブルで接続
  2. 有線接続の場合は、PCのLANポートとルーターのLANポートをLANケーブルで接続
  3. ルーターの電源を入れる
  4. PCの電源を入れる。Wi-Fi(無線LAN)接続の場合は、PCやスマホの無線機能をオンにする

OCN光は訪問サポートを初回無料で行っていますので、インターネット設定に不安があるという方でも安心ですよ。

\\初回のみ無料で訪問サポート//

光回線乗り換えのキャンペーンはこちら

DTI光とOCN光を比較

光回線 DTI光 OCN光
月額料金 戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
実質月額料金 戸建て:3,960円
マンション:2,640円
戸建て:5,390円
マンション:3,740円
契約期間 なし 2年
解約金(違約金) なし 3,600円(不課税)
平均通信速度 231.2Mbps(下り)
261.37Mbps(上り)
230.85Mbps(下り)
230.88Mbps(上り)
プロバイダ DTI OCN
IPv6対応 対応 対応

※料金は税込。
※DTI光の割引込みの月額料金は、auセット割適用で計算。OCN光の割引込み月額料金はOCN光モバイル割1台適用で計算。
※平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照。

基本料金や通信速度にそれほど差はありません。

割引を含めると、auスマホのセット割があるDTI光の方が安くなりますが、OCN光にもスマホ割があります

OCNモバイルは格安SIMのため月額料金自体が安く、通信料金を節約することができます。

そのほか評判や・口コミ、OCN光以外のおすすめ光回線もご紹介していきますので、乗り換えの参考にしてください。

基本料金と割引特典

光回線 DTI光 OCN光
月額料金 戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
割引込み月額料金 戸建て:3,960円
マンション:2,640円
戸建て:5,390円
マンション:3,740円

基本料金にそれほど差はありませんが、スマホセット割の金額が大きく違います。

DTI光ではauスマホ1台が最大1,100円の割引、OCN光ではOCNスマホ1台につき220円の割引です。

DTI光の方がいいように感じるかもしれませんが、そもそもOCNモバイルは格安スマホのため月額料金もやすく、総合的に考えるとかなりお得ですよ。

OCN光とOCNモバイルの合算の例
5,610円(OCN光:戸建てプラン)+770円(OCNモバイル1GB/月コース)-220円(OCN光モバイル割)=6,160円

※料金は税込。

OCN光とOCNモバイルをセットでの利用をおすすめします。

契約期間と解約金

光回線 DTI光 OCN光
契約期間 なし 2年
解約金(違約金) なし 3,600円(不課税)

DTI光は契約期間がなく違約金も発生しないことが大きな特徴でした。

OCN光に乗り換えると、2年間の契約期間の縛りができます。

契約期間内の解約には3,600円の違約金がかかりますが、更新月(契約満了月(24カ月目)から26カ月目の3カ月間)なら違約金はゼロです。

DTI光のように好きなタイミングで解約することはできません。

もしOCN光を解約したくなった場合、上記の更新月で解約するようにすれば費用を抑えられますよ。

評判・口コミ

以下はDTI光の評判・口コミです。

・IPv6の追加料金はなし
・関西のauひかりが通っていないエリアをカバー(auユーザーは割引あり)
・レンタカーとか飲食店のクーポンがちょこちょこある(タダ)
・いつ辞めても解約金なし ← これがでかすぎる

DTI光コラボ一択っすよ!!!もう!!!
引用:Twitter


10月から自宅のネット回線をDTI光に移行します。 違約金無料のネット回線なので、ぼくのように転勤がある人には最適です!違約金が無料なので、最悪でもすぐに解約できる安心感w
引用:Twitter

いつ解約しても違約金がかからないのがDTI光の大きな特徴ですが、やはりこの部分を評価する声が多いですね。

好きなタイミングで解約できるので、気軽に始められるメリットがありますし、逆に気軽に解約できるとも言えますね。

また、通信速度についての口コミもご紹介します。

dti光(v6プラス)開通した!
左:2.4GHzと右:5GHzでこれだけ出れば十分ー!!
引用:Twitter

通信速度は充分速いという口コミがありました。

一方で、以下のような意見も見られます。

DTI光の下り速度が遅すぎる〜!
IPv6で接続してても速度出ないって、なんでなん〜
引用:Twitter

DTI(プロパイダ)が最近夜になるとめちゃくちゃ遅い!ダウンロード0.2Mbpsとか・・・なに!?DTI光だよ。光だよ!20年以上の付き合い(一時期浮気してたけど)なんだけどもうダメなのかな。nuro光になびく~
引用:Twitter

IPv6に対応していても遅い、夜など時間帯によっては遅くなる…という声もありました。

DTI光は違約金が発生しないという点が好評ですが、通信速度に関しては特別速いわけでもなく、遅いと感じる場合もあるようです。

続いて、OCN光の口コミ・評判をご紹介します。

OCN光 IPoEめちゃくちゃレスポンス早くていいわ
引用:Twitter

【PS5】スピードテスト : 今日はNURO光の調子が良くないのでOCN光で接続!安定してます🐼✨
引用:Twitter

通信速度が安定しているという口コミが多いですね。

OCN光はIPoEアドバンスにも申し込めば、インターネット環境をより快適にすることができますよ。

インターネット環境に関しては良い評判があるのですが、以下のようなツイートもありました。

名指しで言うわ!
OCN光のサポートのオペレーターもっと教育しとけ!
ひとりひとり言う事違うやんけ!
何回も何しとんねん!
引用:Twitter

OCN光が壊れて速攻サポートセンターに連絡と思って電話かけても一向に繋がらないのでもう乗り換えます 2時​​間くらいかけ続けても出ない、何のためのサポートセンターかわからない 1週間の営業時間の半分が混み合ってる訳ねぇ(^_^;)
引用:Twitter

悪い評判としては、カスタマー対応に関して不満の声が多くありました。

これらDTI光とOCN光の口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

DTI光の口コミ・評判

  • 違約金なしなので好きなタイミングで解約できる点が好評
  • 通信速度が遅く感じる場合もある

OCN光の口コミ・評判

  • 通信速度が安定している
  • カスタマー対応に不満を感じる

口コミ・評判を見ると、OCN光へ乗り換えるメリットはインターネット環境が安定することであると言えますね。

記事の後半では、OCN光へ乗り換えるメリット・デメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

通信速度とIPv6対応

光回線 DTI光 OCN光
平均通信速度 231.2Mbps(下り)
261.37Mbps(上り)
230.85Mbps(下り)
230.88Mbps(上り)
IPv6対応 IPv6(IPoE)接続サービス 標準提供

※平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24の情報を参照。

どちらもIPv6対応なので、通信速度に大きな差はありません。

ただ、OCN光はIPoEアドバンスに申し込めば通信速度がより安定します。

口コミ・評判で先述のとおり、インターネットの「速度」に差はありませんが「安定」するのはOCN光の方ですね。

eスポーツなどを遅延なくストレスフリーで楽しみたいなら、OCN光を選びましょう。

OCN光以外でDTI光からの乗り換えにおすすめの光回線はどこ?

DTI光からOCN光に乗り換えようとすると、こんな疑問が出てきませんか?

  • 「OCN光に乗り換えたいけど、OCN for ドコモ光もあるぞ?」
  • 「DTI with ドコモ光ってのもあるんだけど…」
  • 「DTI光はauスマホが割引されるけど、auひかりはどう?」
  • 「名前が似ててややこしい!」

そこで、OCN光以外の光回線を比較とともにご紹介します。

名前が似ててややこしいのですが、それぞれプロバイダや料金が違いますので、比較をして乗り換えの参考にしてください。

光回線 DTI with ドコモ光(1ギガタイプA) OCN for ドコモ光(1ギガタイプB) auひかり
実質月額料金 戸建て:3,579円
マンション:2,259円
戸建て:4,007円
マンション:2,687
戸建て:3,343円
マンション:1,764円
契約期間 2年 2年 3年(マンションは2年)
キャッシュバック
(キャンペーン元)
25,000円
NNコミュニケーションズ
20,000円
OCN
最大72,000円
NNコミュニケーションズ
セット割キャリア
(最大割引額)
NTTドコモ
(1,100円)
NTTドコモ
(1,100円)
au
(1,100円)
平均回線速度 下り: 193.19Mbps
上り: 238.56Mbps
下り: 300.44Mbps
上り: 327.06Mbps
下り: 524.89Mbps
上り: 550.95Mbps

※料金は税込。
※キャッシュバック額はスマホセット割に必要なオプション以外は加入なしで計算、違約金補填キャッシュバックは含めず。
※DTI with ドコモ光(1ギガタイプA)の実質月額料金:キャッシュバック(NNコミュニケーションズ)25,000円÷24=1,041円とセット割スマホ1台1,100円で計算。
※OCN for ドコモ光(1ギガタイプB)の実質月額料金:キャッシュバック(OCN)20,000円÷24=833円とセット割スマホ1台1,100円で計算。
※auひかりの実質月額料金=(初期費用+((月額料金+オプション料金)×契約期間)-キャッシュバックなどの割引額)/契約期間
キャッシュバック(NNコミュニケーションズ)最大72,000円/ひかり電話月額料金550円も含む
※平均回線速度の出典:みんなのネット回線速度2024/06/24の情報

「DTIwithドコモ光」「OCNforドコモ光」は名前にDTIやOCNが入っていてややこしいのですが、どちらも「ドコモ光」のサービスです。

違いはプロバイダがDTIかOCNかの部分になり、DTIならタイプA、OCNなら少しだけ料金の高いプランBになります。

プロバイダとは:光回線をインターネットに繋ぐサービスを提供してくれる事業者

とはいえ大きな差はありませんので、ドコモ光を利用する場合はドコモ光おすすめプロバイダランキングを参考にして選べば大丈夫ですよ。

auひかりは料金も安く通信速度も圧倒的に速いのですが、独自回線を使用しているので事業者変更にはなりません。

乗り換えには撤去工事と新規開通工事が必要となり、開通まで1ヶ月ほどかかってしまいます。

手間や費用がかかっても通信速度を速くしたいなら、auひかりがおすすめです。

続いて、高速通信の10ギガプランのある光回線を3つご紹介しますが、注意点があります。

10ギガプランの注意点

  • 事業者変更にならない
  • 10ギガ対応ルーターが必要
  • ひかり電話は使えない
  • 10ギガ専用の回線を使用するので工事が必要
  • 提供エリアが限られている

以上の注意点を理解しておいてください。

特に、提供エリアはまだ少ないので、お住まいの地域が提供エリアであるかしっかり確認しましょう。

光回線 ドコモ光10ギガ ソフトバンク光10ギガ auひかり10ギガ
実質月額料金 10ギガ タイプA:4,218円
10ギガ タイプB:4,438円
3,834円 1年目:3,174円
2年目:4,058円
3年目以降:3,948円
提供エリア NTT東日本エリア:「東京都・神奈川・千葉・埼玉」の一部のエリア
NTT西日本エリア:「大阪・和歌山(戸建てのみ)・京都・滋賀(戸建てのみ)・兵庫(戸建てのみ)・愛知・静岡・岐阜」の一部エリア
「東京、神奈川、埼玉、千葉」の一部エリア

※料金は税込。

※実質月額料金計算式


※実質月額料金の計算は以下のとおりです。
ドコモ光10ギガ:10ギガ タイプA(2年契約)6,380円-1,062円(GMOとくとくBBキャッシュバック25,500÷24)-1,100円(ドコモ光セット割1台最大割引)=4,218円、10ギガ タイプB(2年契約)6,600円ー1,062円(キャッシュバック25,500÷24)-1,100円(ドコモ光セット割1台最大割引)=4,438円
ソフトバンク光10ギガ:6,380円-1,666円(キャッシュバック:代理店エヌズカンパニー40,000円÷24)-330円(SoftBank 光10ギガスタートキャンペーンを24ヶ月で計算:660円÷2)-1,100円(おうち割光セットスマホ1台最大割引)+550円(おうち割光セット必須オプション)=3,834円
auひかり10ギガ:戸建てのみ提供(ずっとギガ得プラン・3年契約)5,390~5,610円-1,750円(63,000÷36)+550円(ひかり電話月額)-1,100円(auスマートバリュー:くりこしプランL+5G利用時)+858円(10ギガプラン利用料)=1年目:3,174円(1年目はー858円)、2年目:4,058円、3年目以降:3,948円

10ギガプランは確かに回線速度がかなり速くなります。

しかし、現状では提供エリアが少なく、10ギガプランの速度を体感するにはLANケーブルやPCなど周辺機器も10Gbpsの通信速度に対応したものが必要です。

新規乗り換えでキャッシュバック・割引などの特典が多い10ギガプランですが、対応した周辺機器を揃える初期費用や対応エリアを考慮した上での検討が必要となりますのでご注意ください。

今のところ、OCN光1ギガプランの光回線は速度が安定しているという口コミも多いので、複数機器で高速通信したい人・オンランゲームをいつでもスムーズに行いたい人以外はOCN光で十分満足できるでしょう。

\\初回のみ無料で訪問サポート//

光回線乗り換えのキャンペーンはこちら

DTI光からOCN光へ乗り換えるメリット

  • OCN モバイルセット割でモバイル料金が安くなる
  • マンションは基本料金が安くなる
  • IPv6通信を追加料金なしで利用できる
  • IPoEアドバンスプラン加入で更なる高速通信が楽しめる
  • 大手経営の安心感が得られる
  • 工事費残債・違約金なしで乗り換えできる
  • 工事不要で光電話番号変更なし

DTI光からOCN光への乗り換えには上記のようなメリットがあります。

DTI光のインターネットに不満をお持ちの方は、OCN光に乗り換えれば通信環境が良くなる可能性が高いですよ。

OCN光はIPoEアドバンスプランに加入すれば、インターネットがより快適になります。

違約金のないDTI光は好きなタイミングで解約できますので、気軽に乗り換えができるのもメリットですね。

では、1つずつ詳しくみていきましょう。

OCN モバイルセット割でモバイル料金が安くなる


引用:OCN光

OCN光とOCNモバイルをセットで利用すれば、OCNモバイルの月額料金が220円(税込)割引されます。

割引額が低いのでお得感はないかもしれませんが、OCNモバイルはそもそも格安スマホですので月額料金が安いです。

通信容量/コース名 月額料金
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円
6GB/月コース 1,320円
10GB/月コース 1,760円

※料金は税込。

格安でありながらさらに220円割引されるので、OCN光を契約するならスマホもOCNモバイルにすることをおすすめします。

IPv6通信を追加料金なしで利用できる

DTI光の場合、IPv6通信を利用するにはIPv6(IPoE)接続サービスに申し込みが必要でしたが、OCN光はIPv6通信を標準提供しています。

OCN光に乗り換えが完了すれば、その時点でIPv6通信が利用可能です。

もちろん、IPv6通信の利用に追加で料金を支払う必要もありませんよ。

IPoEアドバンスプラン加入で快適な高速通信が楽しめる


引用:OCN光

OCN光では、IPoEアドバンスプランに加入すれば、ラグが少なく遅延に強いインターネット通信が可能になります。

ゲームやテレワーク、動画視聴をより快適にしたい方に向けたサービスですね。

大容量通信でも安定しますので、ストレスフリーなインターネットを楽しみたい方は、IPoEアドバンスプランにも加入しましょう。

大手経営の安心感が得られる

OCN光はNTTのグループ会社、NTTレゾナントが運営しています。

NTTは光コラボ事業者の回線や機器を提供している大手の会社なので、OCN光に乗り換えれば大手NTTのグループ会社が運営しているという安心感を得られます。

「光回線はどこを選べばいいかわからないけど、運営が大手企業だと安心」という方は、OCN光がおすすめですよ。

工事費残債・違約金なしで乗り換えできる

DTI光には最低利用期間がないので、違約金が発生しません。

また、初期工事費も一括払いになるので工事費の残債もありません。

違約金や工事費を気にすることなく、好きなタイミングで解約できるのがDTI光の大きなメリットです。

ただし、DTI光をフレッツ光からの転用で契約していた場合、フレッツ光の工事費の分割払いが残っている可能性があります。

フレッツ光の工事費は、転用すると分割払いが引き継がれますが、事業者変更をすると残りの工事費は一括で請求されます。

DTI光を転用で契約していた方は、フレッツ光の工事費が残っていないか確認するようにしましょう。

工事不要で光電話番号変更なし

DTI光からOCN光への乗り換えは事業者変更になります。

事業者変更ならNTTの回線や機器をそのまま乗り換え先でも使用するので、新たな工事は不要、光電話(固定電話)の番号も変更する必要はありません。

面倒な工事の日程調整や立ち会いなどはありませんので、スムーズに乗り換えることができますよ。

\\初回のみ無料で訪問サポート//

光回線乗り換えのキャンペーンはこちら

DTI光からOCN光へ乗り換える際の注意点(デメリット)

DTI光からOCN光への乗り換えは事業者変更でスムーズにできますが、注意点もあります。

  • DTI with ドコモ光は別のサービス
  • OCN for ドコモ光も別のサービス
  • OCN光で事務手数料が発生
  • OCN光への乗り換えでプロバイダ変更
  • 戸建ての基本料金が高くなる
  • DTI 光×auセット割がなくなる

比較の項目でも解説しましたが、「DTI with ドコモ光」はDTI光とは別のサービス、「OCN for ドコモ光」もOCN光とは別のサービスです。

どちらも「ドコモ光」のサービスですので間違えないようにしてください。

そのほかの注意点として、DTI 光×auセット割を利用していた方は、OCN光へ乗り換えるとauスマホの割引がなくなります。

また、戸建ての場合は基本料金が高くなることにも注意してください。

それでは、注意点を1つずつ解説していきます。

DTI with ドコモ光は別のサービス

DTI光と名前の似ている「DTI with ドコモ光」ですが、プロバイダをDTIにしたドコモ光のサービスになります。

ドコモ光の料金プランは、「タイプA」「タイプB」「タイプC」「単独タイプ」があり、DTI with ドコモ光は「タイプA」のプランです。

DTI光のサービスではありませんので、間違えないようにしましょう。

OCN for ドコモ光も別のサービス

サービス名に乗り換え先であるOCN光の「OCN」が入っていますが、ドコモ光のサービスです。

OCN for ドコモ光は、ドコモ光のタイプBの料金プランになります。

こちらも、OCN光のサービスではないので注意してください。

OCN光で事務手数料が発生

DTI光側は事業者変更承諾番号の発行は無料ですので、手数料はかかりません。

OCN光側には、事業者変更の事務手数料3,300円(税込)が必要となります。

OCN光への乗り換えでプロバイダ変更

DTI光のプロバイダはDTI1社のみなので、OCN光への乗り換えとともにプロバイダは必ず変更となります。

OCN光のプロバイダも「OCN」のみです。

プロバイダが変更になると、それまでのプロバイダで使っていたメールアドレスが使えなくなります。

DTIのメールアドレスを使い続けたい場合は、メールアドレスのみ使えるUbicプランを利用しましょう。

Ubicプランの手続きはDTIのマイページ(MyDTI)から行えます。

ただ、Gmailなどのフリーメールアドレスもありますので、プロバイダの変更によるデメリットはそれほど気にしなくてもいいですよ。

戸建ての基本料金が高くなる

光回線 DTI光 OCN光
月額料金 戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
割引込み月額料金 戸建て:3,960円
マンション:2,640円
戸建て:5,390円
マンション:3,740円

※料金は税込。

DTI光とOCN光は、マンションプランは同額ですが、戸建てプランはOCN光の方が高くなります。

スマホセット割込みでも、DTI光の割引額(最大1,320円)の方が大きいので、乗り換えによって戸建ての料金は高くなってしまいます。

しかし、OCN光の代理店NEXT限定のキャッシュバックキャンペーンを加味すると、実質の月額料金はOCN光の方が安いです。

DTI 光×auセット割がなくなる

DTI光はauスマホとセットで利用することで、auスマホの月額料金が最大で1,320円割引されます。

OCN光に乗り換えるとDTI 光×auセット割はなくなりますので、auスマホをお使いの方は注意してください。

OCN光でも、OCN光モバイル割の適用でOCNモバイルの月額料金が220円割引されますが、DTI 光×auセット割より割引額が低いです。

auスマホをお使いならDTI光の方がお得ですが、OCN光に乗り換えるならOCNモバイルも一緒に契約することでお得になりますよ。

\\初回のみ無料で訪問サポート//

光回線乗り換えのキャンペーンはこちら

DTI光からOCN光への乗り換えで利用可能なキャンペーン

キャンペーン名 内容 期間
訪問設定サポート初回無料 専門スタッフが自宅に訪問し、インターネット接続設定など、初回無料でサポート 終了日未定
OCN光料金支払いでdポイントが毎月自動でたまる 光回線サービス利用などでご利用料金100円(税抜)につき1ポイントのdポイントが進呈
ポイント進呈予定日:利用月の翌月10日以降
終了日未定

OCN光では、訪問設定サポートが初回無料になったり、dポイントが自動でたまるキャンペーンを行っています。
それでは、1つずつご紹介します。

訪問設定サポート初回無料


引用:OCN光

OCNは訪問設定サポートを、初回無料で行っています。

サポートしてくれる主な内容は以下のとおりです。

  • インターネット接続設定
  • 無線LAN(Wi-Fi)設定
  • セキュリティ設定
  • PC初期設定
  • 家庭用複合機プリンター動作確認など

「DTI光にホームゲートウェイを返却後、やっぱりルーターの設定に自身がない…」という方におすすめです。

専門のスタッフに設定をおまかせできるので安心ですよ。

OCN光料金支払いでdポイントが毎月自動でたまる


引用:OCN光

OCN光を利用すれば、利用料金100円につき1ポイント、毎月自動でdポイントがたまります。

  • 戸建て:基本料金5,610円(税込)を2年間利用で1224ポイントたまる!
  • マンション:基本料金3,960円(税込)を2年間利用で864ポイントたまる!

dポイントをためるには、OCNお客さま番号(Nから始まる10桁の番号)が紐づいたOCNメールアドレス(OCN ID)をdアカウントと連携する必要があります。

OCN光は、当然ですが毎月利用することになるので、自動でdポイントがたまっていくのはお得ですよね。

\\初回のみ無料で訪問サポート//

光回線乗り換えのキャンペーンはこちら

この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次