光回線の乗り換えにおすすめのキャンペーン一覧!違約金負担やデメリットについても解説!

光回線の乗り換えを検討しているものの、

  • 工事までに時間がかかる
  • 違約金が発生する可能性もある
  • 工事費の残債を支払う場合がある
  • 固定電話の番号が引き継げない可能性がある
  • Wi-Fiが使えなくなる期間が発生する場合がある
  • 物件によって工事や手続きに手間がかかる

など、手続きがめんどくさいと感じたり、どこの光回線に乗り換えようか迷うことはありませんか?

光回線の乗り換え方法には、以下の3つが挙げられます。

  • 転用(フレッツ光から光コラボ)
  • 事業者変更(光コラボから光コラボ)
  • 解約して新規契約

上記のうち「転用」と「事業者変更」の場合は、利用している回線が同じなため、工事不要で簡単に乗り換えることが可能です。

また、一旦解約して新規契約する場合でも、キャンペーンを活用すれば乗り換え時の負担を軽くすることができます。

光回線を乗り換える際は、事前に以下の点を確認しましょう。

本記事では、光回線の乗り換え手順や乗り換えでオススメのキャッシュバックやキャンペーン、違約金の負担やデメリットなどの注意点について解説していきます。

光回線の乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Selecting a server...

※現在利用しているインターネットの通信速度をチェックするならこちらから

【光コラボ⇨光コラボの変更(事業者変更)】

光回線 事業者変更時のキャッシュバック金額等

GMOとくとくBB光
  • 他社からの乗り換えで最大90,000円キャッシュバック!
  • 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目にキャッシュバック
  • オプション申し込みで最大24,000円上乗せキャッシュバック

ドコモ光×GMOとくとくBB
  • オプション申込不要で38,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで解約違約補助金15,000円還元!
  • 10ギガプランお申し込みで51,000円キャッシュバック!
  • dポイント2,000ptプレゼント

ビッグローブ光
  • 特典A:オプション加入なしで40,000円キャッシュバック!※1
  • 特典B:1,480円/月値引き×12か月値引き※1
  • 当サイトからの申し込み限定!最大8,000円上乗せキャッシュバック!※2

So-net光プラス
  • オプション加入なしで40,000円キャッシュバック!
  • 6ヶ月後:30,000円
  • 12ヶ月後:10,000円

ソフトバンク光×Yahoo!BB
  • オプション加入なしで40,000円分キャッシュバック!※4
  • 他社からの乗り換えで他社への違約金・撤去費用満額還元!※5
※1 A,Bのどちらかを選択
※2 A,B両方に適用
※3 申込みから6カ月以内に開通およびOCN光を8か月以上継続して利用が条件
※4 普通為替でのキャッシュバック
※5 他社モバイルブロードバンド端末の残債は42,000円が上限



【新規契約だけど乗り換えでおすすめの光回線】
サービス名 キャッシュバック+条件など

auひかり|代理店GMOとくとくBB
  • ネット+光電話同時申し込みで最大82,000円キャッシュバック!
  • ネットのみでも最大72,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円還元!
  • 10ギガプラン申し込みでさらに10,000円キャッシュバック
  • auひかり電話最大35ヶ月無料
  • 工事費実質無料


→戸建て(マンションで高速プラン利用可能)でスマホセット割でコスパの良い高速光回線ならauひかり!

NURO光
  • 当サイトからの申し込み限定!45,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで解約金最大60,000円還元!
  • オプション申し込みで最大20,000円還元!
  • 月額料金の割引で基本工事費44,000円が実質無料
  • 設定サポート1回無料
  • 他社に乗り換え時の契約解除料が無料


→NURO光 for マンション導入済みで圧倒的なコスパの高速光回線ならNURO光!

いますぐインターネット環境が必要なら「ホームルーター」も検討してみると良いですよ。

>>>当サイトのおすすめのホームルーターの紹介とスペック比較情報はコチラから

目次

光回線の乗り換えはめんどくさい?知っておきたい知識

光回線の乗り換えは、回線業者やプロバイダでの手続き、乗り換え先の工事などさまざまな手配や調整がめんどくさいと感じるかもしれません。

しかし、手続きの手順や乗り換える光回線によってはめんどくさい手続きや工事も不要でスムーズに進めることも可能です

そこでまず光回線を乗り換えた場合のメリットやデメリットを下記にまとめました。

メリット
  • 通信速度が速くなる
  • キャッシュバックや割引で実質料金が安くなる
デメリット
  • 工事までに時間がかかる → 「転用」や「事業者変更」なら1週間ほど
  • 違約金が発生する可能性もある → 乗り換え先に還元があれば自己負担なし
  • 工事費の残債を支払う場合がある → 乗り換え先に還元があれば自己負担なし
  • 固定電話の番号が引き継げない可能性がある → 発番の方法による
  • Wi-Fiが使えなくなる期間が発生する場合がある → 無料Wi-Fiルーターレンタルがある光回線もある
  • 物件によって工事や手続きがめんどくさい → コラボ光間の乗り換えなら簡単で楽

メリットとデメリットの項目数だけ見るとデメリットが多く、乗り換えるメリットは少なく見えます。

しかし、デメリットはご利用の環境や設備によって解消できることも多く、内容まで含めて見ると状況によっては乗り換える方が圧倒的にメリットが大きいことが多いです。

まず、多くの光回線で乗り換えや新規契約のキャンペーンで、高額のキャッシュバックや期間限定の割引が受けられます。

特に現在契約中の料金では、すでに申し込み時の割引が終わっている場合などは、乗り換えによって月額料金を大幅に下げることもできる可能性があるのです。

下記の画像はSo-net光プラス契約時の割引が適用中の請求金額と、割引が終了した月の基本料金の請求額です。

So-net光プラス特典終了の月額料金

24ヶ月間の割引の特典が終わったことにより、25ヶ月目の請求金額が2,000円以上も高くなっています

このように、光回線は同じ回線をずっと長く使い続けるよりも、お得に使える期間ごとに乗り換えてお得に使うのが損をしないポイントです。

もし、今お使いの光回線が契約してから2年過ぎているなら、乗り換えで月額いくらほど安くなるのかを計算して見ると良いでしょう。

また、通信速度に不満がある方は『NURO光』や『auひかり』といった独自回線へ乗り換えることで、高額キャッシュバックをもらえる上にネットの速度に関する不満を解消できる可能性も高いです。

動画を視聴中に頻繁に通信が途切れてしまう方や、ZOOMやSkypeなどのオンラインミーティングで通信が安定しないという方はストレスから解放されるでしょう。

これからブログを始めるという方や動画編集を始める方にもおすすめです。

【NURO光への乗り換えなら】
・45000円のキャッシュバック
・工事費用44,000円が実質無料
・他社からの乗り換え解約金を最大20,000円還元

【auひかりへの乗り換えなら】
・代理店キャッシュバック:最大93,000円
・初期費用:最大41,250円割引(戸建て)
・他社からの乗り換え解約金を最大30,000円還元

費用負担なく、高速通信の光回線へ高額キャッシュバックをもらって乗り換えできます。

ただ、乗り換えは手続きなどが面倒という方や、今より通信環境が悪くなるのが怖いという方もいらっしゃるでしょう。

例えば、上記の光回線を乗り換えるデメリットでは、工事に掛かる項目が2つ入っています。

ただし、これも「コラボ光」と「フレッツ光」間の乗り換えであれば、工事はなく回線の切り替えのみで期間や費用に関する心配は不要です。

乗り換え元 乗り換え先 回線工事 or 撤去工事
コラボ光 フレッツ光 不要(転用)
コラボ光 コラボ光 不要(事業者変更)
フレッツ光 コラボ光 不要(転用)

デメリットや注意点としては、「解約の違約金」や「工事の残債」に関する項目も2つ入っていますが、多くの光回線で、乗り換え時に発生する「違約金」や「工事費の残債」を還元してくれる特典があり、自己負担なく乗り換えられることが多いです。

また乗り換え先によっては、乗り換え中の空白期間に無料でWi-Fi機器をレンタルできます。

損をしないためにも、光回線の契約状況や割引等をチェックして、お得に乗り換えましょう。

光回線 おすすめはこちら

光回線のおおまかな乗り換え手順

光回線のおおまかな乗り換え手順は、下記の3通りです。

フレッツ光からコラボ光に乗り換える
  1. NTTから転用承認番号を取得する
  2. 乗り換え先の光回線の申し込み手続きをする
  3. 利用していた光回線とプロバイダを解約する
  4. 初期設定を済ませれば乗り換え完了
コラボ光から事業者を変更して乗り換える
  1. コラボ光から事業者変更承認暗号を取得する
  2. 乗り換えするコラボ光の申し込み手続きをする
  3. 手続き後数日で新たなコラボ光に切り替わる
  4. 利用していたコラボ光の機器を返却する
新規契約で乗り換える
  1. 乗り換える光回線で新規契約の手続きをする
  2. 工事日が決定したら利用していた光回線を解約する
  3. 工事日に開通手続きに立ち会う
  4. 新規契約した光回線の設定を行う
  5. 利用していた光回線の機器を返却する

乗り換える方法によって異なるものの、新規契約以外は必ず利用している光回線業者から「転用承認番号」または「事業者変更承認番号」を取得しなければなりません。

なお、「転用承認番号」または「事業者変更承認番号」の有効期限は15日です。

また、乗り換え先の光回線によって、一定の有効期限が必要になる可能性もあります。できるだけ早く取得すると安心ですよ。

さらに、利用していた光回線でレンタル中のWi-Fiルーター等の通信機器は必ず返却してください。

光回線の詳しい乗り換え手順については、本記事の光回線の乗り換え方法を解説をご覧ください。

乗り換え中の空白期間はWi-Fiの貸出もあり

新たな光回線に乗り換える場合、手続き完了や工事日まで約1〜3ヶ月の期間が必要になる可能性もあります。

その場合、Wi-Fiが使えなくなる空白期間が発生しても、新たな乗り換え先の光回線業者でWi-Fiの貸出をしている場合もあります

光回線 貸し出しWi-Fi 期間や費用
NURO光 ホームルーター 2ヶ月無料
3ヶ月目以降:5,148円
ソフトバンク光
  • Airターミナル
  • Pocket WiFi®
    ※基本的にAirターミナル。エリア外だと
    Pocket WiFi®になることが多く、機器は選べない
「SoftBank 光」の開通日まで
「SoftBank 光」の申込日から起算して180日目まで
「SoftBank 光」をキャンセルした時点まで
So-net光プラス
  • ポケット型Wi-Fi
  • ホームルーター

※端末が選べ、端末に応じた通信容量が決められている

1ヶ月(31日間):無料
32日目以降:46円/日
受取手数料:550円
配送料:517円
※端末によって無料か有料、通信量の無制限端末も選べる

参照:So-net光プラス【開通まで安心 Wi-Fiレンタルについて】より

これらのサービスを利用すれば、乗り換えの空白期間があっても、Wi-Fiの心配をする必要がありません。

ただし、いずれも無料でレンタルできる期間が限られており、工事までに掛かる期間全てを賄えるとは限りません。

NURO光は2ヶ月間無料と最も長く無料でレンタル期間がありますが、繁忙期や工事が立て混んでいる時などは3,4ヶ月掛かることもあります。

そのため、Wi-Fiレンタルを利用しようと考えている方は、工事にかかる日数を必ず契約前に確認しておきましょう。

万が一、Wi-Fiの貸出がない場合や無料期間を超えそうな場合は、レンタルWi-Fiを利用するなどの準備は必要となりますね。

光回線乗り換えのメリット

光回線を乗り換えるメリットは、下記の通りです。

  • 通信速度が速くなる
  • キャッシュバックや割引で安くなる

光回線を乗り換えると、これまで利用していた光回線より通信速度が速くなる可能性があります

光回線の速度は、回線の種類とプロバイダに大きな影響を受けます。

回線やプロバイダが混雑していると、回線速度は遅くなってしまいます。

NURO光やauひかりなどの独自回線は、フレッツ回線に対して利用している人が少ないので速度が速くなることが多いです。

また、同じコラボ光で乗り換えた場合でも、プロバイダが変わると混雑が少なくなり、通信速度が速くなる場合があります。

基本的な光回線の通信速度は最大1Gbpsのところが多いですが、最近では5Gbpsや10Gbpsとハイスピードなプランも増えています。

さらに、光回線を乗り換える場合、キャッシュバックや割引で安くなることが多いのも魅力です。

スマホセット割や解約金無料・工事費無料などの特典が満載です。

例えば、今ドコモの携帯を利用していて、インターネット回線はソフトバンク光を使っている場合を考えてみましょう。

ドコモ光に乗り換える場合と、そのままソフトバンク光を使い続ける場合で3年間の合計費用は下記のように変わってきます。

乗り換え方 3年間の実質合計費用
ドコモ光に乗り換えた場合 134,620円
ソフトバンク光を継続した場合 205,920円

※ 住居タイプ:一戸建て スマホキャリア:ドコモ(ギガプラン) セット割引適用人数:1人 GMOとくとくBBから申し込んだ場合。
※価格はすべて税込

このように3年間の合計費用では、69,300円(税込)も安くなります

家族のスマホ費用も安くなるので、ドコモユーザーが多い家族はさらに安くなります。

キャッシュバックやスマホのセット割引などを活用してお得に乗り換えることをおすすめします。

それぞれの光回線が現在実施しているキャンペーンについては、本記事の光回線の乗り換えでおすすめのキャンペーンまとめをご覧ください。

光回線乗り換えのデメリットや注意点

光回線を乗り換えるデメリットや注意点は、下記の通りです。

  • 工事までに時間がかかる
  • 解約のタイミングによって、違約金が発生する可能性もある
  • 工事費の残債を支払う必要がある
  • 固定電話の番号が引き継げない可能性がある
  • Wi-Fiが使えなくなる期間が発生する場合がある

光回線を乗り換える場合、工事までに約1〜3ヶ月と時間がかかる可能性もあります。

そのため、利用していた光回線を早く解約してしまうと、空白期間が発生し、Wi-Fiが利用できなくなるかもしれません

しかし、乗り換え先の光回線で、Wi-Fiの貸出をしている場合もあるので、事前に確認してください。

工事については、立ち合いが必要になる場合もあります。

とくに独自回線に乗り換える際は、工事の立ち合いが必要なケースがほとんどです。

立ち合い工事の有無については、本記事の光回線の乗り換えでコラボ光だと工事不要になることがあるをご覧ください。

別のデメリットとして、光回線の契約状況によっては、違約金が発生するかもしれません。

光回線の契約は、2年または3年契約で定められています。そのため、契約期間内に解約すると、違約金を支払わなければならないので、注意が必要です。

違約金については2022年7月に法律の改正があり、光回線をいつ契約したかによって金額が異なるケースがあります。

違約金がいくらかかるかや、ベストな乗り換えのタイミングについては、本記事の光回線の乗り換えのタイミングは2年ごとが良い?をご覧ください。

また、別のデメリットとして、工事費の残債が請求されるケースもあります。

多くの光回線では工事費が実質無料になるキャンペーンを実施していますが、これは2年または3年かけて分割で割引になるケースがほとんどです。

そのため、乗り換え時点で未払い分が残っている場合は、一括で残債が請求されることになります。

乗り換えの際には工事費の残債があるかを確認しておきましょう。

また、固定電話を使っている場合には、光回線を乗り換えることによって現在使用している電話番号が使えなくなる場合もあります。

具体的に、電話番号が引き継げる場合と引き継げない場合は下記の表を参考にしてください。

発番した場所 コラボ光に乗り換える場合 独自回線に乗り換える場合
NTTのアナログ電話
フレッツ光
またはコラボ光のひかり電話
×
ソフトバンク
(おとくライン)
× ×
ソフトバンク
(ホワイト光電話)
× ×
ケーブルテレビ × ×
独自回線のひかり電話 × ×

表からも分かるように、NTTのアナログ電話で発番していない場合は、基本的に電話番号の引き継ぎ(番号ポータビリティ)ができません。

そのため、各社のひかり電話サービスで電話番号を発番した人は注意が必要です。

今使っている電話番号がどこで発番されたものかどうか分からない場合は、現在契約中の光回線事業者で確認しましょう。

光回線の乗り換えでおすすめのキャンペーンまとめ

光回線の乗り換えでおすすめのキャンペーンをまとめました。

光回線によって対応エリアや初期費用・キャッシュバック等が異なりますが、ほとんどの光回線では、割引やキャッシュバックが充実しており、乗り換えで利用していた光回線の違約金や乗り換え時の工事費を還元してくれます。

【注意点】

楽天ひかりの1年間月額料金無料キャンペーンは終了しました。現在のところ光回線の乗り換え先としては適していません。

フレッツ光は光コラボへの切り替えをおすすめしています。

個人向けのキャンペーンならフレッツ光は選ばない方が良いです。

お得に乗り換えるためにも、必ず詳細をチェックしてください。

ドコモ光|GMOとくとくBB

出典:ドコモ×GMOとくとくBB

月額料金
  • 戸建て1ギガ:5,720円
  • マンション1ギガ:4,400円
  • 戸建て・マンション10ギガ:6,380円
初期費用
  • 事務手数料:3,300円
  • 戸建て新規:19,800円
  • マンション新規:16,500円
  • 無派遣工事:2,200円
  • 屋内配線設置なし:8,360円
スマホ割
  • ドコモ:家族全員 毎月最大1,100円永年割引
平均通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 264.9Mbps
  • 平均アップロード速度: 279.78Mbps
  • 平均Ping値: 18.93ms
光回線
フレッツ回線(光コラボ)
キャッシュバック/キャンペーン
  • 38,000円のキャッシュバック
  • 乗り換えで解約違約金15,000円還元
  • 10ギガプラン申し込みの場合51,000円キャッシュバック
  • 1ギガプラン申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
  • 10ギガプラン申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 新規工事費0円キャンペーン
  • モバイルWi-Fi最大3ヶ月レンタル無料
  • ドコモ光専用無料訪問サポート
  • 1ギガプラン申し込みで高性能Wi-Fiルーターレンタル0円
  • 10ギガプラン申し込みで10ギガ対応高性能wi-Fiルーターが月額390円(税込)
オプション
  • ドコモ光電話(月額550円)
  • ドコモ光テレビオプション(月額825円)
  • ひかりTV
  • DAZN for docomo
  • スカパー!
  • Lemino
  • dアニメストア
  • ドコモでんき
契約期間
  • 2年定期契約
違約金
  • 戸建て:5,500円
  • マンション:4,180円
※上記金額は全て税込金額です。
みんなのネット回線速度2024/02/29時点の情報です。



この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

目次