フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ乗り換え手順!料金や速度の評判を徹底調査

2024年2月29日でSo-net光プラスは新規申込受付終了

「So-net光プラス」は、2024年2月29日で新規申込の受付を終了しました。
※参照:「So-net光プラス」の新規申込受付終了に関するお知らせ

新規申込受付終了に伴い、2024年3月1日より「So-net光S」、「So-net光M」、「So-net光L」の新しいプランが提供されています。

そのため、So-net光プラスで実施されていたキャッシュバックキャンペーンは終了するなど、特典内容が変更となっていますので注意が必要です。

新しいプランの主な内容については下記をご覧ください。

出典:So-net光

月額料金
【プランM】
  • 戸建て:4,378円(3年目以降:5,995円)
  • マンション:3,520円(3年目以降:4,895円)
【プランL】
  • 戸建て:5,720円(3年目以降:7,095円)
  • マンション:4,620円(3年目以降:5,995円)
【プランS(旧:So-net光minico)】
  • 戸建て:4,500円
  • マンション:3,400円
初期費用
  • 事務手数料:3,500円
  • 工事費:26,400円
  • 無派遣工事:3,300円
スマホ割
  • NUROモバイルセット割:12ヶ月間792円割引
平均通信速度
【プランM/L】
  • 平均ダウンロード速度: 241.81Mbps
  • 平均アップロード速度: 281.41Mbps
  • 平均Ping値: 16.1ms
【プランS(旧:So-net光minico)】
  • 平均ダウンロード速度: 139.66Mbps
  • 平均アップロード速度: 230.47Mbps
  • 平均Ping値: 14.98ms
光回線
フレッツ回線(光コラボ)
キャンペーン
  • 月額料金が2年間割引(プランM/L)
  • 回線工事費26,400円実質無料
  • 最大2カ月おためし工事費残債免除(プランS)
  • 同時申し込みで各種オプションが最大6ヵ月無料
オプション
  • v6プラス対応ルーターレンタル(660円/月)
  • S-SAFE(550円/月)
  • 安心サポートプラス(550円/月)※1
  • 安心サポート(330円/月)
  • くらしのお守りワイド(495円/月)
  • Benefit Station for So-net(550円/月)
  • インターネットサギウォール for So-net(330円/月)
  • 備えて安心 データ復旧(550円/月)
  • さくさくスイッチ(ワンデー)(220円/回)※2
契約期間
なし
違約金
なし
※上記金額は全て税込金額です。
※プランM/Lの平均通信速度はみんなのネット回線速度2024/06/24時点でのSo-net光プラスのデータを参照。
※1 最大6ヶ月無料特典は電話での申し込み限定。
※2 プランSのみ利用可能。最大6ヶ月無料特典対象外。


なお、現在So-net光プラスを利用中の方は、新規申込受付終了後も引き続き利用が可能です。

また、「So-net光minico」は「So-net光S」にサービス名称が変更となっています(サービスの内容や月額料金に変更はありません)。

\ 月額料金が2年間割引! /



\ 月額3,400円(税込)〜とお得! /



So-net光S(旧:So-net光minico)の評判を確認


この記事では、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の乗り換え手順をはじめ、料金や速度についての評判や口コミを徹底解説していきます。

フレッツ光からSo-net光M/Lへの乗り換え手順
  1. NTTに転用申し込みをして、転用承諾番号を発行
  2. 発行された転用承諾番号でSo-netに申し込む
  3. So-net光M/L(旧:So-net光プラス)が開通したらフレッツへ機器を返送する

結論から言うと、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換えは、2年間の月額料金を抑えたい人や、新しくNUROモバイルを使いたい人におすすめです。

また、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換え(転用)は、工事不要となるため初期費用を抑えられるなど、数々のお得な点もあります。

So-net 光 S/M/L
So-net 光 S/M/L
  • 2年間の月額料金を合計33,000円以上割引(プランM/L)
  • スマホ代が1年間安くなる(NUROモバイル)
  • v6プラス対応高速ルーターレンタルが同時申し込みで6ヵ月間無料

\ 月額料金が2年間割引! /

おすすめの光回線をチェックする
So-net光M/Lと共に検討すべきネット回線
目次

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ乗り換える手順

ソネット光Mトップ画像
画像引用元:So-net光Mより

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換え手順は、4ステップで方法さえ分かれば誰でも簡単に進められます。

「フレッツ光」から「So-net光M/L(旧:So-net光プラス)」への乗り換えで最も注意すべき点としては、利用しているプロバイダの更新月に合わせて解約をしないと違約金が発生してしまうところです。

乗り換えのステップ
  1. 利用しているプロバイダの更新月を確認
  2. NTTから転用承諾番号を取得
  3. So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の申し込み
  4. 切り替えと必要な機器の設置

「フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)に、乗り換えたくても手順がわからないからできない」という方も多いはずです。

ここでは、「プロバイダの更新月の確認」から、乗り換えの注意点や手続き方法など転用手続きが初めての方にも分かりやすいように解説していきます。

プロバイダの更新月を確認する

フレッツ光はプロバイダを選ぶことができるので、利用しているプロバイダによって更新月が変わってきます。

プロバイダとのインターネット契約は、2年契約となっているのが一般的で、2年以内に解約をすると違約金が発生する場合が多いです。

2年契約の場合だと、利用開始から24ヶ月目までに解約をすると違約金が発生してしまいます。

それぞれのプロバイダで、解約しても違約金が発生しない期間「更新月」が存在するので、更新月で解約xをするようにしましょう。

更新月はプロバイダによって違うので、詳しくは利用しているプロバイダに問い合わせると確認できます。

NTTから転用取得番号を取得する

転用取得番号とは、NTTがインターネット契約の転用を承諾したことを示す番号で、他の光コラボに転用手続きする前に必ず必要となる番号です。

当然、NTTから発行される番号なのでNTT西日本かNTT東日本に申し込んで、取得する必要があります。

NTTから転用取得番号を取得する前に、事前に以下の4点を準備してから手続きに進んでください。

用意しておく物
  • お客さまID、ひかり電話番号もしくはご契約者さまの連絡先電話番号
  • ご契約者様名
  • フレッツ光ご利用場所住所
  • フレッツ光ご利用料金のお支払い方法

上記の4点の準備が出来たら、フレッツ光公式サイト「光コラボレーション(転用)のお手続き」から、転用取得番号の取得手続きを進めていきます。

「同意事項の確認」→「ご契約情報の入力」もしくは「フレッツ光メンバーズクラブのログイン」→「お客様情報の入力」→「お客様情報の確認」→「お申込み完了」の手順で進めていけば、誰でも簡単に転用取得番号の取得手続き完了です。

ただし、転用取得番号は取得から15日間で期限が切れてしまうので、期限内に光コラボ事業所での手続きを完了させなくてはいけません。

転用取得番号の期限切れを防止するためには、転用取得番号の取得と同日にSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用手続きを進めることをおすすめします。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)を申し込む

NTTからフレッツ光の転用取得番号が取得できたら、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の公式サイトから転用の申し込みをおこないましょう。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の公式サイトから、「webで新規入会」をタップすると申込みフォームへと移動できるので、手続きを進めていきましょう。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の申込の手順

手順と内容
①お申込み回線の選択
フレッツ光からの転用となるので、「フレッツ光サービスを利用している(転用)」を選択。
②転用承諾番号の頭文字を選択
NTTから取得した転用承諾番号の頭文字を「E」と「W」から選択。
③利用場所のタイプ
So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の契約でインターネットサービスを利用する建物のタイプを「戸建」「マンション」から選択。
④NTTサービス利用状況
現在、利用していてSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用後も、継続して利用したいサービスがあれば該当箇所を選択して、利用していなければ「利用していない」を選択。
⑤WEBでのお申込み
注意事項の確認をして、問題なければ「So-netのサービスに初めて申し込む WEBで新規入会」をタップ。
⑥お客様の情報の入力
So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の契約をする本人の「名前」「転用承諾番号」「利用場所のタイプと住所」「回線タイプ」などを記入。
⑦オプションや支払い情報の選択
必要なオプションや支払いに使用するクレジットカードの情報を入力。
⑧規約の確認とキャンペーンや特典の確認
利用規約の情報と適用されるキャンペーンや特典の確認をする。
⑨メール・SMS配信設定
契約内容や通知用のメールアドレスとSMSの登録をする。

申し込みが正常に完了していれば「お申し込み受付のご連絡」メールが届き、後日、「So-net契約内容のご案内」が郵送で届きます。

申し込んだ際に、支払い方法の登録をしていない場合は、「So-net契約内容のご案内」の到着後に速やかに登録をしてください。

支払い方法の登録が完了していない状況では、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)のサービスが開始されません。

上記の手順を進めるだけで、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用の申し込みは、公式サイトから誰でも簡単に申し込むことができます。

\ 月額料金が2年間割引! /

切り替えと機器の設置

申込み手続きが完了して2日ほどすると、So-netより「開通・ご利用開始のご案内」メールが届きます。

メールにある、So-net接続IDで端末の設置をおこなってください

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の転用の際の機器設定は、NTTからレンタルで利用している危機の種類とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)で利用するルーターなどの機器によって、5種類のパターンがあります。

NTTからのレンタル機器に「PPP」と記載されたランプがある場合とない場合で、それぞれSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の無線ルーターを使用する場合としない場合の4パターン。

NTTからのレンタル機器に「PPP」と記載されているランプがある場合に限り、内蔵無線LANもしくは無線LANカードを使用する場合のプラス1パターンで計5パターンとなっています。

基本的な接続方法は以下の通りです。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の機器設定

  1. NTTからのレンタル機器と、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の無線ルーターをLANケーブルで接続
  2. So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の無線ルーターと利用するスマホや、PCのWi-Fi接続設定もしくはLANケーブルで接続
  3. Wi-FiもしくはLANケーブルで接続したスマホやPCで、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)のマイページにログイン
  4. ログイン後、So-net接続IDを入力して完了

上記の手順で、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への切り替えと機器の設置が完了です。

v6プラス対応ルーターを申し込んでいる場合も、ここで設置と設定をおこないます。

通常は「『So-net 光 プラス』に関するご連絡」という書類が郵送で、開通前に届きますが申し込み内容や配送状況によっては、開通後に届く場合もあります。

\ 月額料金が2年間割引! /

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換え(転用)での注意点

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換えをする際には、いくつかの注意点があります。

乗り換え(転用)での注意点
  • 事務手数料が掛かる
  • フレッツ光プロバイダの違約金
  • 工事費の残債
  • プランによっては工事が必要

上記の注意点の中で一番影響があり、損になってしまうのは「工事費の残債」で、残っていると100%支払う必要があります。

プロバイダの「違約金」は、解約のタイミングを間違えてしまうと支払う必要が出てくるので、解約月での解約が重要です。

「事務手数料」は入会手続きの際には必ず発生する料金なので、金額だけ把握していれば問題ないでしょう。

プランによっては「工事が必要」となっているので、対象プランについて知っておきたいですよね。

ここでは、気になる「事務手数料」の金額「違約金」のないタイミング「工事費の残債」の回避タイミング「工事が必要」な対象プランについて解説していきます。

事務手数料が掛かる

事務手数料 転用時の事務手数料
フレッツ光 解約手数料0円
So-net光M/L 申込み手数料
3,500円(税込)

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用は光コラボのみの乗り換えとなるので、フレッツ光の解約手数料は発生しません。

事務手数料として発生するのは、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の申し込み時の3,500円(税込)のみです。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ転用してもフレッツ光の回線はそのまま使用するため、回線工事も不要なので初期費用を抑えることができます。

この後で解説していますが、一部のプランによっては工事が必要となっています。

フレッツ光プロバイダの違約金

フレッツ光プロバイダの違約金 解約違約金
OCN 5,000円
DTI 11,000円
BIGLOBE 5,000円
nifty 3,300円

※表記の料金は全て税込となっています。

フレッツ光で「So-net」以外のプロバイダを利用している場合は、解約の際に違約金がかかる可能性もあるので注意が必要です。

ほとんどのプロバイダが「2年間」などの、最低契約期間を設けていて、その最低契約期間2年以内での解約をすると、上記のような解約違約金が発生してしまいます。

「2年間」の最低契約期間を過ぎても、1ヶ月から3ヶ月の「更新月」内に解約をしなければ、再度2年間の契約になってしまうケースもあるので、注意が必要です。

解約のタイミングや解約違約金の金額については、利用しているプロバイダのホームページや受付窓口で確認してください。

工事費の残債

フレッツ光の工事費は、プランによって8,360円(税込)~19,800円(税込)となっており、支払いは、全額一括払いと分割払いがあり、分割払いは24ヶ月に分けての支払いとなります。

工事費を分割払いにした場合、24ヶ月が終了するまでに解約をすると残額を支払う必要もあるので、転用のタイミングには注意が必要です。

分割払いの場合は、支払いが完了する24か月を過ぎてから乗り換えると、工事費の残債も無く転用ができます。

プランによっては工事が必要

利用しているプランが、フレッツ光ライト(100メガ・200メガのコース)の場合に限って、開通工事が必要な場合があります。

開通工事は、30分~1時間かかる上に立ち合う必要があり、自分の都合を空けておかなければいけません。

マンションタイプで、すでに回線の設備が整っている場合は立ち合い工事は不要なので、転用の際には自宅に設備があるかどうかの確認をしておきましょう。

【開通工事の費用】
立ち合い工事あり:11,000円(税込)【48回か60回支払い】
立ち合い工事なし:2,200円(税込)【一括払いのみ】

立ち合い工事の有無で工事費もかなり差が出てくるので、申し込み時に設備の有無も確認するようにしましょう。

\ 月額料金が2年間割引! /

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ乗り換えるメリット


フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換えで、1番のメリットは2年間の月額料金割引特典がもらえることです。

もちろん割引特典以外にも、メリットはいくつかあります。

So-net光M/Lへ乗り換えるメリット
  • 2年間の月額料金割引特典
  • スマホ代が安くなる(NUROモバイル)
  • 転用で工事費用が不要
  • 高速ルーターのレンタル料が最大6ヶ月無料

2年間の割引特典を筆頭に、「スマホセット割」「工事費無料」「高速ルーターのレンタル6ヶ月無料」と初期費用を抑えられる特典が、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用がお得と言えるポイントです。

ここでは、それぞれのメリットとなるサービスや特典について、解説していきます。

2年間の月額料金割引特典

出典:So-net光M

月額基本料金2年間割引
【プランM/L】
  • 戸建て:1,617円/1,375円割引
  • マンション:1,375円/1,375円割引
【プランM】割引後月額料金
  • 戸建て:4,378円(3年目以降:5,995円)
  • マンション:3,520円(3年目以降:4,895円)
【プランL】割引後月額料金
  • 戸建て:5,720円(3年目以降:7,095円)
  • マンション:4,620円(3年目以降:5,995円)
※料金は税込み表示です。
So-net光M/L(旧:So-net光プラス)に転用すると、2年間の月額料金割引特典を受けることができます。

この特典により、2年間利用を続けると、戸建て・マンションプランともに月額料金が30,000円以上お得になります。

ただし、3年目以降は割引がなくなり、月額料金が高くなってしまうので注意が必要です。

そのため、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)は、2年間の短期利用に向いていると言えるでしょう。

なお、光回線を3年以上の長期利用で考えている人は、NURO光のがSo-net光M/Lよりも基本料金が安く通信速度も速いのでおすすめですよ。

▽60,000円キャッシュバック!▽

>NURO光で高額キャッシュバックを受け取る

NURO光の評判をチェック

NURO光への乗り換え手順を確認

スマホ代が安くなる(NUROモバイル)

So-net光minico 出典:So-net光

キャンペーン
So-net光&NUROモバイル セット割
内容
NUROモバイル利用でスマホ代が12ヶ月間792円(税込)割引
条件
So-net光&NUROモバイルをセットで申し込む
対象NUROモバイルプラン
  • 音声通話付きSIMのバリュープラス
  • VSプラン(3GB)/VMプラン(5GB)/VLプラン(10GB)/VLLプラン(15GB)
  • NEOプラン(20GB)
  • NEOプランW(40GB)
割引額・金額
NUROモバイルの月額基本料金から12ヶ月間792円(税込)割引
キャンペーン期間
期間の定めなし

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用と同時にNUROモバイルを申し込むことで、1年間のNUROモバイル月額基本料金が792円(税込)割引となります。

NUROモバイル音声通話付きSIMのバリュープラス【VSプラン(3GB)/VMプラン(5GB)/VLプラン(10GB)/VLLプラン(15GB)】、NEOプラン(20GB)、NEOプランW(40GB)のいずれかがセット割の対象です。

NUROモバイルの別プランでも割引が受けられるかどうか?は、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の申し込み後に来るメールで確認できます。

これからNUROモバイを検討している人はSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ乗り換えると大変お得に利用できますよ。

なお、すでにNUROモバイルを使っている人は対象外ですのでご注意ください。

転用で工事費用が不要

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用は、基本的には工事が必要ないので無料です。

新規でSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の申し込みをすると、フレッツ光の回線工事が必須となるので、工事費がかかります。

新規の工事費用としては、自宅の屋内配線の有無で違いがあり、屋内配線工事が必要の場合は26,400円(税込)、屋内配線工事が不要な場合は2,200円(税込)となっています。

すでにフレッツ光を利用していて、別のプロバイダからSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ転用する場合は、配線をそのまま使用するので工事が不要となります。

高速ルーターのレンタル料が最大6ヶ月無料

ルーターレンタル 画像引用元:So-net光より

キャンペーン名
v6プラス対応高速ルーターレンタル最大6ヶ月無料
期間
申し込みから6ヶ月後の末日までに支払い方法を登録
キャンペーン終了日は未定
条件
So-net光S/M/Lいずれかに申し込みと同時にルーターレンタルも申し込むこと
キャンペーン内容
v6プラス対応ルーター(660円/月:税込)が最大6ヶ月無料でレンタルできる
※利用開始月を1カ月目として26カ月目以降に解約した場合、ルーターの返却は不要。機器未返却違約金はかかりません。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ転用すると、v6プラス対応高速Wi-Fiルーターが最大6ヶ月無料でレンタルできます。

通常月額660円(税込)のレンタル料金が最大6ヶ月無料になるのは、かなりお得です。

転用と同時に高速ルーターレンタルの申し込みが条件となっているので、忘れずに申し込むようにしましょう。

紹介したメリットについては、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の公式サイトからも確認できます。

\ 月額料金が2年間割引! /

フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の違いを比較

光回線を利用するには光回線業者とプロバイダの2社があり、両社との契約が必要となります。

フレッツ光ではこの2社との契約をする必要あるため、支払いをそれぞれにしなくてはいけません。

しかし、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)であればセットになっているため、1社との契約でどちらの支払いも1つにまとめることが可能です。

フレッツ光とSo-net光M/Lの違い
  • 料金
  • 契約年数と解約金
  • 通信速度
  • 口コミや評判
  • オプション

「料金」「契約年数と解約違約金」「通信速度」「口コミや評判」「オプション」の5点を比較して、フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の違いについて解説していきます。

料金

月額料金 ファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
(集合住宅)
So-net光M/L 5,995円(M)
7,095円(L)
4,895円(M)
5,995円(L)
NTT東日本
フレッツ光
5,170円 3,355円~4,455円
NTT西日本
フレッツ光
4,730円 4,070円~4,950円

※表記している料金は全て税込です。

フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の違いで、気になる点として大きな割合を占めるのが、料金の違いではないでしょうか。

表を見ただけでは、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の方が高く見えますが、フレッツ光はプロバイダ契約が必要なので、上記の料金にプロバイダ料金が追加されます

フレッツ光のプロバイダ料金は平均550円(税込)~1,320円(税込)で、フレッツ光の月額料金に追加される計算です。

結果として、基本料金ではフレッツ光とSo-net光Mの料金に大きな差はありません。

プロバイダ料金の請求が別途発生しないうえに、2年間の月額料金割引特典やスマホ割が適用されればさらに料金はお得になる分、So-net光Mの方がおすすめといるでしょう。

契約年数と解約金

NTT東日本
(にねん割)
NTT西日本
(光はじめ割)
契約期間
申し込み翌月から
24ヶ月間
申し込み翌月から
24ヶ月間
解約金(戸建タイプ)
10,450円 11,000円
解約金(マンションタイプ)
1,650円 11,000円
更新月
申し込み翌月から
25ヶ月目から26ヶ月目
申し込み翌月から
25ヶ月目から26ヶ月目

※表記の料金は全て税込料金です。

フレッツ光には、NTT東日本とNTT西日本でそれぞれ「にねん割」「光はじめ割」という2年間だけ毎月の利用料金が安くなるキャンペーンをやっています。

「にねん割」や「光はじめ割」を利用すると、2年後の更新月以外に解約をすると解約金が発生してしまいます。

NTT東日本の「にねん割」では、戸建タイプで10,450円(税込)のマンションタイプで1,650円(税込)の解約金を支払わなければいけません。

NTT西日本の「光はじめ割」は、一律11,000円(税込)の解約金を支払う必要が出てきます。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用では、プロバイダの変更のみでフレッツ光の利用は継続していると判断されるため、解約金も発生しません。

通信速度

平均速度 フレッツ光
(ネクスト)
So-net光M/L
平均Ping値 20.03ms 16.1ms
平均速度
(下り)
251.2Mbps 241.81Mbps
平均速度
(上り)
261.83Mbps 281.41Mbps

参照元:みんなのネット回線速度より
※2024/06/24時点の情報となります。

フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)を比較してみると、平均ダウンロードと平均アップロードでは大差なく同じような数値となっています。

しかし、反応速度を示すping値はSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の方が若干速いのが分かります。

一般的にping値が0~40msだと速いと言われるので、フレッツ光もSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)も両方速い数値なのですが、20msを切っているSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の方が利用していても反応が速く感じるかもしれません。

昨今はテレワークをされる方も増えているので、Web会議などをする機会が多いためping値も重要とされています。

zoomなどのWeb会議では0~15msのping値であれば快適とされているため、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)のping値はそれに迫る数値です。

テレワークなどでWeb会議をする機会が多くて、フレッツ光から転用を考えている人にはSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用をおすすめします。

口コミや評判

ここでは、フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)を利用した方の口コミ体験談をご紹介します。

※以下でご紹介しているのは「So-net光プラス」の口コミです。新プランの「So-net光M/L」の口コミではありません。

フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の口コミ体験談を確認しても、どちらも比較的いい口コミや評判が多いようです。

フレッツ光はNTTが運営する光回線サービスだけに、長年利用されている方も多いようです。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)は、フレッツ光の回線をそのまま利用しているのでサービス自体よりも、料金やサポート面で満足されている方が多いように見えました。

口コミにもありますが、月額料金が3,000円代でフレッツ光の回線が利用できるのであれば、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)はおすすめできる光コラボ業者と言えます。

とても速い
光に乗り換える前は、ADSLでも十分だと考えており、なかなか踏ん切りがつきませんでした。光でも料金がADSL並みに安くなるということでようやく乗り換えましたが、すぐにそのインターネットの速さに気づかされました。サイトや動画の読み込みであったり、PDFのダウンロードの速度の次元が全く違うのです。これだけ快適ならば今よりもう少し高いお金を出してもいいかなとさえ思ってしまいます。総じて非常に満足です。
引用元:みん評「フレッツ光の口コミ・評判」より

こちらの方は、初めて光回線を利用した方のようで、通信速度の速さに驚かれているようです。

光回線よりも以前に普及していた、ADSL回線の最大速度は50.5Mbps、上り12.5Mbpsです。

対して、光回線の最大速度は1Gbpsと言われています。

数値でこれだけの差があると、光回線の速度に驚いてしまいますよね。

不満の残るプロバイダー。
現在自宅のマンションでSo-net光コラボレーションを利用しています。
料金は、通常のインターネットの料金から自分の使っているauとの併用割引が適用されて月々3,000円を切っているので、比較的に安いかと思います。
質としては、マンションの設備等の影響はあるかと思いますが、若干スピードの遅さを痛感します。特に夜間の時間帯はネットサーフィンするにもページの読み込みに時間がかかるのが多少のストレスです。ですが、電話等のサポートはしっかりしているので、ネット自体は安心して利用できます。引っ越し等でネットをやめない限りはそのまま使い続けたいと思います。

引用元:みん評「So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の口コミ・評判」より

auユーザーの方でSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への利用で、かなりお得になるようです。

月額料金が3,000円を切るのは、かなり魅力的な特典ですね。

マンションタイプだと設備の影響で、回線速度が遅くなることがあっても、サポートがしっかりとしていることもあり、満足されているようです。

料金据え置きのまま、新サービスに移行してくれた
8年以上OCNwithフレッツ光を利用しています。選んだ理由はNTTグループの安心感からでした。マンションで使用していて、当方のマンション利用者の多くがフレッツを利用しているので、毎月の基本料が500円ほど安くなっており、さらに7年以上利用による「もっともっと割」で700円ほど割り引かれ、かなり月額料金が安い状態で料金的に満足しています。
さらにフレッツで良かったと思ったのが、旧サービスのフレッツ光プレミアムからネクストへ移行した際のことです。新サービスのネクストへ移行した結果、速度が2倍ほどにアップしましたが、料金がそのまま据え置かれた点です。工事費も必要なく、料金そのままでサービスが拡充されたので、本当に満足しています。

引用元:みん評「フレッツ光の口コミ・評判」より

この方のように、フレッツ光を長年利用している方には、料金据え置きで新サービスを利用できるのは嬉しいですね。

プロバイダはOCNを利用されているようですが、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)に転用したとしてもフレッツ光のサービスをそのまま引き継げます

基本的には快適だが…休日の夜間に難アリ
料金を他社と比較して、キャンペーンを利用すると多少安かったので利用しました。基本的には田舎でありつつも回線速度はそれなりで問題ありませんでした。しかし、突発的に速度がADSLより低速になることがあります(ひどい時は1Mpbs以下もザラに…)。何度か検証した所、平日は大抵一般的な速度を維持していますが、休日の夜間などの混雑時にそのような低速状態が発生していたようです。何度かクレームをいれてしばらく経ったら突然何の報告もなしにそのような状態は改善していましたが、次にいつなるかと思うと少し不安です。

引用元:みん評「So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の口コミ・評判」より

基本的には速度も問題なく使えるようですが、休日の夜間が極端に遅くなるのが難点のようです。

この方は、ご自分でも言われているように、比較的田舎にお住まいのようなので、特段遅くなってたのかもしれません。

何の報告もなしに状態が改善されていたということは、お住まいのエリアに対してサポートがあったのでしょう。

その他にも、速度が遅くなる原因としては、お住まいの建物の設備や環境に左右されることもあるので、その点を確認して対応できればSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)でも安定したインターネット環境ができるはずです。

ただ、時間や設備の環境によって極端に回線速度が遅くなることは、どちらでもあり得るようです。

オプション

概要 お得な点
So-net光電話
  • 月額基本料金・通話料お得なIP電話
  • 固定電話として使用している電話機と電話番号をそのまま利用
  • 通話料は、全国一律で9円/3分とかなりの格安
So-net光テレビ
  • アンテナ無しで地上デジタル放送やBS放送を楽しめる
  • 光ファイバー伝送で、台風や強風などの悪天候にも影響されにくい
  • 安定したテレビ視聴ができるサービス
24時間出張オプション
  • 24時間・365日対応の保守サービス
  • 深夜や休日も関係なく出張可能
  • ルーターの故障などのトラブルも対応
  • 出張修理してくれるので、安心して利用できる

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)に転用すると、様々な追加オプションが用意されています。

どのオプションにも追加料金が必要ですが、自分の生活スタイルなどに合わせてオプションを追加する選択肢もあるのも、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の特典とも言えます。

フレッツ光とSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の違いを比較してみましたが、料金や速度などに大きな違いはありませんでした。

ただ、フレッツ光ではプロバイダ業者とも契約をする必要があり、支払いが2社になってしまうため多少のめんどくささを感じました。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ転用すれば、請求も含めて全ての対応がSo-netのみとなるところも、フレッツ光よりいい点ではあります。

また、回線速度も月額料金にも大差がないのであれば、2年間の月額料金割引特典がもらえるフレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用をおすすめします。

\ 月額料金が2年間割引! /

フレッツ光からの転用で最もおすすめな光コラボ

人気の光コラボ
基本情報
月額基本料
(戸建てタイプ)
月額基本料
(マンションタイプ)
スマホセット割対象 転用でのキャッシュバック金額
So-net光M/L 5,995円(M)
7,095円(L)
4,895円(M)
5,995円(L)
NUROモバイル
ドコモ光 5,720円 4,400円 ドコモ 38,000円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 ソフトバンク、ワイモバイル 25,000円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円 au、UQモバイル 40,000円+最大20,000円(6月19日まで!)※1
@nifty光 5,720円 4,378円 au、UQモバイル 10,000円
DTI光 5,280円 3,960円 au
IIJmioひかり 5,456円 4,356円 IIJmio
楽天ひかり 5,280円 4,180円 楽天モバイル
エキサイトMEC光 1年間:4,428円
2年目~:4,950円
1年間:3,355円
2年目~:3,850円
GMOとくとくBB光 4,818円 3,773円 最大49,000円
@スマート光 4,730円 3,630円

※表記の料金は全て税込となっています。
※1 当サイト経由の申し込み限定です。

>エキサイトMEC光の評判は?実際の口コミやお得なキャンペーンを解説

フレッツ光から光コラボに転用すると、お得に光回線を利用することができます。

しかし、光コラボ業者は600社以上もあり、正直どこがおすすめなのか分かりにくいところです。

大手の光コラボでは、ほとんどの業者で携帯大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホセット割の対象となっています。

月額料金を比較してみてもそれほど大差はないので、やはり使用しているスマホとのセット割やキャッシュバックで、各社それぞれお得感を出しているのが分かります。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)は、NUROモバイルのスマホ料金が割引される「スマホセット割」と、合計割引額30,000円(税込)以上の「2年間の月額料金割引特典」があります。

ドコモ光は、ドコモの毎月のスマホ料金が最大1,100円(税込)安くなる「ドコモ光セット割」と、オプション条件なしで一律35,000円の「高額キャッシュバック」のダブルでお得です。

ソフトバンク光は、ソフトバンクとワイモバイルのスマホで毎月の料金が割光される「おうち割光セット」と転用で25,000円の「高額キャッシュバック」。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)、ドコモ光、ソフトバンク光の3社は利用者の多い3大携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ料金が安くなる特典があり、合わせて高額のキャッシュバックや割引があることからも、フレッツ光からの転用でおすすめできる光コラボとなっています。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)

NUROモバイルセット割
画像引用元:So-net光M

新しくNUROモバイルを使いたいならSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)がおすすめです。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)に「新規」もしくは「転用」で契約し、併せてNUROモバイルにも申し込むことで、1年間の月額料金が792円(税込)割引されるセット割を適用させることができます。

2年間の月額料金割引特典と合わせて考えると、かなりお得な特典といえるでしょう。

So-net光M/L(旧:So-net光プラス)の割引特典による割引額は、転用でも合計30,000円以上と高額になっています。

ドコモ光

ドコモ光セット割
画像引用元:ドコモ光公式代理店GMOとくとくBBより

ドコモ光はドコモが運営する光コラボなので、当然ドコモのスマートフォンとのセット割が対象となっています。

ドコモのスマホユーザーでドコモ光と契約をした場合には、ドコモのスマホ料金から最大1,100円(税込)の割引されるセット割が適用可能です。

ドコモ光のセット割は、面倒なオプション申し込みの必要もなく、ドコモのスマホを利用している家族全員分が対象となっています。

家族全員ドコモユーザーという家庭なら、かなりの割引となる嬉しいセット割ですよね。

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンは、代理店GMOとくとくBBから契約すると転用でオプション条件なしの一律35,000円です。

キャッシュバックの受け取りは、課金2ヶ月後に付与されるため、受取までの期間の短さがおすすめなと言えるでしょう。

また、auやソフトバンクでは、格安プランのUQモバイルやワイモバイルもスマホ割の対象となっているのに対して、ドコモではOCNモバイルONEやahamoはスマホ割の対象となっていません。

ソフトバンク光

ソフトバンク光おうち割光セット
画像引用元:ソフトバンク光公式代理店Yahoo!BBより

スマホや携帯電話が「ソフトバンク」か「ワイモバイル」のユーザーであれば、ソフトバンク光で毎月の支払いがお得になるでしょう。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーがソフトバンク光を契約すれば、「おうち割光セット」が適用されます。

ソフトバンクスマホ1台につき、最大1,100円が毎月の料金から割引されます。

ワイモバイルスマホなら、最大1,188円の割引となるので、かなりお得に利用できます。

また「おうち割セット光」は、家族だけでなく恋人や同居人でも対象で、最大10回線まで適用されます。

家族や同居人がソフトバンクユーザーなら、ソフトバンク光へ乗り換えることで大幅な通信費の節約が期待できます。

ソフトバンク光キャッシュバックは、Yahoo!BBから申し込むと、フレッツ光から「転用」で25,000円(税込)がもらえます。

ソフトバンクへの乗り換えでもらえるキャッシュバックの受け取りは最短で利用開始から5ヶ月後です。

ただし、キャッシュバックは現金ではなく、普通為替にて発送されるので、換金する必要がある点に注意しましょう。

\ 月額料金が2年間割引! /

auひかりとSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)を比較

auひかりが独自回線なのに対して、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)はフレッツ光の回線を使っている光コラボ業者という点が大きな違いとなっています。

そのため、フレッツ光と同じくauひかりとの契約でも、プロバイダ契約が必要となるので光回線とプロバイダの2社との契約が必要です。

フレッツ光からauひかりに乗り換えた場合、回線が変わるので工事が必要になり、工事費だけでも40,000円を超えることもあります。

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用であれば、工事も不要で初期費用を抑えられますし、工事を待たずにネットの切り替えで乗り換えらえるのでネットが使えない期間などもなく簡単に乗り換えができます

auひかりとSo-net光M/Lを比較
  • 料金を比較
  • 通信速度を比較

ここでは、auひかりとSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の料金と通信速度の2つを比較、解説していきます。

料金を比較

So-net光M/L auひかり
基本料金(戸建てタイプ)
【プランM】
戸建て:4,378円
(3年目以降:5,995円)
【プランL】
戸建て:5,720円
(3年目以降:7,095円)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
基本料金(マンションタイプ)
【プランM】
マンション:3,520円
(3年目以降:4,895円)
【プランL】
マンション:4,620円
(3年目以降:5,995円)
3,740円~5,500円
キャッシュバック
最大72,000円
工事費
転用は基本的に無料 33,000円~41,250円
実質月額料金
3,520円~5,720円 戸建て:3,343円 ※1
マンション:1,764円 ※1

※表記されている料金は、すべて税込となっています。
※1 実質月額料金=(初期費用+((月額料金+オプション料金)×契約期間)-キャッシュバックなどの割引額)/契約期間
※1 戸建ての月額料金は1年目と2年目の料金を足して2で割った料金

月額料金やキャッシュバックでは、auひかりの方が安くてお得に感じますが、フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用では、基本的に工事不要なので工事費は無料となります。

また、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)ではルーターを最大6ヶ月無料でレンタルも行っているので、初期費用を抑えられるのも魅力です。

プランもSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)は、戸建てタイプとマンションタイプの2つしかないので、auひかりのようにプランの選択に悩むこともありません。

通信速度を比較

平均回線速度 So-net光M/L auひかり
平均Ping値 16.1ms 14.72ms
平均速度
(下り)
241.81Mbps 524.73Mbps
平均速度
(上り)
281.41Mbps 550.84Mbps

引用元:みんなのネット回線速度
※2024/06/24時点の情報です。

auひかりとSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)の平均速度を比較してみると、auひかりの方が回線速度が早いことがわかります。

auひかりは独自回線であるのに対して、光コラボのSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)ではフレッツ光の回線を多くのプロバイダで共有しています。

そのため、どうしても利用者多くなる時間帯などは速度が落ちることもありますね。

しかし、So-net光でも平均ダウンロードスピードでは 241.81Mbpsと一般的なネット検索や動画視聴など日常の利用では十分すぎる速度です。

よほど大きな容量のファイルを頻繁にダウンロードしたり、アップロードするような人でなければ、体感スピードはさほど変わらないでしょう。

シンプルで選びやすいプランと初期費用が抑えられるという点で、一般ユーザーであればフレッツ光から乗り換えるなら、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)がおすすめです。

\ 月額料金が2年間割引! /

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換えで利用可能なキャンペーン

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への乗り換えで利用可能なキャンペーンをまとめました。

So-net 光 M/Lのキャンペーン
月額基本料金2年間割引
【プランM/L】
  • 戸建て:1,617円/1,375円割引
  • マンション:1,375円/1,375円割引
【プランM】割引後月額料金
  • 戸建て:4,378円(3年目以降:5,995円)
  • マンション:3,520円(3年目以降:4,895円)
【プランL】割引後月額料金
  • 戸建て:5,720円(3年目以降:7,095円)
  • マンション:4,620円(3年目以降:5,995円)
工事費相当26,400円割引
<派遣工事>
1カ月:回線工事費2,200円割引
2~23カ月:回線工事費1,100円割引
<無派遣工事>
1カ月:回線工事費3,300円割引
※ご利用開始翌月を1カ月目とします。
NUROモバイル セット割
利用開始月を除く12カ月間NUROモバイルの月額基本料金から792円割引
【対象のNUROモバイルプラン】
  • 音声通話付きSIMのバリュープラス
  • VSプラン(3GB)/VMプラン(5GB)/VLプラン(10GB)/VLLプラン(15GB)
  • NEOプラン(20GB)
  • NEOプランW(40GB)
Wi-Fiモバイルルーターがまるまる1ヶ月無料
申し込みから31日目までWi-Fiモバイルルーターレンタルが0円
回線と同時申し込みでオプションが最大6ヶ月無料
  • v6プラス対応ルーター(660円/月)
  • S-SAFE(550円/月)
  • 安心サポートプラス(550円/月)※1
  • 安心サポート(330円/月)
  • くらしのお守りワイド(495円/月)
  • Benefit Station for So-net(550円/月)
  • インターネットサギウォール for So-net(330円/月)
  • 備えて安心 データ復旧(550円/月)
※上記金額は全て税込金額です。
※1 最大6ヶ月無料特典は電話での申し込み限定。

フレッツ光からSo-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用で、2年間の月額料金割引特典を受けられます。

この特典により、2年間の月額料金が合計で30,000円以上お得になります。

さらに、v6プラス対応ルーターレンタルが最大6ヶ月無料、各オプションも同時申し込みで月額料金が最大6ヶ月無料です。

使いたいオプションサービスがあれば、So-net光M/Lと一緒に申し込みましょう。

月額料金が2年間割引

出典:So-net光M

月額基本料金2年間割引
【プランM/L】
  • 戸建て:1,617円/1,375円割引
  • マンション:1,375円/1,375円割引
【プランM】割引後月額料金
  • 戸建て:4,378円(3年目以降:5,995円)
  • マンション:3,520円(3年目以降:4,895円)
【プランL】割引後月額料金
  • 戸建て:5,720円(3年目以降:7,095円)
  • マンション:4,620円(3年目以降:5,995円)
※料金は税込み表示です。
So-net光M/L(旧:So-net光プラス)へ乗り換えると、月額料金が2年間割引されます。

2年間で戸建てなら38,808円(税込)、マンションなら33,000円(税込)お得です(プランMの場合)。

3年目以降は月額料金が高くなるので、So-net光M/L(旧:So-net光プラス)は、2年間の短期利用に向いている光回線と言えるでしょう。

v6プラス対応高速ルーターレンタルが最大6ヶ月無料

ルーターレンタル 画像引用元:So-net光より

キャンペーン名
v6プラス対応高速ルーターレンタル最大6ヶ月無料
期間
申し込みから6ヶ月後の末日までに支払い方法を登録
キャンペーン終了日は未定
条件
So-net光S/M/Lいずれかに申し込みと同時にルーターレンタルも申し込むこと
キャンペーン内容
v6プラス対応ルーター(660円/月:税込)が最大6ヶ月無料でレンタルできる
※利用開始月を1カ月目として26カ月目以降に解約した場合、ルーターの返却は不要。機器未返却違約金はかかりません。


So-net光M/L(旧:So-net光プラス)への転用と同時に申し込むことで、v6プラス対応高速ルーターのレンタル月額料金が最大6ヶ月無料になります。

同時に申し込むことが条件になるので、利用したい場合は忘れずに申し込みましょう。

本来は月額 660円(税込)かかるので、半年間無料で使えるのはお得ですね。

各オプションが同時申し込みで最大6ヶ月無料

キャンペーン
So-netオプションサービスが6ヶ月無料お試し
内容
同時申し込み
v6プラス対応ルーター(660円/月)
S-SAFE(550円/月)
安心サポートプラス(550円/月)※1
安心サポート(330円/月)
くらしのお守りワイド(495円/月)
Benefit Station for So-net(550円/月)
インターネットサギウォール for So-net(330円/月)
備えて安心 データ復旧(550円/月)
条件
So-net光と同時申し込み
キャンペーン期間
期間の定めなし

※上記金額は全て税込金額です。
※1 最大6ヶ月無料特典は電話での申し込み限定。

ルーターレンタル以外のオプションも、転用と同時に申し込むことで、最大6ヶ月無料にできます。

なお、無料期間終了後は自動で課金されるため、必要のないオプションは解約するようにしましょう。

各オプションの内容については以下をご覧ください。

S-SAFE
PC、スマホをインターネットのさまざまな脅威から保護するセキュリティソフト。月額利用料金550円で最大7台までインストール可能
So-net安心サポート
パソコンやインターネットにまつわる疑問や不安を電話1本で解決する月額利用料金330円のサポートサービス。パソコンを遠作操作でリモートサポートも可能。
So-netくらしのお守りワイド
自宅の水回り・鍵など生活のトラブルを専門業者が月額利用料金495円で解決するサービス。インターネット接続機器の水濡れ・破損など万一の場合の出費をバックアップする保険もあり
インターネットサギウォールforSo-net
フィッシング詐欺やワンクリック詐欺に特化したセキュリティ対策ソフト。月額330円で最大3台までインストール可能
So-net備えて安心データ復旧
パソコンやタブレットなどの故障やうっかりの破損で読み込めなくなったデータを救出し復旧することができるサービス。月額550円

※上記金額は全て税込金額です。

\ 月額料金が2年間割引! /

この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次