DMM光からドコモ光への乗り換え手順!メリットや注意点も解説

この記事では、DMM光からドコモ光へ乗り換える手順やメリット、注意点などを解説します。

DMM光は現在新規受付を終了しています。

既存のユーザーは今のところ使い続けることができますが、今後の事業展開やサポート体制などは不透明で不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

今のうちに、好条件の光回線 乗り換えをしてみるのも一つの方法ですよ。

DMM光は光コラボ回線のため、事業者変更という制度を使い、工事なし・電話番号変更なしで簡単に乗り換えられ、思っているよりも手続きは難しくありません。

「ドコモ光代理店 GMOとくとくBB」からの申込による実質無料でお得に乗り換える方法もお伝えしていきますね。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

【9月のおすすめキャンペーン情報】


光回線の乗り換えにオススメの申込窓口はドコモ光×GMOとくとくBBです。

ドコモ光×GOMとくとくBBでは、オプション条件なしで45,000円のキャッシュバックを最短5ヶ月後に受けることができます。

他にも解約違約金補助として15,000円のキャッシュバックや、10ギガの申し込みで10,000円のキャッシュバック、v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターのレンタル無料など、お得な特典が多数あります!

画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB

\ トータルでコスパが良いのは! /

※すでにドコモ光利用中のお客さまが、プロバイダのみGMOとくとくBBに変更された場合は対象外です。

2023年2023年10月 ドコモ光最新ニュース

ドコモにてiPhone15発売中

ドコモのiPhone15の予約情報より

2023年10月2日現在、ドコモオンラインショップにてiPhone 15が予約なしで購入可能です。

iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Maxの現在予約受付分の入荷は、10月下旬以降の入荷となっています。

入荷情報の詳細は、以下のリンクをご覧ください。

ドコモのiPhone 15の在庫状況の詳細
ドコモのiPhone 14の値下げ情報の詳細
iPhone 15予約方法まとめ
過去のニュース※クリックすると開きます

ドコモ光 10ギガNTT西日本提供エリア拡大

2023年9月25日より、「ドコモ光 10ギガ」戸建・マンション向けプランの提供エリアが拡大しました。

今回新たに提供が開始されたのは、奈良県、三重県などのNTT西日本エリア一部地域です。

【新規提供エリア】
府県域 提供エリア
大阪府 豊中市※1、枚方市、高槻市、寝屋川市、岸和田市、守口市、箕面市、泉大津市、交野市、四条畷市
和歌山県 田辺市
京都府 京都市※1、亀岡市、八幡市
奈良県 奈良市、橿原市、香芝市
滋賀県 大津市、長浜市、守山市、栗東市
兵庫県 神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、明石市、芦屋市
愛知県 豊田市、安城市、あま市、知立市、長久手市
静岡県 静岡市、裾野市
三重県 津市、四日市市
出典:NTT西日本公式サイト ※1 一部エリアでは提供済み

「irumo(イルモ)」ドコモショップオンラインで機種変更可能に

irumo 画像引用元:irumo公式サイト

2023年9月6日より、ドコモオンラインショップにて、料金プラン「irumo」を継続したまま機種変更が可能となりました。

なお、ドコモオンラインショップでは、irumoへのプラン変更または新規申し込みはできないためご注意ください。


ドコモ光「タイプC」の提携CATVに「株式会社エヌ・シィ・ティ」が追加

2023年9月1日より、ドコモ光 「タイプC」に、提携CATV「株式会社エヌ・シィ・ティ」の提供エリアが追加されました。

ドコモ光「タイプC」とは、ケーブルテレビの設備を使ったドコモの光インターネットサービスです。

提携ケーブルテレビのテレビサービス、電話サービスをご利用の場合、そのまま切り替えが可能です。

また、「ドコモ光セット割」にも対応しています。

GMOとくとくBB×ドコモ光 キャッシュバック増額!

とくとくBB ドコモ光画像引用元:GMOとくとくBB×ドコモ光

2023年8月8日から、GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックがさらに増額されました!

オプション加入なしで受け取れる全員対象のキャッシュバックが35,000円から45,000円に変更されています。

増額キャンペーンの終了時期は未定ですので、お早めにお申し込みください!

GMOとくとくBB×ドコモ光 キャッシュバック増額!

とくとくBB ドコモ光 画像引用元:GMOとくとくBB×ドコモ光

2023年8月4日から、GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックが増額されました!

乗り換え時の解約違約金還元額が、10,000円から15,000円にUPしています。

現在GMOとくとくBB×ドコモ光で実施中のキャッシュバックは以下のとおりです。

  • GMOとくとくBB限定CB:35,000円
  • 他社違約解約金還元:15,000円
  • 10ギガプラン申し込み特典:10,000円


ahamo光提供スタート!

ahamo光 画像引用元:ドコモ公式サイト

2023年7月1日より、株式会社NTTドコモから「ahamo光」の提供が開始されました。

ahamo光はドコモ光の新プランで、ahamoユーザーを対象にした低料金のプロバイダ一体型光回線サービスです。

【ahamo光 月額料金】
マンション 戸建て
3,630円 4,950円
※2年定期契約の場合。料金は税込

ドコモ光からahamo光への乗り換えは「My docomo」から簡単に行えます。

ahamoユーザーの方は、ahamo光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

新料金プラン「irumo(イルモ)」に関する注意事項

irumo 画像引用元:irumo公式サイト

NTTドコモは料金プランを大きく変更し、2023年7月1日より小容量・低料金の「irumo」の提供をスタートしました。

「ドコモ光セット割」「dカードお支払割」適用後のirumoの月額料金は以下のとおりです。

基本料金 割引後
3.0GB 2,167円 880円
6.0GB 2,827円 1,540円
9.0GB 3,377円 2,090円
料金はすべて税込です

低価格でさらに「ドコモ光セット割」が適用されるのが大きな魅力ですが、irumoはドコモオンラインショップでは申し込めません。

専用サイトやドコモショップの実店舗で申し込む必要があります。

機種変更の場合は、先にドコモオンラインショップで端末を購入し、その後専用サイトまたは店舗にてプラン変更をすることになります。

また、irumoユーザーがドコモオンラインショップで機種変更すると、上位プランの「eximo」に変更される恐れがあるため注意が必要です。

2023年9月上旬には「irumo」のままドコモオンラインショップで5G対応機種への機種変更が可能となる予定です。


おすすめ窓口 キャンペーン概要
GMOとくとくBB
  • 条件なし45,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで+15,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みで+10,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 10ギガ申し込みで10ギガ対応 高性能Wi-Fiルーターレンタルが390円(税込)
NNコミュニケーションズ
  • 最短1か月で30,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 提携プロバイダ特典
ネットナビ
  • 最短翌月に最大20,000円キャッシュバック!
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • ネット開通前モバイルWiFi無料レンタル
  • 提携プロバイダ特典
ドコモオンラインコンシェルジュ ドコモオンラインコンシェルジュ
  • 最短翌月に最大30,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みで+10,000円キャッシュバック!
  • 10ギガの申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 提携プロバイダ特典
ディーナビ
  • オプション申し込みで最大45,000円キャッシュバック!
  • 他社からの乗り換えで+最大30,000円キャッシュバック
  • 10ギガの申し込みで+20,000円キャッシュバック
  • 無線LAN(Wi-Fi)ルーターレンタル無料
  • 提携プロバイダ特典
wiz(ワイズ)
  • オプションなしで20,000円キャッシュバック!
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 開通前モバイルWi-Fi無料レンタル
  • 提携プロバイダ特典
@nifty
  • 10ギガ申し込みで35,000円キャッシュバック!
  • 10ギガ申し込みの場合はdポイント17,000ptプレゼント
  • ルーターレンタル
  • @nifty 優待サービス



【ドコモ光×GMOとくとくBBの10ギガプランのメリット】

  • ドコモ光 1ギガよりも約10倍もの速度で高速でスムーズなインターネット環境を利用できる
  • 10ギガ対応の高性能WiFiルーターを390円でレンタルできる
  • 10ギガプランでお申込めば+10,000円キャッシュバック

また当サイトで口コミを集めた結果、通信速度の満足度が高いのは10ギガ契約でした。
仕事で利用するので思い切って上のプランにしてみました。通信速度は日中・夜中でも重くなるということもありません。ストレスなくサクサクいけるので、とても便利に使えています。 女性:30代/契約タイプ:ドコモ光10GタイプA/利用キャリア:NTTドコモ

引越しで10Gを利用できるマンションに移りました。いままでがVDSL環境で平均70~80Mbps、混雑時は1桁台の速度だったのが、安定して3桁以上の通信速度になり満足です。 男性:40代/契約タイプ:ドコモ光10GタイプA/利用キャリア:ahamo

ドコモ光 10ギガの提供エリアは順次拡大中です。

まずは利用可能か対応エリアをドコモ光×GMOとくとくBB公式サイトからチェック!!

\10ギガ契約ならドコモ光/

>ドコモ光10ギガの申し込みはこちら

目次

DMM光からドコモ光への乗り換えがおすすめな人

DMM光ユーザーのうち、こんな人はドコモ光への乗り換えを強くおすすめします。

  • ドコモ(家族も含めて)利用者
  • 開通工事なしでスムーズに乗り換えたい人
  • キャンペーンのキャッシュバックをもらいたい人
  • IPv6(v6プラス)を追加料金なしで利用したい人

当てはまった方もそうでない方も、これから理由を解説していきますのでぜひ読んでみてくださいね。

ドコモ(家族も含めて)利用者

今お使いのスマホがドコモの方はドコモ光への乗り換えでお得になります。

スマホセット割が利用できるからです。

「ドコモ光セット割」と呼ばれる割引サービスは、ドコモスマホ利用者が、ドコモ光を契約すると、スマホ料金が割引になる制度です。

スマホのほとんどのプランでスマホ料金から月額一台あたり、1,100円割引されます。

家族のスマホ料金も割引になるので、たとえば4人家族で全員がセット割適用となると、スマホ料金が毎月4,400円も安くなる計算です。

ドコモ光は、他の光回線のスマホセット割によくある電話などの同時加入も不要ですので、節約効果は抜群ですよね。

ドコモ光セット割について詳しく知りたい方はドコモ光料金に関する記事もあわせて読んでみてくださいね。

開通工事なしでスムーズに乗り換えたい人

DMM光からドコモ光への乗り換えは光コラボ同士のため、工事不要で乗り換えることができます。

光コラボ事業者は同じフレッツ光の回線網を利用しているので、既存の設備を流用できるのですね。

工事不要ですぐにネットが利用でき、工事費用がかからないドコモ光への乗り換えはメリットが大きいですよ。

キャンペーンのキャッシュバックをもらいたい人

出典:ドコモ×GMOとくとくBB
月額料金
  • 戸建て1ギガ:5,720円
  • マンション1ギガ:4,400円
  • 戸建て・マンション10ギガ:6,380円
初期費用
  • 事務手数料:3,300円
  • 戸建て新規:19,800円
  • マンション新規:16,500円
  • 無派遣工事:2,200円
  • 屋内配線設置なし:8,360円
スマホ割
  • ドコモ:家族全員 毎月最大1,100円永年割引
平均通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 257.68Mbps
  • 平均アップロード速度: 258.6Mbps
  • 平均Ping値: 19.06ms
光回線
フレッツ回線(光コラボ)
キャッシュバック/キャンペーン
  • 45,000円のキャッシュバック
  • 乗り換えで解約違約金15,000円還元
  • 10ギガプラン申し込みの場合10,000円キャッシュバック
  • 1ギガプラン申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
  • 10ギガプラン申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
  • 新規工事費0円キャンペーン
  • モバイルWi-Fi最大3ヶ月レンタル無料
  • ドコモ光専用無料訪問サポート
  • 1ギガプラン申し込みで高性能Wi-Fiルーターレンタル0円
  • 10ギガプラン申し込みで10ギガ対応高性能wi-Fiルーターが月額390円(税込)
オプション
  • ドコモ光電話(月額550円)
  • ドコモ光テレビオプション(月額825円)
  • ひかりTV
  • DAZN for docomo
  • スカパー!
  • Lemino
  • dアニメストア
  • ドコモでんき
契約期間
  • 2年定期契約
違約金
  • 戸建て:5,500円
  • マンション:4,180円
※上記金額は全て税込金額です。
みんなのネット回線速度2023/10/05時点の情報です。


ドコモ光の申し込みは代理店から可能です。

代理店からの申し込みで、ドコモ公式、プロバイダ、代理店、3つの特典を併用して高額キャッシュバックを受け取ることができます。

今回おすすめの申込窓口GMOとくとくBBは代理店兼プロバイダとして、オプション条件なしで35,000円のキャッシュバックを中心とした、豊富な特典が用意されています。

記事後半でGMOとくとくBBキャンペーン内容を詳しく解説していますので、ぜひ確認してみてくださいね。

IPv6(v6プラス)を追加料金なしで利用したい人

「IPv6」とは、従来型である「IPv4」に代わる新たな接続方式のことで、ネット回線の混雑が起きにくく、快適な速度でインターネットを楽しむことができる方式です。

ドコモ光はIPv6対応プロバイダに契約すれば、追加料金なしで利用可能です。

特にGMOとくとくBBならIPv6対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできます。

無料なので機能的に劣るのでは?と思われる方もいるかもしれません。

GMOとくとくBBがレンタルするWi-Fiルーターは、例えば「BUFFALO製WSR-2533DHP3」なら、Amazonでは3,780円(税込)で評価4.1(2023年4月7日現在)で販売されているものです。

ユーザーからの評価が高く、性能も優れた商品が無料で使えるのです。

さらに、これと同等クラスの他社製品(NEC、ELECOM)からご自身の希望の機種を選択できるところも魅力ですね。

対してDMM光もIPv6接続には対応しています。

ただしIPv6対応ルーターは自分で購入するか、DMM光で追加レンタルが必要です。

DMM光機器レンタル月額料金

ホームゲートウェイ
(DMM光電話加入時)
220円
無線LAN付きホームゲートウェイ
(DMM光電話未加入)
330円

※22023年10月、税込み価格

市販でIPv6対応ルーターを購入すると5,000円程度はかかってしまいます。

DMM光で現在月額レンタルしている方は、乗り換えによって月額料金がかからなくなるため、当然お得に楽しめるようになります。

また、すでに対応ルーターを購入していた方でも、GMOとくとくBBからドコモ光に乗り換えることで、申込時点で最新型のルーターを無料で使えるようになります。

どちらにしても快適な速度のインターネットがお得に楽しめるようになりますよ。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

DMM光からドコモ光への乗り換え手順

事業者転用によるドコモ光への乗り換え手順は以下のとおりです。

  • DMM光から事業者変更承諾番号を出してもらう
  • ドコモ光へ代理店経由で申し込む
  • 切り替えの手続きは最短8日後
  • Wi-Fiルーター(レンタル品)の返却
  • 工事費の残債・違約金(解約金)証明書を代理店に送付
  • キャッシュバックを受け取る

特別に難しいことはないので順番にみていきましょう。

DMM光から事業者変更承諾番号を出してもらう

DMM光へ連絡をして「事業者変更承諾番号」を発行してもらいましょう。

以下の「DMM光事業者変更承諾番号の取扱窓口」へ電話にて申し込んでください。

【DMM光サービスセンター】

  • 電話:0120-660-481
  • 受付時間:10:00〜18:00

事業者変更承諾番号の有効期限は、発行してから最大15日間です。

次の回線を決めてからの取得をおすすめします。

ドコモ光へ代理店経由で申し込む

ドコモ光への申し込みは代理店経由で行いましょう。

ドコモ光申込窓口GMOとくとくBBから申し込んだ場合は以下のように進んで行きます。

1 WEBから申込 トップページ申込ボタン押下
出典:ドコモ×GMOとくとくBB

本記事で紹介しているドコモ光乗り換え時の特典はこのページから申し込んだときに適用されます。

必ずドコモ光申込窓口GMOとくとくBBこの画面の黄色いボタンから進めましょう

2 アンケート回答
GMOとくとくBB申込手順
出典:GMOとくとくBB
特典適用となる申込条件の確認です。デフォルト入力されていますので、内容を確認して次へ進んでください。

3 必要事項入力後送信
GMOとくとくBB申込手順
出典:GMOとくとくBB
氏名、住所、連絡先電話番号、連絡希望時間帯といった簡単な内容を入力して送信してください。

これで仮申し込みとなります。

手続き詳細は次の電話にて確認します。

4 GMOとくとくBBからの電話

折り返しの電話が申込時に登録した希望時間帯にかかってきます。

この電話で必要事項を調整をして本申込となります。

この時に「DMM光から、ドコモ光へ切り替えを希望します」と伝えてください。

事業者変更手続きに必要なことを説明してもらえます。

「事業者変更承諾番号」が発行されたら、ドコモ光(GMOとくとくBB)へ連絡してください。

切り替えの手続きは最短8日後

「事業者変更承諾番号」をドコモ光(GMOとくとくBB)に伝えると手続き開始です。

DMM光からドコモ光への事業者変更は工事が不要のため、切り替え作業のみとなり、最短8日後からドコモ光が利用できるようになります。

切り替えの日をもって、DMM光は自動解約となります。

解約月の月額料金等は日割り計算されます。

【DMM光日割り計算対象サービス】

・DMM光ファミリータイプ(定額)
・DMM光ファミリータイプ(2段階定額) 基本料金
・DMM光マンションタイプ
・機器レンタル
・DMM光電話 基本料
・DMM光電話オプション 基本料
・DMM光テレビ 利用料
・DMM光モバイルセット割

反対にこれ以外のオプションサービスは日割り計算対象とはならないようです。

解約月の料金計算方法は、事業者変更承諾番号発行依頼の際にDMM光のオペレーターに確認しておいたほうがよいでしょう。

Wi-Fiルーター(レンタル品)の返却

DMM光を解約したあとは、レンタルしていたONUを返却してください。

ONUはデバイスをインターネットに接続する際に光回線の信号をデジタルに変換する機器のことで、DMM光を契約すると必ず貸し出されています。

解約後に回収キットが送られてくるため、こちらにONUを梱包して発送します。

こちらの手続きについても、事前に確認しておくとスムーズに進められますよ。

工事費の残債・違約金(解約金)証明書を代理店に送付

2023年10月現在、DMM光を解約する際の工事費残債・違約金は基本的にはありません。

2019年8月にDMM光は新規受付終了しており、これ以降の加入者はいないため、2年分割払いの工事費用は払い終わっています。

また違約金については、DMM光は最低利用期間2年か3年という制度で、この最低期間を過ぎるといつ解約しても違約金はかかりません。

2019年8月から数えてすでに3年以上経過していますので、現在のユーザーは全員、最低利用期間は過ぎている計算になります。

このため違約金がかかる利用者も基本的にいないはずです。

料金滞納がある場合はこの限りではありませんが、その際は事業所変更番号発行の際に確認が入るはずですので、ここではその可能性はないとしておきます。

DMM光解約時にかかる費用は以下のとおりとなります。

事業者変更事務手数料 3,300円

こちらの支払証明書を、GMOとくとくBB申込み受付時にオペレーターより指示された方法で提出します。

キャッシュバックを受け取る

GMOとくとくBBからのキャッシュバックは以下の流れで受け取ります。

  1. GMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了
  2. 開通月4ヶ月目にGMOとくとくBBから振込口座確認メールが届く
  3. メール記載の方法で、振込指定口座を登録する
  4. 口座登録翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込まれる

口座確認案内メールの送信日から翌月の末日までに口座登録をしないとキャッシュバック受け取り対象外になってしまうので、くれぐれも登録を忘れないようにしてくださいね。

DMM光からドコモ光へ事業者変更する際の注意点

DMM光からドコモ光へ事業者変更する上で気を付けたい点は以下の6点です。

  • DMM光からドコモ光への変更は転用ではなく事業者変更
  • ドコモ10ギガへの変更は事業者変更ではなく新規契約
  • ドコモ光への乗り換えでプロバイダも変更
  • DMM光とドコモ光で事務手数料が発生
  • 工事費の残債が残っている可能性
  • ドコモ光への申し込みは代理店からがおすすめ

大事な部分ですので改めて解説していきますね。

DMM光からドコモ光への変更は転用ではなく事業者変更

「転用」と「事業者変更」について簡単にいうと以下のとおりです。

転用 事業者変更
フレッツ光から光コラボへの乗り換え 加入中の光コラボから他の光コラボへ乗り換え

乗り換え元がフレッツ光で、乗り換え先が光コラボの場合にのみ「転用」という扱いで手続きを行います。

転用も、事業者変更も、回線設備自体はフレッツ光のものをそのまま使うため、乗り換え時に開通工事は必要ありません。

業者が変わるだけなので、手続きをすればすぐに乗り換えられます。

今回は光コラボの「DMM光」から「ドコモ光」への乗り換えとなるため「事業者変更」になります。

ドコモ10ギガへの変更は事業者変更ではなく新規契約

ドコモ光には10ギガプランが存在します。

通常の光回線は1ギガ標準ですので、理論上10倍の速度で通信可能です。

回線乗り換えの際に思い切って10ギガプランにしてみようと考える方もいるかもしれませんね。

ただし「ドコモ光 10ギガ」プランは事業者変更に対応していません。

改めて工事が必要となるため、事業者転用ではなく、

DMM光→「解約」
ドコモ光→「新規」

という契約が必要です。

DMM光の解約手続きは、以下へ電話にてお願いします。

【DMM光サービスセンター】

  • 電話:0120-660-481
  • 受付時間:10:00〜18:00

※事業魚変更番号発行依頼時と同じ電話番号です。

ドコモ光への新規申込手続きは独自回線からドコモ光への乗り換え申し込みにて解説していますのでこちらも読んでみてください。

「解約→新規申込時」独特の注意点として、DMM光を解約するタイミングはドコモ光の開通工事日が決定してからのほうがよい、ということがあります。

開通工事日以降にドコモ光10ギガ回線が使えるようになるため、工事日より前にDMM光を解約してしまうと光回線が使えない期間が発生してしまうのです。

切れ目なく光回線を使うためには回線工事日をDMM光解約日にするのがおすすめですよ。

なお、ドコモ光公式では、現在工事費無料キャンペーン実施中のため費用はかかりません。

またGMOとくとくBBから10ギガプランを申し込むと、10,000円キャッシュバックキャンペーンも実施中です。

この機会に思い切って「ドコモ光 10ギガ」プランの申し込みを検討してみてもよいかもしれませんね。

ドコモ光への乗り換えでプロバイダも変更

DMM光のプロバイダはDMMです。

対してドコモ光はプロバイダを23社から選択可能なのですが、DMMは残念ながら対象外です。

このためプロバイダの変更が必要です。

DMMで使っていたメールアドレスなどは使えなくなりますので、変更対応を忘れないように行ってください。

DMM光とドコモ光で事務手数料が発生

事業者変更の際には乗り換え元と先で以下の事務手数料が発生します。

乗り換え元
DMM光
乗り換え先
ドコモ光
事業者変更事務手数料
3,300円(税込)
契約事務手数料
3,300円(税込)

乗り換え元、DMM光には「事業者変更事務手数料 3,300円(税込)」を支払います。

乗り換え先のドコモ光では「契約事務手数料3,300円(税込)」がかかります。

なお、乗り換え元DMM光に払う「事業者変更事務手数料 3,300円は乗り換え時のキャンペーンで補填してもらえます。

工事費の残債が残っている可能性

先ほども述べましたが、DMM光の新規受付は2019年8月に終了しているため、2年分割24回払いの工事費はすでに払い終わっています。

滞納がなければ残債はありません。

ちなみに滞納があると事業者変更承諾番号が発行してもらえませんのでご注意ください。

ドコモ光への申し込みは代理店(GMOとくとくBB)からがおすすめ

出典:ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光は代理店からの申し込みがお得です。

ドコモ光公式・プロバイダキャンペーン+代理店キャンペーンと、特典の3重取りができます。

GMOとくとくBBならオプション条件なしで35,000円のキャッシュバックに加えて、高性能のWi-Fiルーターが無料レンタル可能などおすすめの特典が満載です。

先ほど解説した解約時にかかる費用も代理店独自の乗り換え補償制度で負担してもらえますよ。

本記事後半でGMOとくとくBBキャンペーンの内容を詳しく解説していますので併せて確認してくださいね。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

DMM光からドコモ光へ事業者変更するメリット

それでは改めてDMM光からドコモ光へ事業者変更するメリットを確認していきましょう。

  • ドコモ光セット割でドコモのスマホが安くなる
  • 家族でドコモ光を2回線以上契約なら月額330円割引!
  • 契約から2年経過なら工事費残債・違約金なしで乗り換えできる
  • 工事不要で固定電話も番号変更なし
  • IPv6で通信速度が速くなる
  • プロバイダが23社から自由に選べる!おすすめは?
  • 代理店経由の申し込みで高額キャッシュバックがある

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

ドコモ光セット割でドコモのスマホが安くなる

ドコモスマホユーザーは、ドコモ光に乗り換えるメリットが大きいです。

ドコモ光セット割の適用で、スマホ代が毎月1,100円(1台あたり)契約期間中永年割引となるためです。

スマホ代という今や生活に必須の固定費用が割引になるのは、節約効果が高いですよね。

家族でドコモ光を2回線以上契約なら月額330円割引!

ドコモ光には2回線以上契約すると2回線目以降月額330円割引になる「複数割」という制度があります。

これは離れて暮らす家族同士、例えば、北海道が実家・東京が自宅という時でも、2回線目以降が月々330円割引になるものです。

もしも家族でドコモ光を使っている人がいて、ご自身だけDMM光という場合は、変更した方が断然お得になります。

また、進学などで今後実家を出る予定があるご家庭は、対応エリアの広いドコモ光に切り替えておき、実家を出られた方もドコモ光を使うことで、複数割を適用する、などといったことも可能ですね。

契約から2年経過なら工事費残債・違約金なしで乗り換えできる

DMM光は最低利用期間2年以降であれば、いつ解約しても違約金はかかりません。

2019年8月新規受付終了から本記事執筆時点(2023年3月)すでに3年以上経過していますので、現在のユーザーが解約する際に違約金は発生しません。

同様に工事費用も、契約から2年間で分割払いをしていましたが、2年以上経過しているため完済しています。

解約費用については気にせずに乗り換えることができますね。

工事不要で固定電話も番号変更なし

DMM光とドコモ光は同じ光コラボ回線のため、事業者転用で乗り換えできます。

回線設備を流用するため工事は必要ありません。

取扱業者変更のみの簡単な手続きで切り替え可能です。

なお電話番号もそのまま使用することが可能です。

電話番号の変更は各所への連絡手続きがかなり面倒なので、番号変更なしなのは嬉しいですよね。

IPv6で通信速度が速くなる

DMM光はIPv6利用に専用の機器レンタル(有料)が必要です。

月額最大330円とはいえ、追加出費となるのでこのオプションを付けていない方もいるのではないでしょうか。

これに対してドコモ光は、IPv6対応済プロバイダとの契約で、追加料金なしで利用可能です。

GMOとくとくBBならIPv6対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできますので、特別に手間をかけることなく最新のIPv6に対応したインターネットを楽しむことができます。

プロバイダが23社から自由に選べる!おすすめは?

DMM光はプロバイダがDMMのみで選択不可でした。

対してドコモ光はなんと23社から自由にプロバイダを選択できます。

23社もあると逆に迷ってしまうかもしれませんが、当サイトでキャンペーン内容、料金、通信の安定性や速さ、利用者の評判などを総合的に調査した結果、ドコモ光を利用する上で最もおすすめのプロバイダは

『GMOとくとくBB』

となりました。

ドコモ光おすすめプロバイダランキングの記事で詳しく解説しているのでぜひ確認してみてくださいね。

代理店経由の申し込みで高額キャッシュバックがある

出典:ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光は代理店からの申し込みが可能なので、ドコモ光公式特典にプラスして、代理店申込による様々な特典を選択できるところが特徴です。

本記事ではドコモ光の申し込みには高額キャッシュバックと特典の豊富さでGMOとくとくBBをおすすめします。

記事後半でGMOとくとくBBキャンペーン内容を詳しく解説しています。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

DMM光からドコモ光へ事業者変更するデメリット

DMM光からドコモ光へ乗り換える際のデメリットは3点あります。

  • 基本料金が高くなる
  • DMM光mobileセット割がなくなる
  • プロバイダが変わる

デメリットもしっかりと理解した上で総合的な判断をしていきましょう。

基本料金が高くなる

基本料金は以下のとおりです。

ドコモ光 DMM光
戸建て
基本料金
5,720円
(1キガ タイプA)
2年契約
5,302円
(定額プラン)
マンション
基本料金
4,400円
(1キガ タイプA)
2年契約
4,158円
(定額プラン)

※22023年10月の情報、価格はすべて税込です。

同様の契約タイプで比較していますが、若干DMM光のほうが安いです。

ただし、DMM光はIPv6対応に別途月額最大330円かかるので、これを加味すると基本料金内でIPv6対応のドコモ光と値段の差はなくなります。

DMM光mobileセット割がなくなる

DMM光回線とDMMモバイルの同時契約でセット割が適用されていた方は、ドコモ光への乗り換えでセット割がなくなります。

ドコモ光にはDMMモバイルとのセット割引はないからです。

ただ、DMMモバイル自体が新規受付や端末販売を2019年8月以降停止しているため、今後新しいスマホに変更したくなったタイミングで、スマホと光回線を別会社に変えてしまったほうが良いかもしれませんね。

プロバイダが変わる

DMM光はプロバイダがDMMのみでした。

ドコモ光は23社から選択可能なのですが、DMMは対象プロバイダではありません。

このため必ずプロバイダ変更が発生します。

メールアドレスなどが使えなくなるため、各方面への変更手続きが発生します。

ただしブラウザメール(Gmailなど)をメインに使っている方は、アドレスの変更の影響をあまり受けないため、プロバイダ変更もそこまでのデメリットではないかもしれません。

DMM光とドコモ光の違いを比較

それでは光回線を選ぶ上で基本となる以下5つの項目について、DMM光とドコモ光の違いを確認していきましょう。

  • 料金
  • 期間
  • 通信速度
  • プロバイダ
  • IPv6対応機器に掛かる費用

乗り換え判断に必要な項目を厳選していますので、参考にしてくださいね。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

料金

ドコモ光とDMM光の料金について割引なども加味して比較してみましょう。

ドコモ光 DMM光
戸建て
基本料金
5,720円
(1キガ タイプA)
2年契約
5,302円
(定額プラン)
マンション
基本料金
4,400円
(1キガ タイプA)
2年契約
4,158円
(定額プラン)
スマホセット割 1台あたり(複数台割引可)月額スマホ料金
1,100円割引
※ドコモスマホ契約時
月額スマホ料金(1台のみ)
500円割引
※DMMモバイル契約時
キャッシュバック オプション条件なしで35,000円
(GMOとくとくBBから申込時)
なし
実質月額料金
キャッシュバック割引等を加味した参考値
戸建て  4,399円※1
マンション 3,079円※1
戸建て 5,394円※2
マンション 4,250円※2

※2023年10月の情報、価格はすべて税込です。
※1(初期費用3,300円+月額料金✕24ヶ月)−キャッシュバック35,000円を24ヶ月で割った金額
※2(初期費用2,200円+月額料金✕24ヶ月)を24ヶ月で割った金額

基本料金こそ若干高いものの、ドコモ光では、高額キャッシュバックやスマホ割引を使うことができるので、これらを総合すると圧倒的に安くなってきます。

料金の面で乗り換えをためらっていた方に後押しとなるのではないでしょうか?

契約期間

次に契約期間について比較してみましょう。

ドコモ光 DMM光
契約期間 2年契約プラン
or
契約期間の縛りなし
最低利用期間2年か3年

DMM光は更新月という概念がなく、最低利用期間を過ぎればいつでも解約できます。

ドコモ光は2年契約プランか契約期間の縛りなしのプランを選択可能です。

ドコモ光の2年契約は自動更新されるため、更新月以外の解約では違約金が発生します。

契約期間のないプランは最低利用期間という概念もないためいつでも違約金なしで解約できますが、その分月額料金が高くなります。

解約の自由度という視点で比較した場合でも、少しづづ条件が異なっており、どちらがよいと一概には言えません。

これは2つの回線の違いとしてご理解いただければと思います。

通信速度

実際利用開始した際に最も気になる通信速度について確認しましょう。

ドコモ光
(GMOとくとくBB)
DMM光
(DMM)
平均
ダウンロード速度
264.06Mbps 266.95Mbps
平均
アップロード速度
294.97Mbps 205.22Mbps

参照: 「みんなのネット回線速度」2023/10/05の情報
※直近3ヶ月に計測された速度平均

極端な差はありませんが、ドコモ光のほうが平均的に速いですね。

なおドコモ光は10ギガプランを選択できます。

通常プラン1ギガの10倍の速度が理論上利用できます。

ただし10ギガプランは提供エリアが少ないため、必ずしも利用できるとは限りません。

またDMM光からの乗り換え時には、新規で工事が必要です。

とはいえユーザーの選択肢が広いところが業界最大手ドコモ光の魅力ですね。

プロバイダ

ドコモ光は選択できるプロバイダの数が多いです。

ドコモ光 DMM光
プロバイダ 23社から選択可能 DMMのみ

DMM光で選択できるプロバイダはDMMのみです。

ドコモ光は23社から選べるため、プロバイダ間の競争により様々な特典が受け取れ、選択の自由度が高いです。

ドコモ光のプロバイダが多くてどれにしようか迷ってしまった時にはドコモ光おすすめプロバイダランキングの記事を確認してみてくださいね。

IPv6対応機器に掛かる費用

従来の通信方式IPv4と比べて飛躍的に速度が向上した「IPv6」方式。

こちらの対応状況はどうでしょうか?

ドコモ光 DMM光
IPv6対応 基本料金内で対応済 月額220円か330円
専用機器レンタルが必要
or
各自対応機器購入

どちらの回線も利用は可能ですが、DMM光の有料オプションは高いと感じる方もいるでしょう。

機器を自身で用意するのも手間もお金もかかりますよね。

ドコモ光はIPv6対応料金込みで、GMOとくとくBBから申し込むと、IPv6対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできます。

手間なく簡単にそして何よりお得にIPv6方式での通信を楽しむことができますよ。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

DMM光からドコモ光への事業者変更で受けられるキャンペーン

出典:ドコモ×GMOとくとくBB

DMM光からドコモ光への事業者変更の際には「GMOとくとくBB」からの申し込みをおすすめします。

以下は申込時特典の一覧です。

  • 事業者変更で35,000円のキャッシュバック
  • 違約金(解約金)は最大10,000円まで負担してくれる
  • 10ギガプラン申し込みで10,000円キャッシュバック
  • dポイント(期間・用途限定) 2,000ptをプレゼント
  • v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • 訪問サポートが無料(1回)
  • マカフィーマルチアクセスが1年間無料

高額キャッシュバックに加えて、本業のネット接続サービスに対しても充実した特典を受け取ることができます。

それでは特典の詳細をみていきましょう。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

事業者変更で35,000円のキャッシュバック

事業者変更で45,000円のキャッシュバック 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
本ページ限定!ドコモ光をお申込みの場合、キャッシュバック!
期間
2023年8月8日(火)~終了日未定
条件
  • ドコモ光(2年定期契約プラン)で契約すること※1
  • 申込月を含む5ヶ月以内に開通すること
キャンペーン内容
開通月を含む5ヶ月後に指定の口座へ一律45,000円キャッシュバック※2
※1 GMOとくとくBBのホームページ以外(ドコモショップ・家電量販店等)から「GMOとくとくBB」のドコモ光を申し込みされた場合、特典は適用されません。
※2 指定口座確認の案内メール送信日より翌月の末日までにお受取口座の連絡がなかった場合も特典は適用されません。

代理店GMOとくとくBB独自の35,000円キャッシュバックは、オプションなしでも適用されます。

キャッシュバックを受けるために不必要なオプションをつけ、後ほど解約するといった無駄な手間をかける必要がありません。

違約金(解約金)は15,000円まで負担してくれる

解約違約金15,000円還元 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
とくとくBB限定キャンペーン!他社でご利用中のインターネットサービスの解約違約金補助としてさらに15,000円をキャッシュバック還元します。
期間
2023年8月4日(金)~終了日未定
条件
  • ドコモ光(2年定期契約プラン)の申し込みと同時に本特典の適用を希望された方
  • ドコモ光の申込み時に、他社インターネット回線を利用していること
  • ドコモ光の申込みからドコモ光の回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社を解約し、当社指定の方法で他社の解約違約金明細の写真を提出すること
キャンペーン内容
条件をすべて満たしたお客さまに対し、とくとくBB限定キャッシュバック特典45,000円に15,000円増額でキャッシュバック

今回DMM光からの乗り換えではそれほど気にしなくても良いのですが、通常の光回線乗り換え時には意外にかかってくる解約関連費用。

GMOとくとくBBは代理店独自の特典でこちらを10,000円まで負担してくれます。

所定の期限までに違約金等の金額がわかる明細の写真を送付することで、先ほどの35,000円のキャッシュバックと併せて還元されます。

10ギガプラン申し込みで10,000円キャッシュバック

10ギガプラン申し込みで10,000円 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
とくとくBB限定キャンペーン!10ギガプランでお申込みの場合はさらに10,000円キャッシュバック
期間
2023年2月27日(月)~終了日未定
条件
  • ドコモ光の10ギガプランに申込みの方※1 ※2
  • WEB申込み完了後に、GMOとくとくBBからの折り返し電話にて10ギガプラン希望の旨を伝えること
キャンペーン内容
10ギガプランに新規契約の申し込みで、とくとくBB限定キャッシュバック特典45,000円に10,000円増額でキャッシュバック
※1 GMOとくとくBBのホームページ以外(ドコモショップ・家電量販店等)から「GMOとくとくBB」のドコモ光を申し込みされた場合、特典は適用されません。
※2 コラボ光回線からの乗り換えでも事業者変更ではなく、新規契約となります。

「ドコモ光 10ギガ」を申し込みで、先ほどの独自キャッシュバック額に更に10,000円増額されます。

10ギガプランにすると通常のプランより月額料金は高くなってしまいますが、このキャッシュバックを使うことでお得に快適なインターネット生活を始めてみてはいかがでしょうか?

ただしドコモ光の10ギガプランは提供エリアが限られますので、申し込みの際にご自宅が提供エリアかどうかの確認が必要です。

dポイント(期間・用途限定) 2,000ptをプレゼント

dポイント 2,000pt 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
NTTドコモ提供特典|加入タイプ等に応じて、dポイント(期間・用途限定) 2,000ptをプレゼント!
期間
終了日未定
条件
以下の①~③の条件を全て満たすこと
  1. ドコモ光1ギガ(2年定期契約プラン)で契約し、申込み月を含む7ヶ月以内に利用開始すること
  2. ドコモ光の利用開始時に2年定期契約プランを契約中であり、ドコモ光のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること
  3. 利用開始月の2ヶ月後の月末時点で利用中であること
キャンペーン内容
利用開始月の4ヶ月後にdポイント(期間・用途限定) 2,000ptを進呈

こちらはNTTドコモ公式特典で、ドコモ光1ギガ2年プラン契約で、dポイントが進呈されます。

有効期限は進呈月含む6か月。用途が限定されているので詳細を確認の上早めの使用をおすすめします。

ポイント進呈時点でdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員であることが必要です。

v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターを無料レンタル

Wi-Fiルーター無料レンタル 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
GMOとくとくBB限定|v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターをレンタル提供!なんと0円でご利用いただけます。
期間
終了日未定
条件
  • ドコモ光タイプA接続サービスを利用されているお客さまが対象です。
  • ドコモ光のサービスを削除後、Wi-Fiルーターレンタルサービスを継続利用する場合、月額330円(税込)が請求されます。
  • GMOとくとくBBの解約月の月額料金は全額負担となります。
キャンペーン内容
ドコモ光タイプA申し込みでv6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターを0円でレンタル

こちらはGMOとくとくBB独自特典です。

ドコモ光を申し込む際に、ルーターレンタルの申し込みを同時に行うことで無料レンタルができます。

2023年10月現在、以下から希望の機種を選択できます。

  • BUFFALO製  WSR-2533DHP3
  • NEC製    Aterm WG2600HS2
  • ELECOM製   WRC-2533GST2

参照:GMO×ドコモ光 Wi-Fiルータースペック表

どのルーターも最大通信速度は1000Mbps越え、無線LAN規格や有線LANポート数は同じです。

スペックに差はないのでお好みのメーカーや外見で選んでもOKです。

こちらは随時上位機種に変更されるので、最新情報は申込時点で確認してくださいね。

GMOとくとくBBは快適な速度でインターネットを楽しめると評判なのもこのハイスペックなルーターのおかげかもしれませんね。

訪問サポートが1回のみ無料

訪問サポート1回無料 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
GMOとくとくBB限定|『ドコモ光専用無料訪問サポート』をご用意
期間
終了日未定
条件
2018年12月1日以降に「ドコモ光」の申込みをされたお客さまが対象
キャンペーン内容
開通月から12ヶ月後末日まで初回のみ出張サポートが無料※1
※1 出張サポート当日にご不在や機器(パソコンやルーターなど)の故障、付属品の不足、回線工事の遅延など回線事業者またはお客さまの都合により作業ができなかった場合は基本訪問料金6,600円(税込)が請求されます。

ネットの接続設定、めんどくさいですよね。

あの設定をもう一度やるのが嫌なので、乗り換えをためらっている方もいるでしょう。

GMOとくとくBBでは、無料で訪問してインターネット接続設定を行ってくれる特典がついてきます。

無料訪問は1回ですが、その内容は以下のとおりです。

無料訪問サポートメニュー

・インターネット接続設定→各1台
・Wi-Fi設定→Wi-Fi親機1台+子機1台
・メール設定→1アカウント
・ひかりTV接続設定→各1台
・dtvインストール・接続設定→各1台

ここまでが範囲となるので、基本これで十分でしょう。

訪問希望日の1か月前までに申し込みが必要です。

混雑時には希望の日時が取れないこともあるので、予定が決まったら早めに申し込んでしまいましょう。

マカフィーマルチアクセスが1年間無料

マカフィーマルチアクセスが1年間無料 画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン名
GMOとくとくBB限定|パソコンもスマホも守れて安心のセキュリティサービスがなんと1年間無料でご利用いただけます!
期間
終了日未定
条件
本サービスをご利用の場合、BBnaviにログインの上、オプションサービスから申し込みが必要です。※1
キャンペーン内容
申込み月を含む1年間(12ヶ月間)は「インターネット安心セキュリティー(マカフィー® マルチアクセス)」の月額料金(550円)が無料
※1 BBnaviの会員ID・パスワードは入会後にGMOとくとくBBから郵送される会員証またはハガキに記載されています。 ※2 出張サポート当日にご不在や機器(パソコンやルーターなど)の故障、付属品の不足、回線工事の遅延など回線事業者またはお客さまの都合により作業ができなかった場合は基本訪問料金6,600円(税込)が請求されます。

インターネットのセキュリティ対策どうしてますか?

これを考えるのも結構めんどうですよね。

GMOとくとくBBでは、セキュリティソフトとして定評のあるマカフィーマルチアクセスをオプションで提供していますが、今回特典サイトからの申込で、こちらが1年間無料となります。

通常は月額550円(税込)のサービスですので、6,600円分無料になります。

契約するだけで手軽にセキュリティ対策ができて、しかもお得に始められる、これはプロバイダならではの特典ですね。

DMM光からドコモ光への乗り換えにはGMOとくとくBBを利用して、高額キャッシュバックに加え、ネット接続サービスに対してのしっかりとした対策やサポートを受けましょう。

本記事の情報が、皆様の快適なインターネット生活のサポートになれば嬉しく思います。

\ 実質月額料金が安いのはGMOとくとくBB! /

ドコモ光の評判・口コミはこちら

ドコモ光のキャッシュバックはこちら


この記事を書いた人

株式会社 グッド・ラックは「より自由なインターネットライフの架け橋になる」「インターネットサービスの多様化」「人と人とを繋げる」という企業理念から、MVNOを中心とした通信サービスの提供により日本国内におけるインターネット環境の普及を通して、社会にとってグッド・ラックならではの価値創造を目指していきます。

コメント

コメントする

目次